すぶんろこ!のジャパニーズドリーム 『立憲女王国・神聖・九州やまとの国』・・・仏陀再誕!日本の独立と繁栄が世界を救う!

■ 独立なくして繁栄なし! 日本国独立宣言! 植民地憲法『日本国憲法』無効宣言、痴呆自治廃止、日本軍再構築、核保有宣言

+ 戦争の  終わりし葉月  過ぎにけり 

2005年08月28日 23時13分35秒 | 立憲女王国・神聖・九州やまとの国

 

 

 

    終戦の  虚脱を走る  子もありぬ

      馬糞 Bafun

 

 

  

 敗戦の八月が過ぎようとしている。

 それから60年後の今も、独立しているのかどうか、確

かではない。

 しかし、とりあえずは、磯に打ち寄せる波は、日本ら

しい風景である。

 

 敗戦忌念の神風か、史上最大級のハリケーンがアメリ

カをひっくり返しているらしい。

 ヨーロッパは大洪水、そして、竹島に大津波か・・・

 

 「日本は悪い国だった」。

 謝り続けて隷従する、といわんばかりの反日広報活動

を続ける外務省は、この九州大和の国にまで出張って、

記念講演をするらしい。

 二重外務の売国奴だろうか。

 

※ 『島 肇久 氏(たかしまはつひさ) 外務省参

与(前外務報道官)、外務報道官として日本外交を見て

きた立場から、日中関係について「対立から協調・共

栄」』だそうな。

 

 対立などしていないではないか。

 一方的に侮辱加害されているばかりである。

 外務省も民営化してはどうか。

 

 ㈱外務省広報部は、記者会見で『君子、危うきに近寄

らず』と題して、不戦の知恵を披露することであろう。

 目先の安さに目がくらんで、大陸に出かけたところで、

有り金だけではなく、技術も、商標も、意匠も巻き上げ

られ、写し取られてすってんてんで帰ってくるのが落ち

である。

 

 欲得でチャイナに進出している企業と大使館を餞別に、

尻尾を巻いて引き上げてくるに限るのだ。

 

 まずは、体制を整えなければなるまい。

 それが、官僚のリストラであり、「公務」の民営化で

ある。 

 まずは、郵政省をクロネコに委託する

 農水省官僚は開拓移民にしてチャイナの奥地かシベリ

アにでも出てもらう。

 できるだけ土地に親しんでもらい、国籍まで取得して

ほしい。

 あるいは、イラクの砂漠緑化のボランティアというの

はいかがだろうか。

 

 それが、小泉構造改革の本旨解釈である。 

 これに反対し、われらに政権をなどと叫んでいる人相

の悪い党首がテレビに出て茶の間を汚しているが、まさ

に悪代官に見える。


 今度の選挙は、水戸黄門選挙といえばわかりやすいで

あろうに・・・。

 

 ちなみに、小泉首相の過去世は一刀流の開祖、伊藤一

斎だそうである。

 政治家は、みな噂していることであろう。

 信長は小林興起、秀吉は今回久留米で立候補した鳩山

邦夫というのが幸福の科学の見立てである。

 家康は既に亡くなった、スミヒロシさんだそうである。

→ * 後に、信長、秀吉、家康の過去世認定は間違いだったとして

   撤回された。その現代への転生は明かされていない。

 

 

 戦後60年の節目、天下分け目の総選挙で、新しい日

の歴史作りを楽しみたいものである。


                                Bafun

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

+ 満月を やり過ごし・・・ 満月の神秘  満月にご用心

2005年08月27日 17時18分03秒 | 立憲女王国・神聖・九州やまとの国

 

 

   事なきを  得て満月を  通り過ぎ

        馬糞 Bafun

 

 

 

 


 満月というのは不思議な影響を与える。

 女の力とでもいうべきか。


 もちろん、海は大潮である。

 満月の蟹は身が少ないという。

 満月の日には子供が生まれやすいとも聞く。

 女性の体には少なからず影響があるだろう。



 かつて、満月の夜に大怪我をした。

 自転車かごが外れた拍子に前のめりに転倒して、額か

ら大量の血を流した。

 何針か縫う大怪我だった。


 以来、満月を見ると警戒する。

 満月は、不思議な緊張を与えているのに違いない。



 満月は美しいが、一歩まちがえると怪我をする。    

                                                    Bafun 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

+ トンボの雨宿り・・・ 日本伝統の美意識に戻るべし

2005年08月27日 16時18分49秒 | 立憲女王国・神聖・九州やまとの国

 

 

   千の目の  トンボの枝に  雨は降り

   馬糞 Bafun

 

 

 

  

10年ほど前に、十日恵比寿の夜店で買ってきた梅

が、逆境を刻みながら鉢植えのまま大きくなった。

 その枝に蜻蛉が雨宿りしていた。

 突然の夕立が、千の目にたくさんの雨を降らせたこと

であろう。



 トンボといえば、兜飾りに好んで使われた。

 トンボそのものが、デザイン性に富んでいる。

 日本伝統のデザインは、家紋にも見られるように、実

にシンプルで美しい。


 日本伝統の美意識は、日本文明の高度さと透明感を示

している。

 

