翻 身 Fanshen

いつの日か『翻身』を遂げる事を夢見て
歩き続ける想いの旅。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ベニカミキリ虫

2005年05月31日 | 日記

先日、私の部屋へ1匹の虫が迷い込んだ。
虫好きの可愛い甥っ子の為、嫌々ながらもビニール袋へ一先ず捕獲。

最近、甥が一番フィーバーしている虫は『カミキリ虫』。
その姿形から図鑑で調べた所、私が捕獲した虫は『ベニカミキリ虫』ということが判明した。
『カミキリ虫』のカラーバージョン、甥が見たらきっとハイテンションになるに違いない。

昨晩はヒンシ状態だったこの虫も、キュウリのかけら2個で今朝は元気バリバリの様子。(安いなぁ・・・)
こうなると、だんだん可愛くなってくる。

必死で外界へ逃げ出そうとする虫に、過去を振り返ることなく『今』を見つめてもらう為、少しだけ住環境のレベルアップを試みた。

ビニール袋から折り詰め用の透明パックへ。
庭でむしった草に霧吹きで水をかけ。
同じく庭から採ってきた枇杷の実をご褒美に。

どうだ。これで大分快適になっただろう?
そんな言葉をかけている内に、今度は名前を付けたくなってくるのだから、面白い。

いつか犬を飼ったら『先生』という名にしよう、そう私は決めている。
仕方がない、それまでお前を『先生』と呼んでやろうじゃないか。

先生(ベニカミキリ虫)は、今も尚あきらめるコトなく、外への扉を必死で探している。
自分の身に降りかかった災難、この現実を乗り越えようと諦めないその姿はすばらしい。

しかし先生。
私だって目に入れても痛くないほど甥っ子は可愛いのだ。
だから、甥っ子の喜ぶ顔を一目見るまでは。
もうしばらくの辛抱だ。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« きょうのできごと | トップ | 書店での楽しみ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事