灰皿猫の放言妄言暴言ブログ

見てるだけではストレス溜まることに気付いた猫が、外野の声は一切無視して世間に喧嘩を売るブログ、再び降臨!

サンフレな話。大迫(GK)、その意気や良し!!

2020-02-03 21:31:50 | 日記

広島ブログ

先日の中国新聞で、37歳だっけ?の林が好調さを見せているという記事を読んだばかりだったし、
大迫は日本代表に選ばれたとはいえ戦績はイマイチ。
何時、その座を奪われてもおかしくないのだから焦ってるだろうなとは思うが、


>まずは自分のポジションを奪うこと

うん、強力なライバルに負けず試合に出る、そして勝利という結果を出せば最少失点という目標も
必ず付いてくる。それが正真正銘の日本代表にも近付くのだから頑張れ!
あ、でもサンフレは忘れちゃだめよ?(^^)




広島GK大迫「今年はなんとしても」最少失点ねらう

1/31(金) 19:12配信

日刊スポーツ

日本代表でサンフレッチェ広島のGK大迫敬介(20)が今季リーグ最少失点を誓った。

この日は宮崎キャンプ2日目。全体練習ではGKながら、フィールドプレーヤーに混ざり、ピッチの4分の1程の広さでパス回しに参加した。「代表で森保さんもやることもありますし、広島は特にキーパーからつなぐっていうのがコンセプトとしてあるので、日頃からやってます。(キックの)精度が上がるのもありますし、狭いコートであれだけの人数がいる。ゲームより難しいシチュエーションでやることで、ゲームが少し楽に感じたりすることはあると思います」と語った。

宮崎市の気温は11度。肌寒さも感じ、体調にも気をつけなければならないが「手洗いうがいしてれば大丈夫と聞いたので、しっかりやってます」と体調は万全だ。

今季の目標について問われると「まずは自分のポジションを奪うこと、昨年は(チームの)タイトルを取れなかったので、取りたいということ。リーグ最少失点を目指した中で、2位だったので、今年はなんとしても最少失点を1つの目標にしてます」と力強く宣言した。

コメント

さすが「恨」しかないチョンコロ政府だ、コロナウイルスより日本「だけ」批判が重要とは…

2020-02-03 16:31:49 | 日記

広島ブログ

まぁ違う意味で「見事」と書いてあげましょうか…1京%以上、厭味だけどさ(^^)
こんなチョンコロと仲良くしようとか、好きだとか言ってるキチガイ追っかけが広島には
多いからホント度し難い連中だが、いっそ日本から出て行ってくれんかな…
日本に居ても窮屈なだけだろうしねぇ?
コロナウイルスに感染しても日本叩きに専念するムンコロ一派なら大歓迎するだろうし。




「放射能は忌避、コロナには寛容」の文政権に大批判

2/1(土) 6:00配信

JBpress

 中国・武漢で発生した新型肺炎が全世界に広がっているが、韓国も例外ではない。

 1月20日に初めて確認された韓国内の新型肺炎感染者は、31日現在で11人にのぼる。二次感染による感染者の他、中国以外の国では初めて三次感染者がでるなど事態は深刻化しており、中国と地理的に近い韓国国民の恐怖心も日増しに高まっている。それと同時に、文在寅(ムン・ジェイン)政権が過度に中国のご機嫌を伺っているという批判も増えているのだ。

■ ネット上には「ノー・ジャパン」を模した「ノー・チャイナ」ポスターが出現

 「中国発コロナウイルスが拡散しています。北朝鮮でさえ中国人の入国を禁止しており、春節期間だけでも一時的に(中国人の)入国禁止を要請します」

 1月23日、大統領府の掲示板に掲載されたこの請願には、31日までに60万人を超える韓国国民が賛同した。大統領府側はまだ回答を出していないが、主務省庁である保健福祉部の朴淩厚(パク・ヌンフ)長官は29日、「特定の国家の国籍を基準に(入国を)禁止することは極めて大きな問題を引き起こす恐れがある」「国際法上に難しい」と説明している。

 しかし、すでに韓国社会のあちこちで、自発的(? )な「中国人立ち入り禁止」措置が行われだしている。中国人客を拒否するホテルやレストラン、中国人の乗車を拒否するタクシーなどが増えており、中国人密集地域への配達を拒否する配達労組も登場した。

 ネット上では昨年大流行した「ノー・ジャパン」ポスターを模した「ノー・チャイナ」ポスターが登場した。

 中国の五星紅旗が描かれたNOという文字の下には「ボイコット・チャイナ コロナウイルス」という掛け声とともに、「死にたくありません、受け入れたくありません」と書かれている。ノー・ジャパンのポスターの「行きません、買いません」をパロディーしたものである。