 その中でも、兜飾りは武士道の美意識である。

 現代であれば、車やヘルメットのエンブレムに使いた

いとさえ思う。

 その兜飾りの中でも、トンボのデザインが好きである。

 馬糞の商標に逆さトンボのデザインをして使っている

が、やがて、三菱に単純化される図柄だと思う。



 トンボを見かけるとつい見入ってしまう。

 川のある田舎に行くと、都会では見かけない糸トンボ

や羽黒トンボなどの珍しい種類の優雅な姿に感動する。


 本当に美しさと強さを兼ね備えた昆虫である。

 

 日本人が見失った日本の伝統的精神を異文化として学

ぶべき代になったと思う。

 謙虚に学べということだ。



 武士道の本がブームになった。

 自己中心に変質した個人主義のがん細胞を克服するの

に不可欠の「悟り」である。

 戦後60年の間に失った精神的資産のなんと多いこと

か。

 

 

 自己中心の思いこそが人間を不幸にしている。

 そんなことを真剣に訴えるような政治家がいない。



 悪口憎言で商売をしている野党政治家よ、

 他人の不幸で商売をしているマスコミのチンピラども

よ、この日本を不幸な国にしている罪の重さに気づけ。

 日本では招かれざる客である。

 

 彼らには、チャイナかコリアがお似合いである。

 国籍離脱の自由を行使していただきたい。

 日本国は、これを尊重し、出国を保障するであろう。

 

  蜻蛉のように

 清々しく青空に翼を輝かす

 そんな日本の国にしたいものだ

             

                          梅士 Baishi

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

+ オッペケペー・博多一番鶏・・・ 独立の精神、社会主義を排除せよ!  

2005年08月23日 21時44分10秒 | 立憲女王国・神聖・九州やまとの国

 

  オッペケペー   博多一番   鶏が鳴き 

        馬糞 Bafun

 

 

  


 近くの小学校に、一羽の雄鶏が飼われている。

 名物の博多一番鶏である。

 かっとばせーと鳴いたり、オッカサーンと鳴いたりす

る。

 いったい、どんな鶏なのだろうと、小学校にお邪魔し

た。


 近くで見ると堂々として立派な雄鶏だった。



 子供の頃、手作りのような家に育ったが、そこには、

父の手作りの鶏小屋があって、沢山の鶏をペットにして

飼っていた。


 ヒヨコのときから家族同然に頭や肩に乗ってなついて

いた。

 肥溜めに落ちたヒヨコを助け出したこともあった。

 時々イタチに襲われて、犠牲が出た。

 穴を掘って、鶏小屋に侵入するのだ。


 しかし、最も切ない犠牲は、生活に困って、肉屋に売

りに出されたことだった。

 貧乏というのは子供心にも悲しいことであった。

 

 

貧困は罪である】 

 経済活動の第一の使命は、貧困を追放することにあ

る。

 貧困を追放するためには、創造し、生産し、豊かにな

ることである。

 宇宙が広大無辺であるように、人間の知的創造もまた

無限である。

 

 マルクス経済学は、資源も富も有限であるから、平等

に分割しなければならない、と言う発想である。

 裕福な者は、労働者から搾取した結果、富を不当に独

占した罪悪人であると考える。

 まさに、嫉妬の社会主義である。

 

 しかし、マルクスの経済思想は、前提が間違っている。

 富は無限に、多様に創造されて止まない。

 働くことは、人々を豊かにすることである。

 

 多くの人々に富をもたらした者は、さらに多くの富が

与えられる。

 これは公平なことである。

 

 貧困者が徒党を組んで金持ちを懲らしめるような嫉妬

の社会主義は、マルクスが産み落とした罪深い貧困思想

であった。



 貧富の差が問題なのではない。

 貧困の克服こそが課題である。

 貧困の克服は、信仰と教育と創意工夫によって価値を

生み出す地道な努力の蓄積である。

 

 「平等」思想によって富者を追い出し、その富を山分

けするなど、盗賊のすることである。

 見よ、北朝鮮を!見よ、チャイナの十億の民の貧困を!



 社民党や、共産党の信条は、豊かさと、それを生み出

す個性を否定する貧困の平等主義である。

 しかし、貧困は罪である。

 ゆえに、彼らは罪を犯している。

 日本の貧乏神である。

 ミンシュ党はその親戚である。

 

 平等主義をそのまま、よいものだと思ってはならない。

 平等を当然のことのように語る者、

 平和を安易に唱える者を、警戒せよ。

 かれらは、悪魔の思想に感染した者たちであるから。

 

 

時を告げる気概


 いつかは、放し飼いの鶏と一緒に暮らせることが夢で

ある。

しかし、いまどき、都会で雄鶏を飼えるところはない。

 一家に一羽、雄鶏を飼う自由をこそ保障せよ。

 時を告げる雄鶏こそは、気概ある男の復権を告げるで

あろう。

 

 ところで、鶏インフルエンザが問題になった。

 都会人と同じように、換気の悪い住まいに運動不足で

暮らしているから抵抗力がないのだ。


 鶏は強い生き物だ。

 簡単に風邪引いて死ぬような奴ではない。

 鶏を放し飼いにしてほしい。

 鶏には意外性がある。

 鳥のように空を飛ぶのである。

 ムササビよりは上手に飛べる。

 

 かつて、長崎の諏訪神社で放し飼いの鶏が木々を飛ん

でいるの見たことがある。

 鶏の羽も伊達ではなかった!

