見出し画像

風に吹かれて(Breath of Nature)

♪ あの時君は~〇〇か~た ♪(Vol.6 北海道編)

☆彡 北海道一周ソロツーリングの記録 ☆彡

 以前、「あの時・・・」シリーズで一度アップしたことがあるが、もう少し
詳細に記録しておきたいと思い、再編集してみた。
大学3年の夏、バイクでの北海道一周ソロツーリングへ出かけた思い出。

<走破したルート>


日付  走行ルート   走行距離   宿泊先
8/27 自宅ー竹芝桟橋   58km(R16-R246)
8/28 日本沿海フェリー(東京ー苫小牧まで30時間)
8/29 苫小牧ー帯広   217km  帯広温泉旅館(2食付き 3,300円)
8/30 帯広ー別海町   258km  ビジネスホテル松川(素泊り 2,000円)
8/31 別海町ー美幌   248km  美幌観光会館(素泊り 980円)
9/1   美幌ー名寄    274km  秋田屋旅館(2食付き 3,000円)
9/2   名寄ー稚内    215km  民宿すがわら(蟹食べ放題 2,100円) 
9/3     稚内ー旭川    286km  旅館みどり(素泊り 1,800円)
9/4   旭川ー札幌    144km  札幌林野共済会館(一室 1,980円)
9/5   札幌ー洞爺湖   187km  ホテルトーヤ辰美(2食付き 3,500円)
9/6   洞爺湖ー函館   189km   ビジネスホテルおかだ(素泊り 1,980円)
9/7   函館ー苫小牧   261km  越前屋旅館(2食付き 2,600円)
9/8   日本沿海フェリー(苫小牧ー東京まで30時間)
9/9   竹芝桟橋ー自宅   73km(首都高ー第三京浜ーR16)

  ※全走行距離:2,414km、給油:96リットル(燃費25km/ℓ)

苫小牧行きのフェリーでは都内から車で来ていた四人グループと知り合って、
旅は道連れと食事、喫煙室(このころはまだ喫煙者でした)から風呂と何かと
ご一緒させてもらい、一人旅のスタートは賑やかに楽しく過ごせた。


馬が好きで牧場巡りをするらしく、あのハイセイコーにも会いに行って吉田拓郎の名曲、♬馬が走ってく、馬が走ってく、でっかい鼻の孔おっぴろげて・・・♬を聞かせるのだと言っていた。

30時間フェリーに揺られ午前6時過ぎに着いた苫小牧港、下船後も身体が
ふらつく感じの中、国道235号線を東へ走り出した。
早朝のため開いている店が無く、日高へ向かう国道237号線手前でドライブ
インを見つけ一杯300円のラーメンを注文。
間もなく入ってきた男の人が近づいてきて声をかけられた。
「あなた相模?僕、東京なんですよ。」
仕事で札幌にきているとのことで、休日の今日はKawasakiのZ2に乗って
襟裳岬から日勝峠まで走る途中だったK氏。


店を出て数キロを一緒に走った後、それぞれの目的地に向け別れた。
この8月は季節外れの台風が北海道を襲い、石狩川が氾濫した。その直後から
気温がぐっと下がって晩秋のようになり、道内一日目の帯広の宿では早くも
ダルマストーブを出していた。

どこまでもどこまでも真っすぐな道、思わずバイクを止めて写真を一枚


台風の影響で8月というのに冬の様な低温になり、連日雨にも祟られ予定して
いた寝袋での野宿も厳しく、毎日の宿探しに苦労したのが懐かしい。
釧路ー厚岸ー別海町ー尾岱沼ー野付半島ー摩周湖ー屈斜路湖ー美幌峠と走り
続け、雨と砂利道、埃と闘っていた。

朝は晴れていてものちに雨模様となり、雨具を含め5枚の重ね着でも寒い日が
続いた。おかげで肩は凝るし雨や霧で視界が悪いので眼も疲れたなあ。

大雪山国立公園に入り、層雲峡へ(道内4日目)


銀河の滝と流星の滝、恐いほど尖った絶壁を流れる滝は美しく迫力があった。


この日は名寄まで走って秋田屋旅館に泊まったのだが、あいにく部屋が空いて
いなかったが先方の好意で布団部屋に宿泊させてもらった。
「内地から来たんだって・・・」と意外な言い回しで歓迎され食べきれない
ほどの美味しい料理でもてなされ感激した。
(この頃北海道では本州のことを内地と言うことが多かったらしい)

