翻 身 Fanshen

いつの日か『翻身』を遂げる事を夢見て
歩き続ける想いの旅。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

10億円どーんとちょうだい

2007年11月26日 | 家族

半年遅れの新婚旅行。
17日から24日まで、8日間のイタリア旅行から無事帰国しました。
今日からまた厳しい現実がスタートしました。

順序立てて最後までちゃんとレポートできるか不明ですが
思うままに、旅の記憶を綴ってみようかと。


11月17日、日本出発の朝。
品川経由、成田国際空港を目指して6時台のこだまに乗車。
この日をむかえるまでが、諸々大変だった。

航空券・ホテルのチケットを予約したのが2週間前。
すでに各種ツアーの申し込み期限は終了。
イタリア行きのチケットを手に入れるための残された
手段はかなり少なかった。

それでも定番の予約サイトを通じて、

航空会社指定なしのヨーロッパ乗り継ぎ往復航空券
ローマ、フィレンツェ、ミラノ 各都市2泊のホテル予約
イタリア国内の列車移動チケット

はかろうじて予約がとれた。

チケットは予約したものの、出発1週間前まで、
ホテル・航空会社ともになかなか決まらず
ホテルが決まらなければ、旅の基点が定まらず
現地での観光プランも練れず・・・

それでも1週間前にバタバタと決まり
何とか頭の中では移動・観光プランも構想でき
出発日を迎えることができたのだ。

17日の朝、新幹線で軽い朝食をとった後、
新聞をひらくと驚くべき記事が。

「現金10億円どーんと寄付」
この千鶴さんというお婆さんは四十数年間、
コツコツとお金をためて、自分の米寿の誕生日に
市に10億円を寄付したと言うではないか。

交通費・ホテル代諸々でかさむ旅行費用、
こんなにお金を使って良いものか・・・
と罪悪感すら感じていた私。
日々の炊事もガス代をケチってお湯ではなくお水を
使うよう、心がけていたというのに・・・。

私の浮かれた旅行気分は全てこの千鶴さんにもってかれたのだ。

10億円の100分の1でもいいから私にください。
どうやってコツコツ貯めたら10億円貯まるのだろうか。
このお金を全てワクチンに変えたら、一体何人の子供達が
助かるのだろうか。
イタリア旅行、何回行ったら、使い切れるのだろうか。

と、成田空港行きの新幹線で私は、
千鶴さんに必死に語りかけていた。

きっとお金持ちゆえの事情があるに違いない。
それでも千鶴さんに語りかけずにはいられなかった。

10億円・・・。

そのお金、私にちょうだい。

成田空港に着き、チェックインカウンターにて
座席予約の交渉を行うまで、
私は10億円という自分の想像をはるかに超えた
巨大なスケール感の中、利己的な妄想にふけるばかりだった。


この後、旅の随所で“交渉”を試みる私たち。
果たして二人の想いは言葉の壁を乗り越えることが
できたのでしょうか・・・。
続きはまた今度・・・。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 安らぎ方 | トップ | Don\'t think feel... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

家族」カテゴリの最新記事