ファース本部の福地会長・毎日更新の携帯ブログ

ファースの家・開発者 福地建装 代表取締役会長 福地脩悦の毎日更新の携帯ブログです。

既成観念が選択肢を狭くする…函館~北斗市

2008年10月27日 19時28分37秒 | Weblog
以前に見たり聞いたり勉強したりして、自分自身がよく知っていると思っていた、技術ノウハウや情報があります。特に住宅に関する情報は、毎日、多くの情報が乱れ飛んでおります。

かつて使用して大失敗を経験した建材などは、二度と使用したいと思わないものです。
何故、失敗をしてしまったのかの検証すらせずに、その建材に問題があったと言う観念が定着してしまったらどうでしょうか。場合によっては、失敗の要因が建材のそのものではなく、使用法や施工方法に問題があったのかも知れません。

「建材が悪い」と言う観念が、その建材の持ち味を帳消しにしてしまう場合があります。
工務店やユーザーさんも、偏った情報によって、偏見を持ってしまう事があり、良いものを選ぶ選択肢をせまくしてしまいます。多くの情報に偏見を持つのでなく、もう一度、検証してみる必要がありそうです。

今日は、現在のオール電化住宅に関する様々な状況を勉強するために、本社のスタッフ全員を対象にした、電化住宅研修会を行ないました。講師に北海道電力「ほくでんサービス㈱」方々に来て戴きました。私達、ファース本部は日本で始めてホール電化専用の住宅工法を創り上げ、電力会社や工務店に普及推進の指導啓蒙を行なって来ました。

自分達が指導して来た事を、異なる視点で勉強すると、気付かなかった多くの情報を学ぶ事が出来ます。今日は弊社ハウジング事業部の柳田次長の提案で今一度、自分達がやって来た電化住宅を再検証しようの掛け声で行ないましたが、彼の提案を当初は「今更?」と思う社員や役員も居た事でしょう。しかし、学ぶ事や考え直す事が多くありました。

今更と思う事なかれ…今更の情報の中に時代変化に伴う新情報が多く含まれております。
写真は講習終了後に撮りました。講師陣の「ほくでんサービス」左から出村泰弘さん、中田宏見さん、そして安達佳春さんです。今日は午前中、家庭裁判所での調停業務を行い、午後は夕方まで電化勉強会に受講者として参加しました。このような機会も善いものです。

今年の最低気温を記録した北海道でしたが、本当に寒さを感ずる一日でした。
家スペシャルfasオフシャルサイト毎日更新
ブログ総集編
函館市・北斗市周辺の方々は

コメント   この記事についてブログを書く
« 問題の多いスカスカ性能のオ... | トップ | 方向違いの報道…北斗市 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事