翌日は音威子府ー浜頓別ー宗谷へとひた走り、ついに最北端の地に着いた。
途中、太平洋とはちょっと違う青さのオホーツク海がとてもきれいだった、
でも吹き付ける風がとても冷たかった。

泊まった民宿は親切で格安なのに蟹食べ放題でした~

翌日は旭川までひたすら走り、翌々日は札幌までグイーンと。
その日は走行距離が少なかったので、午後は久しぶりにのんびり、
大通り公園でトウモロコシにありつく。
焼きではなく茹でとうきびだったけど旨かったなあ!


翌朝出発して積丹半島を回り、噴煙を上げる昭和新山へ立ち寄った。
途中まで登るとブーツの靴底を通して熱が伝わってきて、その熱さに
たまらずすぐ下山した。


函館へ向かう途中のドライブインで帆立バター焼き定食をたべていると、CB250をじろじろ見てから入ってきた男の人が一言、「あなたが相模の人?、僕、藤沢なの」だって、
同じ神奈川(嘗ての居住地)の人に出会ってビックリ!黒色のチヨット昔のクラウンで一ヶ月かけて回るんだって言っていた。

途中で立ち寄った大沼公園、ちょっと小休止


帰路は東北を縦断する予定だったが、またまた台風が近づいてきていると知り、このまま予定通り進むと台風の真っただ中を突っ切って走ることになるので諦め、帰りもフェリーにお世話になることに決めた。(残念無念)
この年は夏から台風の当たり年だった。

最後の宿でパチリ(誰?)
(この頃の世代は長髪、パーマが多かった)


友人の家の庭で眠っていたものを2万円で譲ってもらったCB250は一度のトラブルも無く2,400㎞余りを走り抜いてくれた。



おしまい(遠~い遠~い思い出でした)

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

コメント一覧

king20-io(J-Blue)
>たまボブさん
こんにちは!
青春の一ページでしょうか! 良いですね。
私も海道は4回位行っていますが、いずれもツアー旅行がほとんど
最初に行ったのは20年前ぐらいでしょうか
私も20代~30代に掛けてカワサキZ2に乗っていた時期があります。
しかしオートバイで泊まりがけで遠乗りはほとんど行かなかった記憶が
あります。
たまボブさんの貴重な青春時代の一端拝見しました。ありがとうです。
 
fatbob1985
J-Blueさんコメントありがとうございます。
あの名車Z2に乗っていたのですか、僕らの頃は車の前にみんなバイクに乗ってましたよね(族でなく普通に)
20代の頃はGWや夏休みになると泊りがけでツーリングに出掛けていました。
北海道へ行ったのはこれ一回きりです。

ステイホーム続きで何処へも遊びに出かけていないので、
こんな昔の記事で濁しています。
mamanjyun326you
このコース、上の部分を覗くと11年前の山旅で走ったコースとほぼ一緒です。
なので懐かしいお写真に、胸をときめかせながら拝見させて頂きました。
青春の1ページを飾った「記憶に残る北海道の旅」ですね。
いいですね~、若いって。
カッコイイです、たまボブさん!
fatbob1985
たかさん、コメントありがとうございます。
11年前の山旅の時と同じようなコースでしたか、行きたい場所を繋げると似た感じになりますよね。
ここだけの話ですが、僕のは何と45年前のことで恐縮です。
この時はその日に走ることと、宿探しで撮った写真が少なくてコースをつなげるものがあまり無いのが残念なことです。
今は別人になりましたが、こんな時もあったんですよん
いい思い出になった北海道ツーリングですね。私も高校生の頃バイトで貯めた金を持ってバイクで九州へ向かいました。残り金が半分になった熊本でUターン、小倉から乗った阪九フェリー。船内で知り合った熊本NoのDT250同い年の青年、帰ってから数年「文通」していましたが今頃どうしているんだろう?なんてたまに思い出します。
fatbob1985
寅さん
九州ツーリングですか、僕は九州は行ったことがないんですよ。
あの「やまなみハイウェイ」をバイクで走ってみたいなあ。

