季節のあしあと

中々上手にならないゴルフ、夏になるとお手上げのガーデニング、六十の手習いのおけいこ事…
ボヤキ日記

かおりかざり&りくほたる

2018年05月09日 | 薔薇

やっと陽射しが戻ってきたかと思えばまたどんより曇り空

五月晴れどこへ行った?

せっかく咲きだした薔薇も降り続く雨と風に傷めつけられ

画像に収める前にきれいな時期を逃してしまうものもありました。

 

今春デビューの薔薇鉢はまだ鉢が小さいので玄関前の軒下に避難

そのうちの一つ「りくほたる」が開花です。

 

 

 

5年前に新苗でやってきた「かおりかざり」の枝変わり↓

 

 

鉢植えで育てやすいので我が家にぴったり

コンパクトに育ち花数も多くその上花保ちもよい 鉢植え優等生の薔薇

そのかおりかざりの良さが気に入って枝変わりの「りくほたる」も仲間入りさせました。

 

 

カップ咲きからロゼットへ

 

 

 

迎えたきっかけは涼風真世さんが趣味の園芸の「ローズレッスン12ヶ月」で

育てているのを見ているうちに欲しくなった薔薇でした。

探し始めた頃は放送が影響していたのか大苗が全く手に入らず

1年待ってやっと新苗を…

初めての新苗を育てたのが「かおりかざり」でした。

新苗のか細い苗を上手に育てることが出来るのか不安でしたが

今はあのか細さの面影も無く貫録のある茎に育ってきました。

 

 

カップ咲きからロゼットへ変化していくこの頃が好きなんです。

アプリコットの主張しすぎない色…ですが

我が家にはあまり無い色なので存在感を感じさせます。

 

 

たっぷり降った雨で倒れそうになった「西洋ニワトコ」

太く見た目はごつい幹のわりに柔らかいので水滴を含んだ葉が持ち堪えられないようです。

冬の間にぷっくりした冬芽の上でバッサバッサと剪定しました。

花芽がどの枝先にもついて開花が始まりました。

 

 

これから「コバノズイナ」と一緒に咲きだします。

 

コバノズイナの足元に咲く「アリウム・ロゼウム」

 

 

殖えも減りもしないで毎年律儀にご挨拶してくれます。

 

花はとっても地味な「スモークツリー」

 

 

花後が楽しみです。

 

宿根プリムローズを植えている場所だったのでずーっと宿根プリムローズと

思い込んでいました…

蕾がまったく見当たらなかったので「何色のプリムローズだったのかな?」と

思っていたら…

アレッ?花茎が上ってきている…

 

 

葉も細長ーく伸びて明らかにプリムローズと違う雰囲気に気付きましたが

これはいったい何?

記憶を遡って…「バーバスカム」を移植した?気もしてきました。

以前植えていた場所の模様替えをしたときに植え替えたような…

「取りあえず…」の行動がそのまま記憶から抹消されてある日突然今回のように驚くことたびたび。

ブログをつけていなかったら花の名前なんかもどうでもよく過ぎていたことでしょう

ブログはそんな記憶喪失と向き合うツールになっています。

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« クレマチス&薔薇 | トップ | 薔薇 エアリエル »