愛犬ラッフル

小型ミックス犬、ラッフルと過ごした思い出の日々を風景写真とともに・・・!

ショッピングモールで、痩せている凄い若い女性に遭遇した。

2017年07月31日 | 日記
まるで教科書に載っている骸骨の標本みたいな足をした若い女性に遭遇した。


骨と皮だけの足をしていたが、その女性は、自分がいかに痩せてスタイルが良いかを周りの人たちに

見せるように、痩せた腿が見えるくらいの超ミニスカートであったので、なおさら驚いた。


自分では、スタイルが良い、と信じているようだ。


本人には申し訳ないが、周りで見ている人たちは、気持ちが悪かった。

まるでアウシュビッツの犠牲者のような痩せ方であった。


今の若い女性は、それほどまでして痩せたいのか、その人が特別なのか

年寄りには、よく分からない。
コメント

浦和レッズ ミシャ監督を解任、残念だが仕方ないか。

2017年07月31日 | サッカー
レッズは、ペドロビッチ監督を突如解任した。


監督に就任し7年目になった今年は、4月から不振が続いていたが、レッズ初の長期監督であった。

下位に低迷したレッズを毎年優勝争いをする強豪にしたが、今年は、現在8位と低迷し、

このままズルズルと敗戦が危惧される雰囲気があった。


就任してから自分が育てた広島の選手を引き抜き、まるで広島のチームのようで、

サンフレッズなどと言われた時もあったが、攻撃的なサッカーで魅力的なチームを

作った。


しかし、限界があったせいか、不運も重なりJリーグ優勝はできなかった。


堀コーチが監督に就任したが、欠点の守備を見直せば、能力の高い選手を備えているので、

強くなることは間違いない。


ミシャさんは、守備よりも攻撃に力を入れており、失点しても失点しても守備を見直さなかった。

従い、相手チームはこの欠点を研究して対戦し、浦和を破るようになった。


それでも守備を見直さなかったことが、解任につながったと思う。

これから堀監督に期待したい。

守備を見直し、生え抜きの若手に機会を与え育てて欲しい。

ミシャさんになってから、有望な選手を引き抜いたが、生え抜きの多くの若手が、出場する機会が

与えられず、他のチームに移っていったことは寂しいことであった。
コメント

新宿駅の構内放送が、国際的!

2017年07月29日 | 日記
久しぶりに新宿駅に降り立った。


駅の構内放送が、あたかも空港にいるような雰囲気であった。


まず、日本語での案内に続き、英語ー中国語ー韓国語での案内であった。


2020年の東京オリンピック・パラリンピックを迎えるにあたっての対応なのであろうが、

準備が着々と進められていることがうかがえる。


東京は国際都市なので主要駅ではどこの駅でもこのような対応が、必要と思われる。

そういえば、近くのイオンモール北戸田でも館内放送が、日本語・英語そして中国語で

案内されていた。


海外からの観光客が急増しているこの頃である。

我々も国際感覚を身につけなければならない。
コメント

新国立競技場の建設が続く、病室の窓から。

2017年07月28日 | 日記
新国立競技場の建設が急ピッチで進められている。


先日、建設会社の若い現場監督が、休む暇もない仕事での心労で自ら命を絶った。

痛ましいことである。


先月6月妻が、慶應義塾大学病院に入院手術し、2週間ほど建設現場が見渡せる病室で過ごした。

私は、妻の見舞いで、毎日病室を訪れベッドが窓際であったので、建築中の新国立を眺めていた。


絵画館の建物の屋根が見え、その右側に、新国立建設中の数え切れないほどの高いクレーンが、

昼夜作動しているのが、窓からよく見えた。


デザイン・費用の問題で建設が1年以上も遅れたことから、建設が急ぎ進められているのだろうと、

思いながら、昼間のように明るく見えるクレーン群を毎日、病院訪問者の退出時間まで見ていた。


犠牲者の御霊のためにも立派で世界に誇れる日本の建築技術の粋を尽くした

新国立競技場を作ってもらいたい。

コメント

北京の大気汚染は、深刻だ。知人が北京から戻ったら、風邪かと思った。

2017年07月28日 | 日記
中国出身の知人が、北京に2週間ほで一時帰省した。


成田空港に戻った時、用事があって、電話をいただいた。


電話口の声は、かすれて風邪をひいたのではないかと思われるような

ガラガラ声であったので心配し、尋ねたら、


北京の大気汚染にやられて、声がかすれてしまった、とのことであった。


そのあと、「日本に戻って2〜3日すれば元に戻るので、大丈夫です」とのことであった。

いつものことであるらしい。


それほど、北京の空は、PM2.5で汚染され、常に生活をしていれば体に影響があるようである。
コメント