 鶏は、ブロイラーでもなければ、卵製造機でもない。

 美しく、誇り高い鳥である。 

 

 男どもよ、博多一番鶏に続いて、堂々と時を告げよう

ではないか!

 九州は鶏舎ではないのだ。

 九州人は国からの餌をほしがるブロイラーではないの

だ。

 

 社会主義の貧乏性を排除せよ。

 国家の補助などに頼らない! 

 九州独立の気概を持とうではないか!                        

                          

Bafun

 

 

 

 雄鶏のいる風景⇒ http://www.peace-winds.org/jp/F3/liberia.html

 地鶏とは ⇒ http://www.system-u.co.jp/~toricho/infomation/special.htm

 

 http://blog.goo.ne.jp/fds31/e/cae656c686f3e7d8119b952d7c5e1cef

 

 

 

 

 

コメント

+ 楠木の夏・・・ 宇宙人の飛来  グレイの正体  映画化されたレプタリアン

2005年08月22日 22時40分03秒 | 立憲女王国・神聖・九州やまとの国

 

 

 夏空の  楠の大樹が  背伸びをし 

   馬糞 Bafun

 

 

 

 

夏の空はまさに隆盛である。

 暑くても、ギャーギャーとせみが鳴いても、夏は心地

がよい。

 冬の寒さの下で、待ち望んだ解放だったから。



「アクロスの前でふと見上げると、UFOがいて、独特

の飛行で飛び去りました。レーザー光ではなかったです

よ」。

 職場の新人が目撃証言をした。

 

 レーザー光でも飛行機でもなかったと、言っても

信じてくれない、とも。

 きっとそうなのだろうと思う。


 UFOや宇宙人がいなくて、この広大無辺の大宇宙に地

球人しかいないという方が異常である。

 どこにそんな証明があるのか。

 蓋然性の問題なら、宇宙人がたくさんいると推定すべ

きであろう。



 実際、20種類以上の宇宙人が確認されているという。

 最も多いのが、太陽系からも近いプレアデス星団から

来ているらしい。

 よく人をさらって人体実験をしている「グレイ」は、

サイボーグの生命だという。


  「グレー」はロボットではない。

  生命体だからである。

 手軽に旅行できる地球の旅先で、人間にいたずらをし

て遊んでいるのではないかともいう。

  その被害はアメリカの過疎地に最も多くあるが、日本で

も増えているという。

 

 原因不明の症状を退行催眠という方法で調べていると、

かつてグレにさらわれた時に消された、恐るべき記憶

がよみがえって、詳細に語り始めるのだという。

 その体験談は、共通したグレイの正体を語っていると

いう。

 

 凶暴なことで知られる爬虫類型宇宙人が、マゼンラン

星雲からきている「レプタリアン」だ。

 これは、人間に変装する技術をもっている。

 しかし、血の色は緑である。

 

 以前、映画シリーズになっていたが、実話に基づくら

しい。

 アメリカではそうした資料が既に漏れているというこ

とである。

 


 地球人よ、思い上がってはいけない。

 幕末は、黒船来航で明治維新の大変革を成し遂げたが、

現代の黒船とは、UFOなのである。

 こういう話についてこれない人は、未来遅れの哀しい

原始人なのである。 

 グレイにご用心!

          

                                   

  Bafun 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

+ ファイト・・・ 危険なアジア

2005年08月20日 16時54分41秒 | 立憲女王国・神聖・九州やまとの国

 

 

 朝7時  ファイトがひびく  娘らの夏 

   馬糞 Bafun

 

 

 

 

 

 八月もあと何日で小学校は夏休みである。

  その体育館で、『ファイト、ファイト、ラッキーファイ

ブ」。

 せみの声もまばらな午前7時頃から、女子中学生のバレ

ー部のトレーニングが始まった。

 

 午後からは久しぶりのどしゃ降りになったが、それま

で続いた。

 その夏らしいトレーニングの声に、しばしうとうとと

した。

 老後は、そんな感じで肉体を抜けてゆきたいものであ

る。



長谷川慶太郎著『アジアが日本に屈する日』(ビジネス

社)をぱらぱらと読み始める。

 まったく持って同感!そのとおり。
 チャイナは近い将来、分裂して倫理も道徳もない修羅

場となるであろう。

 チャイナに進出している企業は命からがら逃げ出さざ

るを得ないだろう。


 そうした事態を予見している経済アナリストはTVには

出てこない。

 登場するのは、自信たっぷりに大国中国とアメリカの

時代になることを信じて疑わない中華崇拝者である。

 その点、長谷川慶太郎という人は、なんとも大胆な人

だと感心する。
 預言者の貫禄さえも感じるのである。

 

