翻 身 Fanshen

いつの日か『翻身』を遂げる事を夢見て
歩き続ける想いの旅。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京でのある日

2005年02月19日 | 楽しい

訳あって私は来月、花の都大東京に上陸する。
これまで東京駅構外へ出て、智恵子がないと言った東京の空の下を歩いた事は、数える程だ。
そんな私にとっての東京行きは結構なイベント。
東京上陸を来月に控え気後れしそうな自分を少しでも勇気付ける為、数少ない過去の東京歴を思い起こしてみる。
コンサート、歌舞伎、観劇、ライヴ、仕事・・・・。

そう、仕事と言えば、20代前半、輸入菓子・食品の卸会社に勤めていた時、社長のお供で東京日本橋の問屋街に商品の買い付けに行った事を思い出した。
まず東京ビッグサイトで開催されたプロダクト類の展示会に行き、その後アパレルメーカーを2件ほどまわり、日本橋に向かった。
当時私が勤めていたその会社は輸入菓子・食品の卸だけでなく、店舗も持っており、店内には輸入菓子・食品はもちろん、他にもステーショナリー、衣類、雑貨、ジェラート・・・と何でもアリの(決しておしゃれとは言えない)お店だった。

その日、日本橋でセールを行っている雑貨問屋さんがあり、私と社長はお店のセール用の雑貨類を仕入れに向かった。
そこは雑貨問屋といっても4階建ての古めのビル。入り口で会員証のチェックを済ませて、はじめてその問屋さんに入れる。
びっくりしたのは、社長の買い付けの仕方だった。まずは、最上階4階まで上がり、スーパーのワゴン×3個分くらいのBIGサイズのワゴンを押して、目に付く商品をとにかくワゴンへ入れていく。入れると言うより投げ込むと言った方が近い。
(あの・・・?選ばないんですか、社長?)戸惑いながらも、次々投げ込まれ商品が増していくワゴンの中を整理しながら、社長の後に付いた。

「fanshenさんも好いと思ったものじゃんじゃん入れちゃって!」

お買い物に行ってこんな言葉をかけてもらえたのは、人生初めての経験。
想像してみてください。これが、自分のお洋服、家具、インテリアのお買い物だったらどんなに素敵か!
さらに社長は私の妄想に追い討ちをかけるかの様にこう言った。

「あ、ごめん!僕、美味しい芋羊羹を買って帰りたいんだった。最後はこのカードでお会計できるから、fanshenさんが好いと思ったもの何でも適当に選んで買っておいて。」

仕事より芋羊羹を選んだ社長は、そう言って雑貨問屋専用のカードを私に渡し、急いで芋羊羹目指してその場を去った。
お会計のできるカードを渡され「好きなもの何でも買っておいて。」と言われたら、それがいくら仕事だって、そりゃあもう大はしゃぎでしょ?
セール用の雑貨類だったため値打ちものは一切なかった。しかし、「あ、いいな。ハイ買い。」「うん、これもいいぞ、ハイ買い。」「あ!かーわぁーいぃーいぃー!ハイ買い。」ビル4フロアー分たっぷり続くこの繰り返しは、女の子ならばこの上なく楽しい事、間違いない。
(しいて言えば、自分の好みに合わなくてもお店で売れるものは、嫌でも買わなければならないコトが玉にキズだが。)
私が4フロアー分、たっぷりお買い物を楽しんで(買い付けの仕事をして)、お会計に向かった頃には、ワゴンは5つほどになっていた。お会計の順番待ちの途中で社長がやっと戻った。

「fanshenさんの分も芋羊羹買ってきたから。お土産、お土産!ね!」

仕事を放ってまで芋羊羹を買いに行ったのに「僕は甘いものが好きじゃないから~」と言っていた社長に、私は何回も「そんな事ありえない!」と突っ込みたくてどうしようもなかった。
その日の朝、私は社長と二人きりの東京出張にかなり気を重くしていたが、まさかまさかの楽しい一日になったのだった。

今となったら社長の名前すら思い出せないが、こんな事をしていた時期もあったんだな~と久しぶりの都上陸を控え、昔過ごした東京での一日を思い出した、土曜の午後でした。

コメント (3)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大変なことになります。 | トップ | オムレツの時間 »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大人買い (god-des)
2005-02-20 08:13:45
を通り越して王様買いですね。



一度そう言う買い物してみたいですね。



僕も東京苦手です、一人で歩いた事無いですもの。

田舎に産まれて幸いですよ。
大都会 (たい)
2005-02-20 10:09:15
東京人でーす。

といっても、あんまり物珍しいもんじゃぁございません。

お手柔らかによろしくお願いします。



東京といってもいろいろあって、

場所によっては全然雰囲気違うもんです。

問屋街とか下町の方は、東京の西半分に住んでる人たちにとっては

なかなか異世界な感じがするんで、たまーに観光しに行きます。



その社長にタカシマヤとかヨドバシカメラでアメックスゴールド渡されて

「好いと思ったものじゃんじゃん入れちゃって!」

とか言われてみたいです。
Unknown (fanshen)
2005-02-20 11:06:52
>god-desさんへ



そう、まさに「王様買い」なんですよ!(買っているもののレベルを無視すれば・・・)

昔、マイコーがTVで何千万もするものを

「うん、いいね~これ。買おうかな。」と即買いしていた、あれが本物の「王様買い」なんでしょうね・・・。



>たいさんへ



そう、問屋街、決して華やかな雰囲気じゃなかったです。

独特な雰囲気でした。映像で言うとキナリか、ブルーがかった感じと言うか・・・。(北野ブルーとはちと

違いますが・・・)



>その社長にタカシマヤとかヨドバシカメラでアメックスゴールド渡されて・・・



私も妄想しました。ハロッズや高島屋、三越などで

そんな事があったらどうしましょう!って。

まぁ、絶対ありえないので、心配無用なんですが・・・(涙)

コメントを投稿

楽しい」カテゴリの最新記事