日々のいろいろ(小2・小6とのバタバタな毎日)

家事、育児、趣味、仕事…について徒然なるままに

nasi gorengもどき🍳

2019-03-06 19:06:36 | æ—¥è¨˜
いつでも使えるように、と冷凍ご飯をせっせとためこんだら、冷凍ご飯用タッパーを使い切ってしまった。そろそろチャーハンかオムライスを作らないと!…というわけで、オットが飲み会の今日は女子3名で簡単にフライドライス計画。

直前までチャーハンの予定だったけど、冷蔵庫を覗いて「そうだ!久しぶりにナシゴレン食べたいなぁ」と思いついた。

nasi gorengは、インドネシアやマレーシアのチャーハンである。nasiが「飯」gorengが「揚げる」らしい。英語のfried riceと同じだね。具は色々らしい。とりあえずチャーハンなのだな!ってことで我が家流ナシゴレン。


留学中にアジアの味(シャレ?)が恋しくなって、料理本を買い作ってみたりしましたが、ナシゴレンもその中にありました。ポーランド語で書かれたインドネシア料理のレシピを見て作りおいしいと喜んでいた日本人…だったわけ。

その記憶をたどり、たまに作っていますが、アジアらしい奥深い味(?)を作るためにめちゃくちゃいろんなものを入れます😅

しょうが、にんにく、鶏ひき肉、人参、ピーマン、玉ねぎ、白菜、ごはん、ケチャップ、鶏がらスープのもと、オイスターソース、塩胡椒、だししょうゆ、あと目玉焼き

しょうがはやや多めにするとスパイシー
オイスターソースはいれすぎない
ケチャップは酸味と甘みを出す程度
鶏がらスープは多ければとりあえず美味しい
塩胡椒も味見して物足りなければいれる
仕上げのこがし醤油はやっぱり美味しいな…以上がコツ(?)

本場では、目玉焼きだけでなく、海老揚げせんやスライスきゅうりをそえたり、なかには薄焼き卵で包んでしまうナシゴレンパタヤなるものもあるようだ。オムライスだねぇ。

ところで。食べながらムスメ大が

「あれに似てるね。えーっとなんだっけ…あれあれ。あ!ガパオライス」

と言えば、ムスメ小は

「ナシゴレンとガパオライスのちがいはいったいなんですか?」

と言う。
(※この会話だけでも両名の脳ミソがいかに違うかおわかりになるでしょう)

…はいはい。ガパオライスはバジルを入れるんだよね。確かに似てるかも。

ガパオライスはタイ料理で、現地で「ガパオライスください」と言っても通じないとか。「ごはん と バジル」を食べるの?と思われるんだとか。笑

正しくは、「カウ(飯)パッ(炒める)ガパオ(バジル)ガイ(鶏肉)ください」と言えばよいとのこと。最後の単語を「ムー」に変えれば豚肉に、「タレー」に変えればシーフードのガパオライスが食べられるらしい。ちなみにタイでは「ホーリーバジル」という種類のバジルを使うそうな。どんなバジルなんだろう…

最寄駅の近くに、とても美味しそうなにおいが漂ってくるお店があるのだが、ほとんどお客が入ってるのを見たことはなく、しかもチキンの丸焼き的なものがメイン??みたいで、どうにもトライする気になれない。確か、インドネシア料理屋さんだった気が…。もしや独特のハーブとか使ってるのかなぁー。うーん、どうしよう…気になる気になる。でもなぁ、外装内装赤いんだよねぇ…どうも入る気がしないんだよねぇ…(視覚は嗅覚にも勝る?確かに料理は見た目が大事だ。そのあと落胆する可能性はあるものの…)
コメント (2)   ã“の記事についてブログを書く
« è—¤å¯Œä¿ç”·ã®è©© | ãƒˆãƒƒãƒ— | ã²ããŸã•ã‚“ »
最近の画像[もっと見る]

2 ã‚³ãƒ¡ãƒ³ãƒˆ

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ごんだなおこ)
2019-03-13 11:59:34
このブログ、すっごい久しぶりに拝見しました、数年ぶり?夫はいつも拝見していた模様。インドネシアは夫が行っていたから、ナシゴレンだの、エビ煎餅(揚げるとフワーと膨らむヤツ)とか、プダスという甘い唐辛子のソースとか食べていたよ。ナシゴレン手作りという発想がなかった!プダスかけるとまたグッと本格的になるよ〜
Unknown (fasorka)
2019-03-13 12:46:32
ありがとう!!ブログ引っ越したのに、ゴンダセンセご覧になって下さってたんだねー。感謝感謝(^∇^)
初めてきいたタレ(?)の名前が覚えられないが、日本でも売ってるのかな?うちのはモドキだからね…本物は違う味なのだろうなぁ〜笑

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「日記」カテゴリの最新記事