 福岡市役所の「アジア」とは、チャイナとコリアを意

味するらしい。

 ちなみに、一人当たりのGDPは、日本が3万2000ドルで

あるのに対して、韓国は1万2000ドル、チャイナはやっ

1000ドルにも達したらしい。

 日本とチャイナの経済格差は、戦後10倍に拡大したと

いう。



 

 ついでに思い出した本がある。

 鈴木了司著 『中国トイレ旅行記』。

 JTBでパックツアーを企画してはいかがだろうか。

 中国13億人の糞尿ともなると気が遠くなるような大国

の重さを感じざるを得ないが、いかにも関わりたくない

『大国』である。

 

 「平和を愛する日本国民」であるならば、チャイナ、

コリアに手を出すな。

 商売も控えよ。



食いたくも   さわらぬ中華に   祟りなし

 

Subunrco

 

 

 

 

 

コメント

+ 盂蘭盆と地獄の釜・・・ 善悪の定義  転生輪廻  生命の永遠性に関する論理  宗教の役割

2005年08月19日 08時03分38秒 | 立憲女王国・神聖・九州やまとの国

 

 

 盂蘭盆の  地獄の釜に  一尾堕ち

   馬糞 Bafun

 

 

  

 

今日は、旧暦の7月15日、盂蘭盆である。

 さすがに旧16日になると、先祖霊もあの世に帰らなけ

ればもう後がない。

 盆は、地上に暮らす人間にとって、忘れがちな霊界の

ことを学ぶ大切な時期であるが、これを教えられる坊主

はめっきり少なくなった。


 盆といえば稼ぎ時、この世の商売にいそしむにわか坊

主が増える。

 線香くさいのではなくて、生くさいのである。


 仏陀が入滅してから2500年、仏教界も堕落した。

 坊主でありながら、あの世はないという馬鹿坊主もい

る。

 あの世がないなら、坊主はいらん。

 詐欺なのか、馬鹿なのか・・・。

 

 黒制服はやくざか坊主だが、地獄の徒となっている。
 やくざは、畜生道か阿修羅地獄であるが、坊主の方は

もっと罪が重い。

 人々の魂を迷わせた罪、仏法を誤って教えた罪である。


 

 人間の本質は霊である

 人間は、この世とあの世の転生輪廻して魂修行をして

いる存在であるという

 魂を鍛える仕組みと考えられる。


 善悪は、天国と地獄の違いが明確であるように、客観

的、絶対的な基準で分別されている。

 そうでなければ、秩序がなりたたない。

 これを教えるのが宗教本来の役割である。

 


 宗教とは、人の生きるべき道を示唆するものであり、

信仰とは、人としての道を探求することである。


 間違った人生観とは、この世に神も仏もないという唯

物論的な人生観である。

 

 

 


 しかし、存在とは、永遠でなければ論理的に説明がつ

かない。 

存在形式には限りがあっても、存在そのものは永遠で

ある。


 人間は、みな死ぬのであるが、何のために生きるのか、

と問われて、死が『何もないこと』を意味するなら、何

もないことが生きることの最終目的となってしまう。

 それでは、生きるということと矛盾することになる。

 無は存在の目的とはならないはずである。

 生きがいは死に甲斐でなければならないはずだからで

ある。

 

 生きるということは、永遠に道を行くことである。

 目指すのは、一切を有らしめた根源の仏である。

 道が立たなければ、これもまた、存在と矛盾する。

 その歪が地獄界という悪夢の形式である。

 痛み、苦しみ、晴れることのない心のドツボである。

 

 盂蘭盆の起源と言われるのが、仏弟子目連である。

 目連は、仏弟子の中でも筆頭格であり、霊視能力があ

ったようである。

 予知能力でもある。

 彼は暗殺を予知していながら、あえて、非業の死をと

げる。

 その点、ソクラテスに似ている。

 

 その目連の母親が亡くなったとき、木蓮が霊視した母

の姿は、地獄に堕ちて苦しんでいた。

 慈悲を持って、その母を助けてほしいと仏陀に願うの

だが、どんなに子が悟っていても、母の心は母が支配し、

その責任を負うのであるから、本人が自分の非に気づく

まで、地獄から逃れることはできないのだと諭される。

 

 そこで目連は、自分の生き様を見せることで、自己中

心の思いを反省できるようにと願って、慈悲の修行に専

念したのである。

 光を手向けるためである。

 これが盂蘭盆となったという。

 

 正しく生きている姿を見せることが、盆の在り様であ

る。

 正しく生きることが、地獄に堕ちた先祖への何よりの

供養になる。

 正しく生きるということは、自己中心の思いを反省し、

自助努力して世のため、人のために貢献することである。

 

 自他を害することが悪であり、自他を生かすことが善

である。

 

 こうしたことが家庭や学校で教えられなくなった。

 宗教教育を好ましくないこととして公教育から排除し

ている憲法20条も、日本の国を根本から腐らせている元

凶である。

 

