灰皿猫の放言妄言暴言ブログ

見てるだけではストレス溜まることに気付いた猫が、外野の声は一切無視して世間に喧嘩を売るブログ、再び降臨!

カープな話。未だに薮田が先発候補に残っていることに驚いた(^^)

2020-02-15 06:31:28 | 日記

広島ブログ

まぁ出遅れ必至の祐輔の分はしょうがないが、大瀬良に九里、ジョンソンの3本柱以降が弱いのが…
床田は実戦でとりあえず結果は出したがブルペンではよくない状態が続いていたそうだし、日刊
スポーツ紹介の先発候補の遠藤、山口、アドゥワ、薮田は紅白戦でケチ付けたし、4番手5番手に
プロ未経験のルーキー森下がクローズアップされるようでは、143試合の長丁場を戦う上では論外
だと思うのだが…2軍からイキの良いのが出てこないのだろうか?水本さん、どうなの!?




広島先発ローテ争いゴング!練習試合3連戦で振るい

2/12(水) 6:00配信

日刊スポーツ

広島佐々岡真司監督(52)が11日、14日から始まる対外試合3連戦で若手先発陣のサバイバルを宣言した。

11日で宮崎・日南キャンプを打ち上げ、1軍本隊は沖縄へ移動した。キャンプ前半戦を振り返った指揮官は「期待していた先発入りを目指す若い選手がなかなか結果を残してくれていないのが残念」と指摘。期待の若手開幕ローテーション候補の遠藤、山口、アドゥワらがシート打撃や紅白戦で精彩を欠いたことに苦言を呈した。

沖縄での2次キャンプでは14日から練習試合3連戦が組まれている。指揮官は「サバイバル。どんどん人数が減ってくる中で、残れるかどうか」と言及。14日ロッテ戦(コザしんきんスタジアム)は遠藤、15日阪神戦(かりゆしボールパーク宜野座)はアドゥワ、16日中日戦(北谷)は床田が先発する予定。山口も3連戦のいずれかの試合で長いイニングを投げる予定だ。

練習試合3連戦の位置づけについて指揮官は「生き残りをかけた戦い。当然(降格の対象に)なる」と明かした。「練習試合で投手、野手ももう1度引き締めて、競争意識を含めてやってほしい」。いよいよ開幕1軍への生き残りをかけた戦いのゴングが鳴る。【古財稜明】

◆開幕ローテーション候補(背番号順)

九里、大瀬良、森下、野村、薮田、床田、K・ジョンソン、山口、アドゥワ、遠藤

コメント   この記事についてブログを書く
« 自分が間違ってるのか!?と... | トップ | こういう馬鹿餓鬼はいっそ轢... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事