翻 身 Fanshen

いつの日か『翻身』を遂げる事を夢見て
歩き続ける想いの旅。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

きょうのできごと

2005年05月30日 | 日記

潤いの午前

仕事復帰まで今日を入れてあと2日。
出来る限り時間を有効に使いかつ体を動かして過ごすべく、午前中は市営のトレーニングセンターへ出かけた。
市営と言っても、民間のスポーツジムに劣らない設備が整っており、建物全体の雰囲気もスタイリッシュと言っても過言ではない。
地下1階にアクアスペース、1階はジムとロビー、2階にレストラン、それより上は体育館や宿泊施設になっている。
施設敷地内にはサッカーコートもあり、数年前のワールドカップ開催の際はロシア代表チームの、Jリーグでもビッセル神戸の合宿場所に使われていたりと、プロ・アマご用達の場所なのだ。

プールは月曜日と言うのに意外と込み合っていた。(若者もちらほらいたから、美容師さんや住宅関係の仕事に就く人なのだろうか)
私はまずジャグジープールに入り泳ぐ為の心の準備をする。(泳ぎは得意だが気持ちを強く持たないとそのままサウナ(ドライ・ミスト)やリラクゼーションプールの甘い誘いに負けてしまうからだ)
その後、水中を10分程歩いて20分泳ぐ、それを3セット終えるとジャグジースペースで横になる。仕上げはサウナ(15分×2)に入りプールを後にした。

この施設の上手いのは、2階にレストランがある事。
しかも、ランチタイムは1000円のランチに、サラダ、パン、スウィーツ、飲み物の食べ放題が付いている。
私のお気に入りは、この飲み物なのだ。
コーヒー、紅茶、オレンジジュースはもちろんのこと、フレッシュのハーブが各種そろっており、自分でティーポットにブレンドして飲む事ができる。

有酸素運動後、水分を欲している体に、レモンバームやレンモングラス、パイナップルミントで入れたホノ緑り色のハーブティーは、見た目にも体にも優しく爽やかなのだ。
写真はパスタランチのパスタを待つ間に、サラダとパン、ハーブティーをテーブルまで運んだ所。
立方体の1アイテムを除けは、身体には良いランチテーブルになった。

このランチバイキングは、前述の通り、スウィーツも食べ放題のところがミソ。
ワザワザご丁寧に、ケーキ1つ辺りのカロリーまで教えてくれてある。
私が食べたのは小ぶりのスウィーツ3つ。しめて90キロカロリー、パスタは800キロカロリーはあるあから、先ほどの水泳で消費した分は優に超えている。
そうすると、罪悪感に襲われまた水泳に来なければ・・・と言う気持ちになり、上手く施設内を循環する様に出来ているのだから憎い。
また、男性の肉体美に触れたい時などは、1階のトレーニングルームに行けば、マシーンの案内画面に、外人のマッチョな男性が笑顔で登場するのだ。

微睡みの午後

ランチバイキングを一人で満喫する様になったらオバサンだよな・・・。

そんなつぶやきを残して、午後1時を回る頃には施設を後にし、100円ショップを経由して帰宅。
その後、ゆっくり映画鑑賞か読書でも・・・と思ってベットに横になった。
映画はキューブリック監督「2001年宇宙の旅」をチョイス。
この映画は見る場所、聞く場所が非常に充実している。
この上なく効果的に使用されている音楽「ツァラトゥストラはかく語りき」や「美しき青いドナウ」、オリビエ・ムルグ作の赤いソファ。難解なモノリス、反乱するコンピュータHAL、1968年に既にこの世界観を映像にした彼の偉才ぶり。

しかしながら、この映画はジョン・ウー監督のわかり易い定番の展開など皆無(じゃぁ他の観なよ)、さらに主題の奥行きはかなり深い。
基本的に奥行きの浅い私なんかが観ると、巨匠の映画も心地良い子守唄と化す。
(私は今までこの映画を数回観ているが、終始眠らずに完鑑賞したコトは一度もない)

気が付けば、『HAL』の反乱シーン。あぁ、またやってしまった。
午前中に欲張って潤った分、午後はうっかりベットの上で時間を無駄にしてしまった。
はたしてこんなんで、仕事復帰が出来るのだろうか・・・。

今夜辺りから、仕事復帰へのプレッシャーで不眠モードに入りそうなfashenのきょうのできごとでした。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« わたしの知らない世界 | トップ | ベニカミキリ虫 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
2001年 (god-des)
2005-05-30 20:53:13
はとっくに過ぎてしまいましたが・・・

僕も好きです「2001年宇宙の旅」この作品の作られた時代を考えると今でも素晴らしく感じます。

音楽も見事にマッチしてます。

ちなみに僕はこの手のSFとしては「ブレードランナー」なども好きなのですが、ご存知ですか?
Unknown (fanshen)
2005-05-30 21:42:09
ブレードランナーは知ってはいるのですが

観てません・・・(ごめんなさい!)



SFって実は抵抗あるんですよね。

キューブリックのそれは、映像美も楽しめる

ので好きなんです。

ブレードランナーは映画美術に興味を持っている

知人から聞いていました。

見ごたえがあるそうですね。

今後是非観てみます。



SFは『未来世紀ブラジル』とやはり『STAR WARS』がお気に入りです。



映画は狭くしつこく観るタイプなんで(笑)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事