灰皿猫の放言妄言暴言ブログ

見てるだけではストレス溜まることに気付いた猫が、外野の声は一切無視して世間に喧嘩を売るブログ、再び降臨!

カープ森下な話。意外に球種少ないな…

2020-02-21 06:31:37 | 日記

広島ブログ

ストレートが最速155キロと速いので、カーブで緩急をつけるだけでも効果はある。
それに高速スライダーというかカットボールと合わせて右打者のアウトコースに行く
球種はあるんだな。チェンジアップがどういう曲がりをするのかわからないが、曲がりの
大きなスライダーを習得するというならチェンジアップは右打者の胸元に沈む感じが理想
じゃないかと…スライダー含め全部右打者から逃げていく変化球だからさ。

ただ、問題というか疑問なのは、今から習得目指して使えるかどうか?
今の時期からの試投ではシーズンまでのマスターは間に合わないのが一般的。
捕手の立場からしても、どの程度の変化になるかもわからずにホイホイ投げられても困る
だろうし、シーズン中に試投様子見しながら…という余裕もルーキーでは難しかろう。
今年1年かけて習得して来期以降から使う―が無難じゃないかなぁ?
ま、これは森下に限らんけど、投手なら左右打者の胸元に食い込む系の変化球も最低1種類は
マスターして欲しいよね、内角攻めするっていうならさ。




広島ドラ1・森下、休日返上 4つ目の変化球習得へ大瀬良先輩直伝の握りで試投

2/18(火) 5:30配信

スポニチアネックス

 ◇沖縄キャンプ(2020年2月17日)

 広島のドラフト1位の森下(明大)が、大瀬良、遠藤とともに休日返上でキャッチボールなどで調整した。

 18日にシート打撃に登板する右腕は「実戦が近づいているので調整したかった。明日は今持っている力を出してアピールしたい」と意欲を見せた。

 キャッチボールでは大瀬良にスライダーの握りなどを聞き試し投げすると「途中から、きゅっと曲がり始めて。良いスライダーを投げてました」と大瀬良も語るセンスの良さをのぞかせた。カーブ、カットボール、チェンジアップに加え、4つ目の変化球習得へ、森下は「ブルペンでもやってみようかな」と乗り気だった。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 同じお題でブログを書こう~... | トップ | サンフレな話。ポケット日程表… »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふぃーゆパパ)
2020-02-21 09:37:27
球種れば通ずとも言いますし・・・w
まぁ…良いですけどね(^^;) (灰皿猫)
2020-02-21 11:16:51
ふぃーゆパパ様

あんまり窮して欲しくは無いんですが(^^;)
いや、それにしても参りました!大したもんですよ、ホント…

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事