愛犬ラッフル

小型ミックス犬、ラッフルと過ごした思い出の日々を風景写真とともに・・・!

なぜ、子供の虐待が繰り返されるのか? 親も自身が虐待されていたのか?

2019年02月01日 | 子供
また、10才の小学4年生の女児が、虐待死した。


幼児や子供の虐待死が繰り返されている。

なぜ、虐待死は無くならないのか?


学校のアンケートにお父さんからいじめられていることを告白し、助けを求めていたが、

周りの配慮・理解が足らず、結局は父親からの虐待で死亡してしまった。


その女児の苦しみはいかばかりであっただろうか。


多くのケースの場合、父親の虐待に対して、母親は子供を守れないか、あるいは父親に加担していることがある。


母親が、本当に子供のことを考えれば、命をかけてまでも守ろうとしないのだろうか?


子供を虐待した事件の場合、親が幼児や子供の時に、自分も親から虐待された人が多いのではないか、と思う。

例えば、赤ちゃんや幼児の時に虐待を受け、成長した時に、自分では意識していないが、無意識の中に虐待経験が

刷り込まれていて、大人になって自分の子供に虐待することがある。


大変不幸なことであるが、このようなケースを救う手立てはないのだろうか。


精神的な障害を無意識に持っている病人でもある。
コメント

2才半の孫に、またもや「アイフォン持ってないの?」と言われたが、、、、。

2018年12月06日 | 子供
またもや孫に「アイフォン持ってないの?」と言われたが、

ようやく、「ケータイ」というものの名前を覚えてもらった。


そのケータイは、画面で操作できないので、なんなのかまだ理解はできてないらしいが、

なぜアイフォンを持っていないのか、不思議らしい。


今度は、「ジイジは、お仕事してないの?」と問われた。


パパや私の妻が、仕事をしているのに、ジイジはどうして「仕事」をしていないのか、も不思議らしい。


昔いっぱい仕事をしており、年をとったので、仕事は辞めた、と説明したが、

2歳半の幼児は、侮れない。


もう人生を知っているような、質問をする。


73才のジジイにとって2才半の幼児との同じ目線での対等な会話には、楽しいものがある。

コメント

2才半の孫に言われた、「ジイジは、アイフォン持ってないの?」。まいったなー。

2018年11月29日 | 子供
幼児もスマホで遊んでいる光景をよく見かける。


幼児がスマホで遊ぶことに批判的な親も多いが、幼児がぐずついた時に、大人しくなるので

どうしても手渡してしまうことがある。


私の2才半の孫も、スマホを見ていると大人しくしているので、時間を制限したりしてできるだけ

長時間見せないようにしているが、なかなか難しく、親の頭痛の種でもある。


その孫に、言われてしまった、「ジイジは、アイフォン持ってないの?」と。


私は、多くの年寄り同様、ケータイ電話派であり、毎月の料金が何倍も高いスマホは持たないことにしている。

電話とメールができれば十分なジジイである。


私は、スマホを持ってないので、孫が私に要求するのは、iPadである。


スマホ同様に、YOU TUBEが観れるためであるが、スマホより大きく重く自分で自由に持ち運びができないので、

幼児としては、iPadは扱いずらくスマホが好みらしい。


じいじもスマホを持つべきか、どうするか、検討事項となった。
コメント

子供にとって運動は、心身共に生育させる。特にサッカーは良い、と勝手にサッカーファンは思う。

2018年11月16日 | 子供
私は、少年時代から野球をしており、巨人・大鵬・卵の時代であった。


40歳過ぎまで、野球ファンで、子供がサッカーをしていたが、サッカーのことは何も知らなかった。


Jリーグができてから、サッカーに救われることがあり、サッカーに夢中になった。

人生観が激変する時であった。


サッカーの魅力は、奥が深く、年々進化し続けている。


今、孫がサッカーを楽しんでいる。

土曜日曜もサッカーずけであるが、学校の成績に影響するのでは、と心配するくらいである。


しかし、サッカーをしている友達を含めて、皆良い成績のようである。


サッカーは、体力をつけるが、頭を使う運動でもあり、仲間の信頼を得なければ

チームとして成り立たないスポーツであるので、

人間性が育まれ、相手に対する尊敬の心も培われる。


一人だけ、抜群の能力があればチームが勝利するスポーツではない。


サッカーは、仲間を思いやる子供達を育てる良いスポーツである。
コメント

これからのケータイ電話は、お互いの顔を見ながら話すのが、普通になる。

2018年10月07日 | 子供
最近の通信手段は、スカイプ・facetimeなどでお互いの顔を見ながら話をするようになっている。


2歳半の孫と時々facetimeで話をしているが、

普通、息子と話をする場合は、電話で話をしている。


その話に、孫が参加すると、孫は自分の姿が相手に見えると思って、

自慢のオモチャを持ってきたり、覚えたての仕草をしたりして、自分の姿を見せようとしている。

孫にとって、電話をするということは、テレビ電話を意味している。


子供達が、成長する頃には、テレビ電話が普通になっていることであろう。

そうなったら、大人たち特に、ご婦人方は大変であろう。


すっぴんで電話に出ることもできないので、常にお化粧していなければならない。

そのうちに、テレビ電話に出るときは、お化粧しているように見えるアプリが開発されて、

常にお化粧している顔が相手に伝わることでしょう。


数年先が、想像もできない世界になっていることが考えられる。


孫たちが、大人になった時の世界は、どうなっていることであろう。


そのためにも、戦争のない平和な世界であってほしい。
コメント