F4之花園

当代、アジア随一の男前集団、F4についてあれこれ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最終回

2008年04月25日 | 映画・ドラマ・舞台
昨日で「美味関係」が最終回を迎えましたね~。このblogで取り上げる機会も殆どなく、私的にはどこが一番の盛り上がりだったのか分らないままって感じでしたが。なんか途中から、可奈子=メーガンが痛々しくて見てられなかったというか。パチーさんの演技にもいろいろと議論が起こってましたね~。織田シェフ=仔仔もクールでかっこいいし悪くなかったのだけど、何しろ許樂=仔仔が良いもんで・・・。全体的に印象が薄かったかなぁ(仔迷さんはそんなことないのかも知れませんが)。でも、ラスト近くになって、「面白くなってきた」という声をよく聞いたし、とにかく、ドラマは、最後、ハッピーエンドで何よりでした。

柴Pの狙いとしては、当時、ドラマ初主演のパチー、大S、ジェイとの恋愛で注目だった仔仔とパチーの組み合わせということで話題性も十分というところだったのだろうけど(大Sとママがゲスト出演って話もあったっけ)、どっちも破局を迎えたり、「君につづく道」と放送がダブってしまったが為に、タイミング的にもちょっと損をした番組だったかも・・・。

BS日テレの木曜日、9時枠でのF4ドラマはこれで終了とか。とっても寂しいですが、今のところ、リズ製作で放送できるF4の新作ドラマはないから仕方ないんでしょうね(別に「流星花園」もう1回やってくれても全然問題ないんだけど。「ピーチ」や「マーマ」もあるしねぇ)。「君につづく道」と「ザ・ホスピタル」があるのが救いですね。でも、これだけ毎週スーを見てたら、何もなくなってしまった後の渇望感が恐ろしいです。一日も早く「楚留香」「藍球火」等の放送があることを願わずにはいられません・・・。





織田シェフのシャツの下にうっすらと見えるロゴは・・・


Comments (6)

3年目の発見

2008年04月24日 | F4



この写真↑、阿旭は仔仔に話しかけてると思ってたんだけど・・・
よく見たら阿旭の視線が仔仔からずれてるし、仔仔の向こうにブルーの襟が・・・



実は孝天だったのね~

今日まで全く気づきませんでした(遅いって。笑)

Comments (9)

愛か重荷か

2008年04月22日 | 映画・ドラマ・舞台

気がつけば、あっちもこっちも不倫の「ザ・ホスピタル」

愛を失いかけた時は、男性も女性も同じ
想いは相手にとっては重荷に変ってしまう

イーホア、もう、院長の娘にしとこう・・・



Comments (4)

ピアノの猛練習中?

2008年04月18日 | 阿旭


今頃この話題ってのも何だけど、ずっと気になってたもんで。先日の「星心的涙光」(また、随分スイートなタイトルだけど)の製作記者会見での阿旭、また痩せてた。「白色巨塔」の撮影当時はあんなに「ひゃ~、阿旭、こんなに痩せて~」と思ってたスー先生が、今じゃ普通に見えるくらい。たまたま疲れていただけかも知れないけど、何だか目元にも力がなくてやつれて見えて、ちょっと心配になってしまった。ドラマ一本撮影するのってそんなに大変なの?阿旭のことだから体力つけてないわけじゃないだろうし、日頃からジムなんかで鍛えてると思うけど、すぐに次のドラマの撮影開始なんかしたら、又、痩せちゃうんじゃないの~?それに、ピアニストの役とかとなると又演奏の練習にのめり込みそうだし、大丈夫かなぁ?(監督さんも、阿旭は努力家だけど頑張り過ぎると言ってたし)。真面目だから手が抜けないんだろうけど。旭迷は私以上に又、はらはらしてるんじゃ・・・。

でも、このドラマでピアノの腕を上げたら、日本公演で又、お披露目があったりして(それも楽しみの様な心配の様な・・・)。とにかく、間違っても「白色巨塔」の時の様に撮影が延びに延びて、F4コンサート直前までかかるなんてことの無い様に、無事、スケジュール通りに撮影を終えて欲しい。阿旭、10月、日本で待ってるからね~(あ、その前に日本ロケがあるんだっけ?)。



Comments (8)

切ない・・・

2008年04月17日 | 映画・ドラマ・舞台
「君につづく道」。う~ん、もう言葉がありませんねぇ。黙って見守るしかないというか・・・(当然だけど)。お互いに今でも好きなのに、どうにもならないアーハオとルーイー。シューラーとノンシェンも、上手く行ってるんだけど、どっか足踏みしてるし・・・。ふ~ん。

レオは何だか見てるとヴァネースそのもの、って感じ。でも、ノンシェンの家族とテーブルを囲むシーン、シューラー、ちょっと可哀相だったな・・・。いいじゃないねぇ、お酒が飲めなくても。だけど、シューラーとノンシェンには何の障害もないんだから、レオにはっきり交際宣言すればよかったのにぃ。でも、いいね、ヴァネース。ヴァネースが出て来るとそれだけで意味もなく嬉しくなる。



実は私、仔仔は演技が上手いけど、ちょっと誰かの物真似っぽい感じがしてて、う~んと思っていたんだけど、昨日はすっかりそういうのが全く気にならなくなったし、仔仔自身の演技になってる様な気がして (って、あなた一体何様~)。この先、シューラーもいろいろと苦労がありそうだし、仔仔の演技も楽しみ。

アーハオ役の孝天は、もう天迷にはたまりませんね。孝天はいつも孝天が演じるとその役が地に見えるから不思議。多分、全然違うんだろうけど。有る様で実はなかったやさぐれ役。見せて頂いて感謝せずにはいられない。あの滲み出る男のフェロモン。生孝天とは又、ちょっと違うアーハオのフェロモン。いいです(でも、ネクタイの趣味は相変わらず悪い)。

で、今回の私的つぼは、アーハオ=孝天の立ち姿。相変わらずの男の仁王立ち。アーハオ、後ろ姿はいつもこの立ち姿です。




Comments (7)