ファース本部の福地会長・毎日更新の携帯ブログ

ファースの家・開発者 福地建装 代表取締役会長 福地脩悦の毎日更新の携帯ブログです。

社会ルールと天災の報復…北斗市

2008年10月18日 16時21分23秒 | Weblog
火は猛威を奮うと大火事となり、山林や市街地までも燃やし尽くす事があります。
水は氾濫すると大洪水となって、田畑や市街地までも飲み込んでしまう事があります。
火や水は、私達に様々な恩恵を与えながらも、扱いを間違うと悪魔にも変身します。
人々は火や水の大切さと怖さを知っているから扱いの「決め事」守っているのでしょう。

このような自然の「決め事」を破れば自らの身を滅ぼす事を肌で感ずるからでしょうか。
人の決めた法律、規約などの「約束事」は、守らなくとも生命に直接関わらず、時には上手に逃れて得をしたような気がする事が、これはとんでもない間違いです。

法律や規約などは、二人以上の人間が生きてゆくために無くてはならない約束事であって、人間社会のルールだと言えます。人は皆、他人が作った食物を、他人の作った器で、他人の作った燃料で調理、他人の作った食器で口に運んで生き永らえています。
衣服も、住居も同じ事で、自分一人だけでは決して生きてゆけるはずもありません。

社会ルールを守れない人には、いつか必ずその報復を受ける事になるでしょう。
詐欺師、泥棒などのように、全うな働きもせずに生きいては、幸せな人生と絶対に言えないのです。社会ルールを破って出来た資産は、その資産そのものが、その人自身と家族、関係者を不幸へと導いてしまいます。社会ルールの基本は時間厳守と挨拶だそうです。

お年寄りの不安を煽り立てて、詐欺を働く「振り込め詐欺」が横行しています。
この詐欺師達には、間違いなく不幸が襲い掛かって来るでしょう。他人を不幸にして得た金銭で自分の衣食住を賄った時、その衣食住の生産に関わった何十万人と言う人々の心情をも踏み躙っているのです。

あるネット情報では、シンクタンクの文献に、自然災害で被災した人の中に、詐欺師達やその家族が多かったと言う記述がありました。そう言えば昔から「お天道様が見ているよ」と戒められた事があります。悪い事をすると天災の報復を受けると言う事のようです。

写真は本社前から北斗市の西側を撮ったものですが、天を怒らせると怖そう…
明日は久々に休養日となれそうな気がします。

家スペシャルfasオフシャルサイト毎日更新
ブログ総集編
函館市・北斗市周辺の方々は

コメント   この記事についてブログを書く
« 広告宣伝費は誰が負担するの... | トップ | タバコの価格と禁煙効果…函館... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事