翻 身 Fanshen

いつの日か『翻身』を遂げる事を夢見て
歩き続ける想いの旅。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ソルクバーノ

2004年09月06日 | お酒

<役に立たない徒然バーカウンター講座>

ソルクバーノ

ベース:バカルディ ホワイトラム
グレープフルーツ・ジュース
トニック・ウォーター
ライム

技法:ビルド
グラス:10オンスタンブラ
氷:クラックド・アイス(直径3~4cm大)

1.グラスに氷を入れる。(コリンズグラスを使うバーもあるが私はタンブラの方が好き)
2.ラム 45 ml(ワンジガー)を入れる。(お酒の弱い人だと30 ml でもよい)
3.GFジュース 45 ml を入れる。
4.トニック・ウォーター 適量 を入れる。(私はソーダの方がさっぱりで好き)
5.シャトー切りしたライムを少しだけ搾って入れる。
6.炭酸が抜けない様に、軽くステア。

このソルクバーノはロングカクテルのなかでは一番好き。
ベースのラムを「ハバナクラブ3年」にすると、ラムの癖が少し出て
私好みの味になる。

居酒屋の後の2~3件目で、行き慣れないバーのカウンターに座る羽目になったら、是非このソルクバーノを頼んでみてもらいたい。

「甘過ぎずさっぱりしてて、飲みやすく、そんなにアルコール度数の高くないカクテル下さい。」

と頼む前に、

「ソルクバーノ下さい。」

と是非言ってみて欲しい。

かつて私がカウンターに座ったお客さんに勧めて、8割の確率で満足してもらえたカクテルだ。

Point:イメージ的には映画「ホテルビーナス」のソーダに似合うカクテルだと思う。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 職人気質 | トップ | パンペロ・アルベリサリオ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

お酒」カテゴリの最新記事