北海道で知り合った人には写真を送ったり、Z2氏とは手紙のやりとりもした思い出があります。
この時は同じく台風と大雨で東北走破をあきらめた横浜のCB250T氏とフェリーで会って、下船後は首都高経由で横浜まで一緒に走りました。
同じ一人旅をしている人とはすぐ知り合えていいものですよね。
あの時のあの人たち、今頃どこでどうしているんだろう・・・って時々思います。

ツーリング中にすれ違うライダー同士のピースサイン、懐かしいなあ!
seytaka2745
14日間の北海道ツーリングですね~
こんな放浪の旅は学生時代だからこそ許される自由でしたよね~
僕は2週間の土方のバイト代を資金に道内で周遊券を交換しながら25日間ほど放浪していました。
あの頃はユースホステルも2食付きで800円程度だったかしら貧乏学生にも優しい時代でしたね~!
seytaka2745
14日間の北海道ツーリングですね~
こんな放浪の旅は学生時代だからこそ許される自由でしたよね
ボブさんの長髪とパーマも古き良き時代を感じて懐かしい!
僕は2週間の土方で稼いだ資金を基に道内で周遊券を交換しながら25日間も放浪していました。
札幌のジンギスカンと、蟹、夕張メロン、礼文のウニ、網走の寿司、サロマ湖の三瓶汁と行く先々で出逢う食も楽しみの一つでした。
fatbob1985
高崎さん(その1)
そうでしたね、僕よりずっと長く25日間放浪の旅を送っていたんですね。
学生の特権、気ままな長旅をしなければもったいない感じでした。
急に寒くなった道内、毎日の行き先を決めていたので行き着いた先での宿探しが大変だったのを思い出します。
でもどこでも温かく迎えてもらい親切にしていただき素晴らしい思い出になりましたよ。
fatbob1985
高崎さん(その2)
この頃は自分も友人もみんな長髪でジーンズもベルボトムが多かったなあ。
この時は予想外の寒さで天泊を止めたので宿泊費がかさみ、食費を抑えねばならず北海道の旨いものをいただく機会はちょっと少な目になりました。
それでも根室の蟹飯、長万部の帆立、ウニ、稚内の蟹、札幌の味噌ラーメンとトウモロコシはじめ宿でも北海の幸をたんまり食べました。
同じルートを辿ってもう一度旅してみたいものです。
sanpo2600
フェリー 大好きです 45年前は 
竹芝~苫小牧 フェリー あったのですね
今 関東へのフェリーが無いので 残念です
名古屋へはあるのですが・・・
fatbob1985
sanpo2600さんコメントありがとうございます。
フェリー、茨城の大洗から苫小牧行きがあると思っていたのですが、往路だけで北海道からの便は出ていないことを先ほど知りました。
日本沿海フェリーは便利だったんだなあとつくづく思います。

この旅以来、北海道へは行っていませんが、行く先々で親切にしていただき、思い出深い最高のツーリングができたと思っています。
今一度同じコースを辿る旅がしてみたいと淡い夢を見ています。
越後美人
こんにちは。
たかさん宅ではいつもお目にかかっています、越後美人と申します。
北海道をバイクで一周ですか、バイク好きなもので思わずキーボードを叩いています(^^;)
私も、こう見えても(大和ナデシコ?)学生時代は150ccに乗っていました。
中古のおんぼろだったので遠出は無理でしたので、このような記事を見ると羨ましくて仕方ありません。
バイクの旅はソロでも仲間と連れ立っても、どちらもいいですね。

本当はナナハンに乗りたくて教習所に行ったのですが、150しか持ちあげられなくて、ナナハンを諦めました。
男の子に生まれたかったです~(^_-)-☆
fatbob1985
越後美人さんコメントありがとうございます。
今年2月にスクーターでバイクライフに復活した時の記事に「いいね」等のリアクションをいただいていたので、もしやバイクに興味が?と思っていました。
学生時代に乗っていたとは、ツーリング先のどこかの空の下でお会いしたかったですね、大和ナデシコのライディング姿、見たかったなあ。

バイクなんて持ち上げられなくても走り出したらみな同じ、停車した時に片足だけでもしっかり着ければ大丈夫なんです。(倒した時は別ですが、越後美人さんならすぐ素敵な男性が寄って来て手伝ってくれますよ)
生まれ変わったらナナハンと言わずビッグバイクを颯爽と乗ってくださいね!
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「Bike」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事