ちちぶの小屋だより ---ちちぶ里森の会---

秩父に小屋を建てました。周りは未整備の森と小さな集落です。
除伐・間伐をやり、藪を切り開き、ホタルを呼びもどそう。

残雪の中、がんばりました。

2018-02-16 | 
あたたかい陽気にうれしくなります。
秩父の小屋も日あたりよく春を感じます。

  ・小屋の周辺はあたたか 
■2/14(水)の定例作業はYさんとKの二人で行いました。
隣地と下段地に残雪がある中、
二人でもできることを・・・と話し合い、
3月中に隣地の整備を・・・との方針を少しでも進めようと決行しました。

  ・Yさん大奮闘
Yさんは、流石の山女(!)、持参したヘルメットをつけ、
これも持参の手ノコを流調に扱い整備を進めます。
Kはチェンソーとナタで少し太い木とシュロを伐倒しました。
藪化した畑地の刈払いは大いに前進しました。もう少しです。
■次回は
スギの倒木1本、クワの中木2本を伐倒し、整備を進めます。
小さな湧水地も整備したいと思います。
明るくなれば、春の草花が芽生えることでしょう。楽しみです。
■Yさんから提案がありました。
「小屋の周辺と、整備地(隣地)の刈払い後に、どのような植生変化がみられるか
記録を採りましょう」異議なし!
今後の作業日は、2/24(土) 3/14(水) 3/24(土)です。

里山再生の活動は、いよいよ楽しくなります。   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小屋に山の訪問客があったよ... | トップ | 春がきたよ!・・と、フキノ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事