 他にもSNSでは「中国人はウイルスそのもの」「コウモリを食べる未開な人種」など、差別的な表現が溢れている。

■ K-POPアーティストの公演も続々中止に

 新型肺炎と中国人に対する恐怖はK-POP界にも影響を及ぼしている。

 海外コンサートに対する韓国ファンの不安が高まり、芸能プロダクションが所属アーティストたちの海外コンサートはもちろん、海外ファンの参加が予想される韓国内コンサートも相次いで取り消しているのだ。

 ハンギョレ新聞のインターネット版は、「最近、BTSの韓国ファンの間で、4月にソウルで開催されるコンサートに中国人の出入りを制限してほしいという内容の書き込みが増えている」と報じた。

 このように韓国社会で中国と中国人に対する嫌悪に近い忌避現象が拡散されていく中、文在寅政権は自制を要請するメッセージを連日のように発信している。

 例えば大統領府は、韓国メディアが新型肺炎を「武漢肺炎」と報道することに対し、対中感情の悪化につながる懸念があるとして、用語を変更するよう要請した。

 「外交的波紋を考慮して武漢肺炎よりは新型コロナウイルス感染症という名称を使ってほしい」

 与党の共に民主党の李仁明(イ・インミョン)院内代表は、韓国メディアや国民に自制を求めた。

 「こんな時であればあるほど韓中両国間の反感を煽る行動を自制しなければならない。中国は末永く、共に歩んでいかなければいけない大切な友だ」

 外交部は、中国にマスク200万枚と500万ドルの緊急支援を発表した。文在寅大統領はインターネットなどで広まっている新型肺炎関連のフェイクニュースを厳しく取り締まることを指示し、「国民は政府を信じて過度に不安がらないでほしい」という特別メッセージを繰り返し発表している。

 もちろん、文在寅政権のこのような態度は極めて常識的な行動と言えよう。だが一部では、文在寅政府と与党の人々が同盟国である日本に見せた行動と照らし合わせ、「あまりにも過度に中国の顔色を窺っている」と非難している。

■ 「日本へはフェイクニュースで攻撃したのに・・・」

 韓国経済新聞は民主党のダブルスタンダードを次のように皮肉った。

 「民主党が同盟国である日本にはフェイクニュースを用いて攻撃し、実際に国民の安全に脅威になっている武漢肺炎には寛大な立場を見せているという批判が出ている」

 「共に民主党は昨年の8月、日本の放射能問題と関連づけて『東京オリンピックボイコット』や『日本旅行規制』など強硬な主張をした」

 「当時、崔宰誠(チェ・ジェソン)共に民主党の日本経済侵略対策特別委員会委員長は、ラジオのインタビューの中で、“それ(放射能)が基準値よりはるかに大きく検出されたため、(日本)全域へと旅行禁止地域を拡大すべきだ”と主張した。実際、特別委員会は外交部に“日本旅行規制措置を検討してほしい”と公式に要請した」

 中央日報も、文在寅政権の中国への“隷属”を批判している。

 「文在寅政権の習慣は分裂だ。それは外交にも適用される。その路線はずばり、親中・反日だ」

 「このような疑いは病名問題に広がった。青瓦台(大統領府)は"武漢肺炎"の名称を政府内から一掃し、公式名称"新型コロナウイルス感染症"を使用することにした。それに反発する世論も相当ある。『発源地が消された。中国を意識しているのか。日本脳炎や香港インフルエンザはそのままなのに』」

 韓国政府は4機のチャーター機を飛ばして武漢にいる韓国人を輸送すると発表したにも関わらず、実際に向かった輸送機は1機だけ。こうして半数以上の韓国人を武漢に残してしまった韓国政府の外交力に対する叱咤も目立つ。

 「韓国政府は中国の立場を考慮して、大統領府が異例的に直接乗り出して、武漢肺炎を“新型のコロナウイルス”と命名し、マスクも日本の2倍の200万枚を送るなどの救援物資支援に積極的だった。30日には、朴淩厚長官が500万ドル規模の対中国人道的支援に乗り出すと発表した。それでもチャーター機の運行と関連して韓国側の要求事項が貫徹されなかったことなどから、外交力の限界が露出したと評価されている」(毎日経済新聞)

