マンション管理のお勉強日記+スピリチュアルなブログ:飯田史彦教授 江原啓之氏 坂本政道氏等の精神世界の書籍を読んで

先立った最愛の彼女といつか必ず逢いたい…彼女が枕元に置いて逝った江原啓之氏の書籍…Spiritualな世界の存在を信じて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高速バス事故のツアー主催会社が自己破産ですか。。。

2012年07月02日 20時24分39秒 | □私の気になる記事
高速バス事故のツアー主催会社が自己破産申請へ
帝国データバンク 7月2日(月)18時28分配信

 (株)ハーヴェストホールディングス資本金5000万円、
大阪府豊中市庄内東町3-9-14、代表大屋政士氏、従業員50名)
は、7月2日に事業を停止し、事後処理を松田敏明弁護士に
一任、自己破産申請の準備に入った。

当社は、1995年(平成7年)12月に設立。当初は、社内旅行や
個人向けの旅行斡旋のほか、旅行会社への添乗員派遣業務も
行っていた。
2005年4月に(株)ハーヴェストツアーに商号変更、2006年8月
にはバスを所有し自社運行を開始。2007年8月に現商号となり、
バス保有台数を増やし、「ハーヴェストライナー」の名称で
運行する夜行バスを中心に手がけていた。また、旅行代理店
などへの貸切バス事業でも積極的な受注を行ったことや、
ツアーバスの増便により、2011年1月期には年収入高約30億
6400万円を計上していた。

しかし、自社運行を開始した2007年1月期が赤字決算となって
以降、同業者間の競争激化やデフレの影響により高速バスの
運賃や貸切バスの受注価格は下落、辛うじて採算を維持する
のが精一杯の状況が続いていた。2012年1月期は、東日本大震災
の影響により旅行のキャンセルが相次いだが、ツアー価格を
大幅に引き下げるなどして年収入高は約32億6600万円を計上
したものの、約2億2800万円の最終赤字となり、財務面でも
債務超過に転落していた。2012年1月にはHS観光バス東京営業所
で整備管理者に運輸局長の行う研修を受けさせていないとして、
行政処分を受けるなど管理体制にも不備を抱えていた。

こうしたなか、今年4月に当社が主催したバスツアーが関越
自動車道上り線で運転手の居眠りにより乗客7名が死亡する
事故を起こし、以降は高速バスの運行を休止していた。

事故を起こしたバスの運行は下請業者が行っていたが、当社
自身にも多数の法令違反があったことから業務停止処分を
受ける方向となり、先行き見通し難から、今回の措置となった。

負債は2012年1月期末時点で約6億7200万円。

なお、同時に関係会社の(株)HSサポート(東京都新宿区)、
(株)ハーヴェストサポート(名古屋市中村区)、
(株)HS観光バス(富山県南砺市)、(株)HS観光バス
西日本(大阪府豊中市)も事業停止し、自己破産申請の準備
に入っている。

・・・

この会社で、必死で働いていた社員の方々も犠牲者のように
思います。

会社の内情も赤字で火の車だったようですが、やはりいくら
厳しい経営環境の中でも安全を無視した商売は、いつかは
このような大きなリスクを背負い、全てが台無しになって
いくものなんだと痛感しました。

運行を任せた傭車のバス会社の経営モラルの低さから招いた
高速バス事故ですが、安かろう不味かろうでは通らない
人の命を預かる仕事ですので、管理不行き届きでは済まされ
ないというのが、今回の自己破産という結果だと思いました。

また、それだけ重要で大切な、そして責任のある仕事(バスの
運行)でもあると言えますよね。

夜行バスや高速バスのおかげで、早く効率的に目的地まで
行ける点は、利用者の皆さん共に感謝している仕事だと思い
ます。

高速ツアーバスの利用客数は2010年で推計600万人と
高速ツアーバス連絡協議会(2011.1.14)で報告されています。

それだけ多くの方に期待されて、そして利用されている
交通機関ですので、是非とも安全第一で運営して欲しいと
思いました。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« あっという間に・・・今日か... | トップ | もう7月中旬。どんどんと、... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
道路 (わんわん)
2013-11-25 01:19:47
国土交通省だっけ?
あれの責任なんだよ結局
国土交通省も必死になって責任なすりつけてる
擦り付けられた方も擦り付ける…
なんじゃこりゃ

居眠りはあかんとおもうけど
道路ちゃんなってりゃあ
あんなこったならんかったやろ…

コメントを投稿

□私の気になる記事」カテゴリの最新記事