 宗教教育を復興しなければ、倫理が根拠を見失う。

 倫理道徳が退廃すれば、経済も堕落して弱肉強食の地

獄となる。

 



「敬天愛人」

 せめてその心の世界の大海に光を手向ける舟を浮かべ

て、精霊流しとしたいものである。   

                          

Bafun

 

 

『盂蘭盆は盂蘭盆経という仏教の経典に書かれた釈迦の弟子の


目蓮が、地獄に堕ちた母親を救い出すために衆生に食事を振る舞

い、供養したという孝行説話が起源』

 

 地獄界を、たとえ話だという者がいるが、地獄は実在する。


 インターネットの世界は、霊界に近い様相を見せている。

 この世では、信仰心を見失い、自己中心に生きている者が増え

て、地獄界が優勢になっている。

 6割の人が地獄に堕ちているという。

 

 すました顔をしている奴が、実は醜悪な悪霊人間だったりする。


 現に、匿名で悪事を行おうとする犯罪者予備軍の何と多いこと

か。

 もしかして、坊主か・・・「頭かくして尻隠さず」。
 「天知る、地知る、人知る、われも知る」。
 悪事は魂に刻まれ、地獄行きの荷札となる。
 しかも、懲役年数と
阿鼻叫喚ポイントを増しながら・・・ 


ギャ~~~

 どんな仕置きが待っているのか・・・まさに、後生恐るべし・・・

  

 

 

 

 

 

 

コメント

+ 異星のくらげ・・・ 玄界灘に異変あり

2005年08月18日 11時35分50秒 | 立憲女王国・神聖・九州やまとの国

 

 

 波津浜に   異星のくらげが   仰天し

     馬糞 Bafun

 

 

 

 

JR海老津から一時間1本の希少なバスに乗って30分、

玄界灘に面するハツの海水浴場に降りた。

 盆すぎとはいえ、直下型の太陽が真砂にしみこむ真夏

である。

 が、不思議なほどに人はいなかった。

 

 はだしになって、小さな津波を股下に潜らせ、足をぬ

らした

  砂に線を描いて、クラウチングスタートに浜を駆ける

と、体が宙に浮いて、足が地につかない。

 オリンピック陸上短距離選手は宙を駆けているのかも

しれない。

 それにしても、海はまことに神秘である。

 

 

 長い海岸線の波打ち際で、一面に刺青を刺したよう

な、巨大なくらげが仰天していた。

 透明な蛸足を日に照らし、見るからに土星から落ちた、

異星人のようであった。

 

 少し用心をして波を渡ってゆくと、恐るべし、猛毒の

刺細胞をもつ毒くらげ、青河童のようなイラが浮遊して

いるではないか。

 海にばら撒かれた機雷のような、実に不気味な生命体

である。

 

浜の人に聞くと、これまでほとんど見かけたことのな

い種類だという。

 玄界灘に異変あり!

 

 実は、『玄界灘大津波』が予想されているのだ。

 この夏の終わりか、それとも、もう少し先のことにな

るのか…。

 

 天変地異の予感を乗せて、小さな津波が沖から打ち寄

せている。

 大津波の形そっくりに、先触れしているかのようであ

る。


 

 「悔い改めよ、自己中心!」


 「省みよ、はた迷惑!」


 「天変地異は、人類の罪である。」
                   

2005.8.18 Don.
          


Bafun

 

 

 

 

 

 

 

コメント

+ 波津浜の流れ星・・・ 残暑お見舞い申し上げます。

2005年08月16日 16時58分51秒 | 立憲女王国・神聖・九州やまとの国

 

 

 波津浜に   ヒトデ打ちたり  流れ星

       馬糞 Bafun

 

 

 

 

波津hatsu の浜に、

  ヒトデが一つ、

  流れ星のように、

  三筋、四筋の波紋を引いていた。

 

 八月十六日、お盆が終わった。

 流されてゆく精霊舟のように、

 日一日と遠く、

 せみの声が引いてゆく。

 

 今日は、山鹿の千人灯篭踊りがあるという。

 温泉につかって、楽しみたいものだけれども、

 この夏の勝負は、まだ終わっていない・・・

 日々修行である。

 

  三筋、四筋と、修行の汗を流しているみなさま、

 残暑お見舞い申し上げます。

          

    

Bafun                         

  

 

 

 

 

 

 

 

コメント

+ 博多の鶏・・・ 戦後60年の許しありてこそ。

2005年08月16日 16時22分11秒 | 立憲女王国・神聖・九州やまとの国

 

 

 

 かっとばぜー   博多の鶏が   一鳴し

        馬糞 Bafun

 

 

  

 博多の鶏は、小学校に住んでいる。

 本当に幸せな奴だ。

 この間は、オッペケペーと鳴いた。

 盆前にはオッカサ~ンと鳴いた。

 今朝は、カットバセ~と意気盛んだった。

 

 そういえば、甲子園もそろそろ決勝戦か。

 九州勢は既に敗退しただろう。

 しかし、そこがスポーツマンシップ、

 勝者をたたえて夏を終えたことであろう。

  

 そういう清々しいスポーツマンシップが、科学万

主義、結果至上主義経済の中で見失われ、麻痺してきた

ように思う。

 

 資本主義経済の本質は、本来は営利主義ではなく、

のため人のためであったことを忘れてしまったのか・・・。

 

 カットバセ~!

