相台万朗Sodaiブログ

和歌山からきて今は千葉県人に、東京銀座でウエスタンバンジョーの店を36年間やらせていただき、もっかしたずみしてます。

おばあちゃんの呪文(じゅもん)

2020年08月13日 | 経験・体験
 おばあちゃんは、いつも誰かに話かげるように呪文を唱えていた。
母が5歳の時に、おじいちゃんを亡くしたらしい。だから頑固で強い強いおばあちゃんに見えた。むしろ怖かった。
 お線香の煙が神様の食べ物とロウソクの炎と話をしたり、傍で木魚(もくぎょう)を叩く私は、おばあちゃんの呪文を聞いていた。
 父母は5人の子供を抱え日々奮闘していた。和歌山の山奥の田舎で細々と米を作ったり家族が食べられる野菜も作っていた。父は地元の発電所に勤め、兼業農家であった。
 もう古い私の話など面倒だろうが聞いてやって下さい。読んだ後は自動的に消滅してもらってもいい。
 父は手枕で寝ている丸くなった後ろ姿。母は私が幼い頃、ゆれる吊り橋の上からはってみた男たちに負けじと石をかついでいた母の姿は忘れない。
 東北地震の時、いち早く駆けつけてくれた長男の姿、頼りになった。屋根のペンキ塗りに忘れていた地下足袋を持参してくれた。何も言うことはない。遠くの勤め先から近くに引っ越してくれた。その気持ちはうれしかった。
 長女が内壁の張替に神経をすり減らす思いで、ペンキぬりに夜遅くまで頑張った。もうご苦労さんと言いたいが更に白い壁紙を張ってくれた。細部まで完璧に張ってくれた。途中、投げ出したくなる心境だったろう。特に出窓の部分には根気が入ったろう。結婚も控えていたのに最後の親孝行がこんなに大変だったとは思わなかったろう。私だったらあきらめただろう。壁紙張りを一生忘れたかっただろうな。
 長女は神経質で感覚で物事をとらえているところは私と似ている。結婚相手、結婚式、結婚式場にしろ人にはあたえられたタイミングがある。誰からとも言えない生まれつき長女が持ち合わしているものがある。大切にしてほしい。
 次男の車が家に前に現れた。あれ~次男の車だと思ったら、わが家でバーベキューが出来るように庭の改装に来たのだが、私が3日前から妻とバラのトゲに刺されながら夏の暑さにも負けずやっていた。残すは庭のレンガ敷だ。
 昔、誰に教わったのかレンガ敷のことは知っていた。土を同じ高さにならして、砂をその上に敷きレンガを隙間なく敷いていく。
砂は雨に強い、甲子園でも雨だとグランドに砂をまく 砂はすべりどめに良い、列車のレールとレールの間に砂をちらすと急な坂道もスイスイ・・・。砂は小粒だ、小さな小穴に入り、小さなずれを直してくれる。砂は人生を教えてくれた。
昔、わが家のレンガ敷きの時、砂を知らなかったら苦労もしただろう。雨が降ってレンガがずれ、土が表面に出てまた敷なおしだった。
このような古い人の知識は現在の方に引き継がなくてもいいとも思ったが、考え直そう。
別に難しい話はするつもりはないが、中国のウイグル族のことが気になったので、インターネットで調べてみた。約1000万人の人口でイスラム教を信じているらしい。中国と言えば仏教と想像するのだがイスラム教となれば歴史をさかのぼらないと理解できない。
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教と同じ神様で同じ聖地を持ち、昔から聖地の奪い合いで戦った。その点日本は神様仏様と仲良くやってきた。
ウイグル族を知る為には今から千年程前の十字軍までさかのぼらないと理解できないような気がする。
古い歴史は面倒だし知らなくても生活に影響されないし誰かが上手くやってくれる。

 私には子供3人とこのハゲ―!に付き合ってくれている妻。この世で大切な方たち、和歌山からたった一人で出てきたのに嫁2人と婿1人と孫2人、なぜだか皆、不出来な私をカバーしてくれている。
おばあちゃんが呪文のように言っていた。
「人は騙すことは出来ても自分を騙すことはできない。だから、人が見ていようと見てなかろうと自分に正直に生きること」
 おばあちゃんの呪文は、半世紀前のことだが、今も私の脳裏に残っている。そして私に考える心の余裕をくれた。
 
 人には好き嫌いがどうしても生理的にもでてくる。
 知識は自分を知ること、相手を理解するためにあり、決して
 相手を排除するものに使ってはならないのだろう。
  私が生きている昭和・平成・令和・・・は短い時かも知れない。いつか世代交代が訪れるだろうがみんなの幸せを祈っている。
                                                                                            相台万朗
                                                                                    2020,8・14

コメント   この記事についてブログを書く
« おばあちゃんの般若心経 | トップ | 笑の天使 Laughing angel »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

経験・体験」カテゴリの最新記事