愛犬ラッフル

小型ミックス犬、ラッフルと過ごした思い出の日々を風景写真とともに・・・!

竹馬の友が亡くなった、家族からの寒中見舞いで知る。

2018年01月11日 | 人生
年末に竹馬の友が亡くなった。


会津の田舎町でうまれ近所に住んでいて、物心ついた時から遊んでいた。

小学低学年の時、休みの日には、一日中将棋をして過ごしていた時のことが、懐かしく思い出された。

私は、小学5年生の時に転校し、その後は、たまに田舎に帰った時に会う程度であったが、

お互いに子供ができた頃から、5年に一度くらいの割合であっていた。


最近は、年賀状の交換のときくらいしか消息を確認していたが、

今年は、年賀状が来なかった。


どうしたのかな、と思っていたら奥様から、寒中お見舞いの葉書をいただき、彼が

昨年末に亡くなったことを知った。


私よりも1歳若く、長らくボウイスカウトをしていて子供達を毎年キャンプに連れて行っていた

ボウイスカウトの指導者でもあった。


最近は、身近な人の訃報に接することが、多くなってきた。

すでに自分の終活の準備をしているが、そろそろ本格的に自分の人生を省みなければならない。


悔いのな人生であったことは、幸せなことである。

残された日々を充実したものにすることが、求められる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加