 清々しい経済文化を復興したいものである。 

 

 

 

 

 

 おっかさ~ん  戦後60年の  鶏が鳴き

       馬糞 Bafun

 

 

 

 

おもえば、ひよこは、おっかさんというべき母を知

ない。

 父にとっても、母にとっても、悲惨な戦争だった。 

 それでも、あの世があると思えば救いもあるが、

爆弾で霊体さえもが破壊された母と子はどうなるのか。

 国に裏切られ、国民に罪人呼ばわれしている兵士の霊

はどうなるのか。

 

 そうした感情が清算されないままに、さまよってい

のである。

 そこに、太平洋戦争の贖い難い罪がある。

 

 左翼やコリア人はすぐに損害賠償といって金をほしが

るが、人間のすることではない。 

 もはや60年が過ぎたのだ。

 これ以上の恨みは執着である。

 他人を害し、国家を害する行為である。 

 

  

 

 迷える諸霊よ、英霊よ、

 日本国民の痛みを自らに背負って、

 その歴史を刻んだのである。

 

 民族の感謝を心に感じて、誇りとし、

 大いなる許しの下に、

 転生輪廻の未来に戻ってゆこうではないか。

 

 だからこそ、だからこそ、

 日本国民は、

 自らを正しくしなければならないのである。

 光あれ!

 栄光あれ!

 合掌。

 Bafun 

 

 

                     
     

                                                 

 

コメント

+ 戦争の還暦・・・ 戦中派世代がたどった人生を思う。

2005年08月15日 20時03分15秒 | 立憲女王国・神聖・九州やまとの国

 

 

戦争を  伝え聞きつつ  還暦し

  馬糞 Bafun

 

 

 

 

敗戦60年の節目に、総理大臣は靖国神社を参拝できな

かった。

 なぜか。

 チャイナやコリアに屈服しているのが大人の知恵と

っているからだろう。

 しかし、屈服していることに変わりはない。

 だから、からかい同然に宣戦布告してくる。


 あからさまに敵対している中共や朝鮮に侮辱され
ては

頭を下げる外交は、国民に対する裏切り政治でもある。

 敵は、身内の中にある。

 

 靖国参拝を鵜の目鷹の目で待ち構えているマスコミの

ハエ、蛆虫ども。

 謝罪外交を続ける与党、謝罪を煽るマスコミと野党。

 日本の政治を辱めているその罪の深さは、やがて己に

帰ってくることであろうに。

 「天に唾する」とはそのことである。

 

戦後60年、なんとも劇的な時代であった。

 母は長崎で被爆したが、風邪をひいて長崎駅の勤務を

初めて休んだために一命を救われたという。

 父は、卑劣なロシアによってシベリア抑留され、九死

に一生を得て引き上げてきた。

 しかし、財産も、仕事もなくなっていた。

 

 育ての母は、針を腹内に置き忘れて縫合されるという

でたらめな医療ミスで亡くなった。

 何の補償もなかったらしい。

 

 医者はその頃から倫理観念を失っていた。

 医者は信用できない人間が多い。

 最近も叔父が手術のミスで死んだ。

 刑事責任も民事責任もだんまりだったらしい。

 

 どちらを見ても、公務員体質こそが、諸悪の根源であ

るといっても、八割は当たっているだろう。

 新生する時代には、公務員は最小限に切り詰めなけれ

ば禍となる。 

 企業の中で役人化した社員、幹部もしかりである。


 事なかれ主義、先例主義、自己保身、無責任、責任転

嫁、謀略・・・。

 

 公務員の仕事は、税金ドロボーの極みである。

 それでも国民は働き続けた。

戦後10年もたたないうちから日本は劇的に復興を遂げ

てきた。

 戦争特需の恩恵もあった。



20世紀は、戦争経済の世紀であった。

 多くの地域戦争が仕掛けられてきた。

 アメリカンドリームを支えていたのが戦争であると

たら、アメリカの繁栄は罪深いものである。 

 そのアメリカのおかげをこうむった日本経済も戦争

済の一端を担ったのである。

 そのことを肝に銘じておくべきである。


 20世紀に経験した経済的成功を再び求めるべきで

ない。

 そこにはあまりにも重大な犠牲があったのではな

のか。

 弱肉強食の経済を反省しなければ、新たな世紀の発展

はないだろう。

 

  両親は炭鉱で必死に働いてきた。

 共働きだった。

 子供は出来が悪かった。

 親を楽にさせてやるような働きはなかった。

 まさに苦労の人生だったと思う。

 

 親には感謝してやまない。

 親とはありがたいものだ。

親孝行は大してできまい。

 せめて、後世に何がしかの遺産を残したいものだ。


                          

Bafun

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

+ 夏来るらし・・・ カイジンゾウ  終戦記念の前に、獅子身中の虫を下せ

2005年08月14日 15時22分07秒 | 立憲女王国・神聖・九州やまとの国

                                            

