マンション管理のお勉強日記+スピリチュアルなブログ:飯田史彦教授 江原啓之氏 坂本政道氏等の精神世界の書籍を読んで

先立った最愛の彼女といつか必ず逢いたい…彼女が枕元に置いて逝った江原啓之氏の書籍…Spiritualな世界の存在を信じて

良い日本製のフライパンに出会いました。

2019年08月18日 22時51分14秒 | □私の気ままな話
最近、仕事に追われて自炊をしていなかったのですが、
実は仕事に追われて・・・という理由だけではなく、
いつも料理を作る時にフライパンを使用するのですが、
使用後のこびりつきが綺麗に落ちず、自炊するのが
億劫になっていました。

私が異動のため、実家を離れて1年5ヶ月が経ったの
ですが、フライパン(26cm)は、今まで4回買い換え
ました。

ばたばたしていたということもありますが、近くのスーパー
に立ち寄ったときに、1,200円~1,300円もののフライパン
を買っていました。

数万回使用しても焦げ付かない、金属ヘラでも大丈夫と謳った、
ふっ素加工(デュポン社がもつフッ素樹脂の登録商標だそうです。
テフロン加工と同じだそうです)
と書いたフライパンを買っていたのですが、ヒドイものは
初使用の1回目でこびりついたこともありました。

まさに、「安物買いの銭失い」でした。

ある程度、節約も考えて料理するのであれば、やはり
「道具」は大事ですね。

ここ数日、そろそろ自炊を再開しないと・・・と思って
いました。
そして、1番に浮かんだのが「フライパンを買い替えよう!」
でした。

ちょっと炒めたり、焼いたりするのに26cmのフライパンは
重宝します。

そして、今日、コメリで見つけたのが、


このフライパンでした。
HOKURIKUALUMIさんのフライパンです。

まず「日本製」のものを買おうと決めていました。
そして、コメリの大型店に立ち寄った際に、調理器具の
コーナーを見ていましたら、中国製が大半の中、
ズッシリとした重さのある日本製のフライパンを見つけ
ました。

Teflon ☆☆☆☆☆ プラチナ
(ちなみに、テフロンはケマーズ社の登録商標だそうです)

内面高密度3層ふっ素樹脂加工

外面全面2層グラッド
また外面は、
アルミニウム合金=高い熱伝導率ですばやく加熱
ステンレス=優れた保温性で調理をサポート
とのことでした。

そして、安心なのが、家庭用ガスコンロ、ラジエントヒーター、
ハロゲンヒーター、エンクロヒーター、シーズヒーター、
家庭用IH、すべての熱源に対応のフライパンです。

重さの記載はありませんが、900gはあるかと思います。
購入価格は税込で4,000円くらいです。

そして、夕食は自炊することにして、炒めものを作りましたら、
まずコンロにしっかりと座り、今までの他のフライパンの
ようなガタツキがなく、加熱も大変早く、ササっと炒める
ことが出来ました。

そして、使用後は、すぐに洗うようにしているのですが、
バッチリ!こびりつきなど一切なく、サッと洗って終了。

見た目は、よくあるフライパンですが、これほどまで、
モノ(品質)の違いってあるのかとしみじみと感じ入りました。

そこで、
ってどんな
会社なのかな?と思い調べましたら、富山県の高岡市にある
会社さんで、北陸アルミニウム株式会社さんでした。

素晴らしい経歴と実績のある会社さんでした。

高岡市?!
そう、私もちょうど1年前、8月のお盆前まで富山に住んで
いまして、高岡市のイオンモールや北海道ではよく見かける
家電量販店の100満ボルトなど、よく立ち寄っていました。
そして、富山を離れる際に行っておきたいと思い、訪れたのが、
 
高岡山瑞龍寺でした。

異動となり、関東へ引継ぎで行くときには、路面電車に乗って
高岡駅へ行き、そして新高岡駅から北陸新幹線で向かいました。

高岡市ですか。とても良い街でした。
コメント   この記事についてブログを書く
« イオンゴールドカード復活し... | トップ | 令和元年8月統計情報:ブラッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

□私の気ままな話」カテゴリの最新記事