 一連の報道に対し、政権寄りのメディアは、「保守野党と保守メディアが国家的な災難事態を政治的に利用しようとしている」と非難している。

■ 前政権時代には国家的危機を利用して政権攻撃をしたのに

 だが、朴槿恵(パク・クネ)大統領時代の民主党の行動を振り返って見たらどうだろうか。

 当時の民主党代表だった文在寅氏と野党だった民主党関係者らは、 中東呼吸器疾患MERSが韓国内で拡散した時、国会でピケを張るなど、連日のように政治攻勢に乗り出した。文氏は「MERSのスーパー伝染者は朴政権だ」「セウォル号惨事の次は MERS惨事か!」と朴政権を猛烈に攻撃した。朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は真夜中に記者会見を開き、「準戦時状態」を宣布して韓国国民を不安にさせた。THAADの韓国内配置をめぐり、朴政権が国民世論の反発に遭って追い込まれた時は、民主党議員が先頭に立って、THAADの電磁波が人体に致命的だというフェイクニュースを拡散した。 31日、韓国ギャラップが発表した文在寅大統領の支持率は41%と、曺国スキャンダルの真っ最中のときと同じような急激な下落を見せている。政権の生死がかかった総選挙を2カ月あまり先に控えたこの時期、突然の「中国発リスク」に文在寅政権の悩みは深まっている。

コメント

毎日1パック食べてるわけじゃないが

2020-02-03 11:31:48 | 日記

広島ブログ

納豆は好きですね。
食べる時は週3~4個は食べてます。
3パック入りで、山葵風味の奴があるんですが、それが今のお気に入り。
まぁ、死亡リスクが下がるとはいえ生物である以上、〝老い〟や〝死〟は避けられませんし
日頃は不養生の極みみたいな生活してるし、何よりも寝たきりにはなりたくないしボケてまで
長生きしたいとは思わないのでこういう記事を読んでもあんまり嬉しくは無いかなと。
ただまぁ、納豆がもっと評価されても良いんじゃないかとは思ってたから、こういう納豆を
評価する記事自体はもっと読みたいなと思った次第。


納豆1日1パック、死亡率10%減 9万人を追跡調査

1/30(木) 9:49配信

朝日新聞デジタル

 納豆やみそなどの発酵性大豆食品をよく食べる人は、そうでない人と比べて10%死亡率が下がるという調査結果を、国立がん研究センターの研究チームがまとめた。

 チームは、国内の成人男女約9万人を1995年以降、平均15年間追跡調査した。食事内容を聞き、大豆食品や発酵性大豆食品を食べた量により五つのグループに分類。ほかの食品による影響や、降圧薬を使用しているかなどの影響を取り除いて分析した。

 発酵性大豆食品を最も多くとるグループ(1日におよそ50グラム)は、最も少ないグループと比べて男女ともに約10%死亡率が低かった。50グラムとは納豆1パック程度。食品別に見ると、女性では納豆やみそを多くとると、死亡リスクが下がる傾向が顕著だった。

コメント

カープ大瀬良な話。まぁ、中日との相性の良さもあったし(開幕投手は)当然よね

2020-02-03 06:31:56 | 日記

広島ブログ

前にも書いたが昨年の大瀬良の対中日成績は6試合で4勝1敗(3完投)、防御率は1.52。
これで開幕シリーズに中日戦に使わない手は無いだろうというくらいだったし、佐々岡の判断は
悪くないと思う。本人も意気に感じてるだろうし、記事にもあるようにそういう意気込みが戸田や
床田を巻き込んだ軍団づくりにもなっていったのだろう。
戸田も床田も〝リーダー〟の意欲・意識を無駄にすることなく今期に生かせてくれたら本当に嬉しい。
特に戸田は唯一の2軍スタートだが這い上がれよ!!後から入った床田に負けるんじゃねーぞ!?




広島・大瀬良 ハンパない教え魔ぶり

2/1(土) 13:05配信

東スポWeb

 広島・大瀬良大地投手(28)が異例の早さでの開幕投手指名に燃えている。31日に春季キャンプに向けて宮崎・日南入りした佐々岡真司監督(52)は「開幕(投手)は伝えてあります。エースとして、投手陣の柱として引っ張っていってくれという気持ちで早めに伝えた」と大瀬良にすでに通達済みであることを明かした。

 2015年に緒方前監督がキャンプイン前日に前田健太投手(31=現ドジャース)の開幕投手を明言したことがあったが、広島では異例の早さでの発表。2年連続2回目の大役に右腕は「この時期に指名してもらうということはそれだけ責任と自覚が必要になる。チームを引っ張っていけるように気を引き締めて頑張っていきたい」と意気に感じている。

 すでにその効果は表れているようだ。開幕投手は年末に電話で伝えられたが、年明けから“教え魔”ぶりを発揮しているという。自主トレでは弟分である戸田のブルペン入りを直接チェックするため、自身の練習の場もマツダスタジアムではなく車で約40分余計にかかる大野練習場にするなど後輩の成長のために労を惜しまず徹底的に指導。さらに、単独で自主トレをする床田に声を掛けて大瀬良軍団入りさせるなど、投手陣の底上げに向けてあの手この手を尽くしている。

 チーム関係者は「普段は優しいが、野球に関しては厳しい面を持っていて言うことは言う。開幕指名でさらに自覚が増したんだろう」と目を細める。大瀬良のグランド内外の活躍がV奪回の鍵になりそうだ。

コメント