  白妙の  夏来たるらし  盆の入り

          馬糞 Bafun  

                                                          

 

 

終戦記念日を前にして・・・ 獅子身中の虫

  子供のころ、野生のくちなしの大木や、どんぐりの木

どに囲まれた静かな一軒家に住んでいた。

 鶏とヤギも一緒に住んでいた。

 年に一度、母が虫下しの漢方薬、カイジンソウとい

海藻を煎じて飲ませた。

 すると、翌朝、母が家の前に新聞紙を広げて、ウン

をしろという。

 なんとも妙な儀式であった。

 

すると、白いうどんが出てくるではないか。

 なんでうどんが出てくるのだろう?

 それが、白いミミズのような回虫というものであった。

 もっと小さなギョウチュウというのもいた。

 なんとも不思議な体験であった。

 

 そういえば、明日8月15日は、母の誕生日であった。 

 

 

獅子身中の虫を下せ

 

 戦後60年の節目に、日本も国の虫下しをするべき時が

来た。

 『国民の皮をかぶった隠れ左翼』というべき連中で

る。

 その一大拠点が、法曹界、マスコミ界、大学・公立

校、そして、最大が官僚組織である。


 左翼官僚組織の兵卒が、郵便局を筆頭とする現業公務

員である。 

 隠れ左翼の特色は三つある。

 ① 亡国を信条とし、日の丸を嫌い、愛国心を嫌う。

 ② 働かなくても食える公務員を好む。

 ③ 憲法9条を経典に、自虐史観を経文とする。 

 

 

戦争責任の虫 

 究極の戦争責任は、日本を愛し、日本が世界に冠たる

国にならんことを願った日本の神々にある。

 それを、靖国に祀っているのである。

 日本の神々も戦い、傷ついたのだ。


 それを戦犯と呼ぶのか。

 神々と、日本国民は、いわば、一蓮托生ではないか。

 暴走気味の神々もいたというが、良く戦ったという

きであろう。

 その愛国の神々を後の国民が裁けるのか。

 まして、敵国に裁かせてよいのか。

 

 国の役に立たない者ほど神を罵り、公費を貪り、私

を肥やそうとする。

 日本の神々を罵る者たちであるならば、神々しかろう

物を。 

 たしかに、敗戦の傷は深い。


 敗戦の貧困の中で、パンやチョコレートに混じって

というものも貰ったらしい。

 ところが、その自由とは、神からの自由」ではなか

たか。 

 自由の価値は、『神への自由』にある。

 信仰こそは自由人権の原点である。
 

 「神からの自由」人権論は、人間の傲慢と弱肉強食

収奪、私利私欲の堕落の無秩序に他ならない。

 

  

 【神とは何か

 イエスキリストは、『神は愛である。愛がわからなけ

れば、私を見よ」と言われた。

 

 仏陀は、「人間は仏の子である。仏性を持っている。

 仏の作られた世界を知りたくて、仏に近づきたくて、

幾転生を重ねてきている存在なのだ」と言われる。

 

 人間に自助努力と切磋琢磨と、愛と慈悲を教えて

る。

 神への自由であるからこその希望である。

 だから人権を国家が尊重する責務とするのである。

 「神からの自由」に何の価値があろうか。

 間違ってはならない。

 

  

 

 

 

 戦争の痛みを、神への恨み言としてはなるまい。

 敗戦によって、神々への感謝と畏敬の念まで失っては

ならない。

 神の罪を並べて、自らの堕落を正当化してはならない。

 

 戦争の責任は、神々にあり、その責任を、神々が背負

っておられる。

 その責任を、国民もまた担おうではないか。

 その気概なくして、どうして国の再建がなるだろうか。

 

 負け戦をも覚悟で戦った気概を誇るべきである。

戦争責任を自分の問題として受け止められない卑怯さ

を恥じるべきである。

                          

梅士 Baishi 

 

  

  

 

 

 

 

 

 

 

コメント

+ 恐竜のサラダ・・・ 空の悟り(07.10.23改訂)

2005年08月13日 07時41分39秒 | 立憲女王国・神聖・九州やまとの国

 

 

 

 ざわざわと  恐竜サラダの  羊歯が生え

       馬糞 Bafun

 

  

 

 

 小さな鉢の中に、巨大な羊歯の原生林を思い浮かべる。

 恐竜の卵が引っ付いてはいないかと、連想する。

 羊歯、羊歯、羊歯が生え・・・

  

 

    

  大濠の  花火は背中に  野良の猫

     馬糞 Bafun

 

 

 

 

毎年、名十万人と集まる福岡城跡の花火大会だが、

つも背を向けて、いつものように帰宅する。

 そんな時、都会の猫が、何の憂いもなく、花火に背

向けて闇を見ていた。

 猫道の究極である。 

 

 

  

 

 

 真夏日に  スーパーチャリを  漕いで行き

   
   
馬糞 Bafun

 

 

 

道路が融けそうな真夏日に、ママチャリがピカッと光っ

て、スーパーに突入する。

 暑いからって、よたよたなんてしてられるかっ・・・

 

  

 

 

 

 恐竜の  卵を覗き  夏の羊歯

馬糞 Bafun

 

 

 

バリバリと羊歯をサラダにしていた恐竜たちは、もう

いない。

 凶暴だったけれど、恐竜サラダが懐かしく思われる。

 そんなことを空想しながら眺める鉢植えの羊歯を眺め

ている。

 

 

 

 

 

 今朝もまた  蝉鳴き競う  夏日かな

    馬糞 Bafun

 

 

 

夏の朝は、クマゼミで明けるものだ。

 今日も夏だ~

 ありがたい!

  

 

                       

 天を裂き  雷雨に清め  原爆忌

  馬糞 Bafun 

 

 

 

 

 

仏神の創造と破壊は創造主の権威のなせる叡智であ

る。

 にもかかわらず、破壊の力を偽造して仏神の頬を打っ

た。

 それが、原爆投下の罪である。 

さらに、膨大な核兵器を蓄積し続けているとは、

言う傍若無神。

 

 ノアの洪水のように、一切を押し流す文明消去も止

を得ないということが、過去も何度もあった。

 ゴンドアナ文明、ミュートラム文明、レムリア文明、

ムー文明、そして、アトランティス文明・・・


 あい続く天変地異は、文明消去のカウントダウンで

るなどとはお笑い草と言うならば、そこに信仰などあろ

うはずもない。 

 信仰こそが、人間の生命線、霊性の命綱であるという

のに・・・ 

 文明とは、霊性を育てる畑でなければならないとい

のに・・・   

 

 

 

 

 鳴きぬけて  空とはなりぬ  盆のせみ

     馬糞 Bafun

  

 

  

 せみは思いっきり鳴いて、夏の転生輪廻を生き抜いて

いる。

 空の思想とは、転生輪廻の魂の悟りを言うのである。

                         

                                    

Bafun 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

コメント

+ 提灯なき盆休み・・・ 郵政民営化の視点

2005年08月12日 13時14分41秒 | 立憲女王国・神聖・九州やまとの国

 

 

  提灯も  仏壇もなし  盆休み

        馬糞 Bafun 

 

 

  

 

  かつてお盆とえいば、おやじが玄関に家紋入りのちょ

ちんを下げて迎え火とした。

 ああ、お盆だあ、とうきうきしたものだった。

 13日からの三日間は町中上げての盆踊りで遅くまでに

ぎわったものである。


 我が家はキリスト教だったから、仏壇はご先祖のた

の粗末な手作り仏壇だった。

 そこにも、お供えものと、ろうそくの灯がともり、線

のにおいがした。

 

 しかし、今はもう、昔語りの風物である。

 家ではなくなったかのようである。 

 

  

  

 

郵政改革の視点】 

   小泉内閣の悲願『郵政民営化法案』が、参議院で否決さ

れた。

 そして、民意を問う衆議院解散、お選挙参りのお盆

はなった。

 

 中曽根氏はこれを暴挙だというが、衆議員を罰した

ではない。

 民意を問うべきだという判断である。

 

 郵政民営化政策最大の狙いは、公務員の数を減せ!

ということである。

 国民一人当たり700万円ほどの借金を抱える組織で

ながら、リストラどころか、高額な歳費を受けて、か

増殖している有様である。

 なんともひどい話である。

 

 組合は相変わらずの賃金闘争と待遇改善を要求してい

る。

 結局、国民に対してである。

 

 ところがである。

 公務員の数を減らすための民営化法案に反対するのが、

『社民党』、その親戚の『民主党』、貧乏神の『共

党』、および、新党『自己中心党』の結成を目指す自民

党造反議員というわけである。

 

 3分の2の公務員は不要である!

 解雇法案を提出しなければならない。

 そう訴えれば、楽に選挙は戦えるだろうに!



 政権選択が選挙のテーマだというのが野党だが、政権

担当能力は自民党にしかない。

 そのことも問題であるが、今回の争点は、公務員削減

をするのかしないのかが問われている。



 だから、選挙に行く気がなかった多くの民間人よ、

まこそ、国民としての責任を果たそうではないか!

 選挙に行こう!

 小泉自民党に、今回は投票しよう!

 

 公務員を減らせ!

 仕事をしない木っ端公務員を解雇しよう。

 このままでは、邪魔をする公務員を養うために、増

しなければならなくなるのだ。 



 公務員労働組合よ、労働運動がしたければ、労働をせ

よ。


 価値を生み出し、市場競争の原理の中で、利益を得よ。

 創意工夫して価値を生み出せ。

 

 公務の民営化は、現代の不合理な身分制廃止運動であ

る。

 チャンスは怖い顔をしてやってくるものだ。

 感謝して受けるべきである。

 郵政民営化法案は、役立たずの木っ端役人を減らして

ゆくための、第一歩に他ならないのである。



 次は、文部省?

 農林水産省?

 厚生労働省?

 市役所もいらないな・・・                                                                              

                      

梅士 Baishi  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント