翻 身 Fanshen

いつの日か『翻身』を遂げる事を夢見て
歩き続ける想いの旅。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スタートライン

2006年05月03日 | 好き

文章を書くという仕事に携わって1年半が経とうとしている。

まだまだ未熟者で、仕事としてのアウトプットは小さい。



社内外の人物を取材する。
媒体毎の対象に合わせた原稿を作成する。
取材相手に確認も含めてお見せする。

そうすると、ここ半年程は、

「私の取り留めのない話を上手くまとめてくれてありがとう」

と言うような言葉が、笑顔で返ってくるようになった。

ここで私はいつも思うことがあった。

原稿を書く際、取材中に相手が言わなかった台詞や
出さなかった答えを、相手が発した言葉の中から
私なりの考えで使い、結論付けている事がある。

きっとこうした部分を「上手くまとめてくれた」と
言っているのだと思っていた。
だから、その言葉を聞く度、

「取材相手の思っていたことではなく、私が考えた生み出したコトを
表現しているのに、なぜ嬉しいんだろう?半分は私の言葉じゃない?」

と、疑問というか、何か腑に落ちない部分が残ったのだ。

そんなこんなのある日。上司からある本を頂いた。
今まさに読みかけのその本は、「表現」することとは
どんなことかを、とても柔らかな感触で、スーッと人の中に
染み込ませてくれるような本。

「本当の言葉だけが、伝えるスタートラインに立てる」

これを読んだ時、ハッとした。

私は、取材に答えた人の「想い」から発せられた「本当の言葉」を
これまで表現してこれただろうか?

取材をして原稿を書いて・・・
この1年半の中で、何度か行ううちに、それなりの「コツ」は
掴めてきている様な気もする。

すると常に、原稿を理想的なカタチで紙面で掲載するには、
どんな起承転結を作成すれば良いのだろうか、とばかり考える
ようになっていた。

これまで取材内容を「上手くまとめた」のも、その目的を果たす
ためだったのかもしれない。

「本当の言葉だけが、伝えるスタートラインに立てる」

取材相手の「本当の言葉」、「想い」があったからなのだ。
私が考え、生み出したと思っていた「言葉」は、実は取材相手の
「想い」の結晶であった。

だから「上手くまとめてくれて、ありがとう」なのだ。

そう想うと今までの「ありがとう」を我が物顔で聞いていた自分が
とても恥ずかしい。
私こそ「あなたの想いを私に伝えてくれてありがとう」なのだから。

現在、ちょうどある取材を終え、一つの原稿を書こうとしている。
取材相手が伝えようとした「想い」を、「本当の言葉」で表現してみよう。
相手が語った言葉から私が感じた「想い」を、「本当の言葉」で表現してみよう。

1年半遅れだけど。
スタートラインに立つために。

コメント

温泉の呼吸(いき)

2006年02月10日 | 好き
温泉―
わたしはもう何もかも忘れてしまった。
彼の人の温かい臥所も
これほど純粋な平和と
快楽と感触となつかしさとは与えはしまい。


モクちゃん(詩人木下杢太郎)はイイ事言う。
天城湯ヶ島温泉へでも行きたい気分だ。
コメント

好みのタイプ

2005年09月29日 | 好き

これまで好みの男性のタイプを中々一言で言い表せなかったけど。
最近、好きになった人の共通点にふと気付いた。

筆圧の高い人

やっぱり男はこれでしょ。

なのか?

コメント (2)

しっかり担当

2005年09月24日 | 好き


このたび私「しっかり」担当になりました。

もう、めそめそもしていられません。

くよくよもしていられません。

グチグチ言うのも、タマにします。

「キュート」担当の相方を守るべく。

このたび私「しっかり」担当になりました。

コメント (3)

育まれる優しさ

2005年05月10日 | 好き

最近の甘夏や夏みかんは昔に比べてとても甘い。
食べていると、これじゃ贅沢すぎやぁしないか?と思ってしまうほどだ。

私は甘夏を食べる時、必ずある友達のことを思い出す。
彼女とは小学生~現在まで続いている間柄で、よくお互いの自宅を行き来していた。

あれは、中学生の頃。
いつもの様に、彼女のマンションへ遊びにお邪魔した。
と、居間のテーブルには沢山の甘夏が。
彼女から「一緒に食べよう」と誘われ、もちろん私はいただくコトにした。

テーブルの上には沢山の甘夏に加え、大きな白いボール(食器)が一つある。
と彼女は手馴れた手つきで甘夏の皮をむき、ホロから身をほぐしては、その身だけボールの中に入れていくのだ。

しかし、テーブルの上には5つ以上の甘夏がある。
果たしてそれら全部の身をほぐしてボールの中へ入れていくのだろうか?
私は普段から、食べ量だけの甘夏を剥いては食べ、剥いては食べ、と言った具合に食していた為、まず最初に全ての甘夏の皮を剥いてから、実だけを食べると言う工程に戸惑った。
しかも、彼女と私2人だけで、5つ以上ある甘夏全てを食すつもりなのだろうか?

ハテナ顔で彼女の隣に座りつつも、私も一緒にその作業に加わり、5つ以上もある甘夏を全て剥ききった。
これでようやく瑞々しい甘夏にありつける。

私と彼女はボール一杯になった甘夏の身を共に食べ始めた。
そこでようやく私は彼女にたずねてみた。

「ねえ、これ全部私たちが食べるの?」

「ううん。こうやって剥いておいて冷蔵庫に入れておくと、お母さんが後で食べるから」

彼女は普段仕事で忙しい母親が、片手間で季節の果物を口に出来る様、あらかじめ剥いておいたのだ。
私は普段、自分の食べる分のことしか頭になく、母親が用意してくれた食べ物を食べたいだけ食べていた。
だから、そんな彼女の母への労わりというか思いやりに、とても感心したのだ。
当時の私はその時、人は突然に優しくなれるわけではなく、彼女が甘夏の皮を一つ一つ剥くように、こうして少しずつ、少しずつ育まれていくのだろうな・・・とシミジミ思ったのを覚えている。

私はきっとお婆さんになっても、甘夏を食べ彼女のことを思い出すだろう。
コメント (3)

惚れた弱み

2005年03月27日 | 好き

今日、高校時代好きだった友人と、あるデータの受け渡しの為、彼が指定するパチンコ店の駐車場で落ち合った。
物を受け取り、お礼にイタリアのお土産を渡した。

去年の秋からメールだけのやり取りだった為、お互いの近況を報告しあう二人。
話の途中、突然「寒い・・・」と言って、自分の車へ向かった彼。
「・・・?」何気なく私も付いていく。
すると彼は、お土産を車にポイッと投げ入れ。
「今(パチンコが)出ているから、もうお店へ戻って良い?またご飯でも食べよう~」

「良い?」と人に聞きながらも、私の返事を待つ所か、奴(彼)は有無も言わさぬ素早さでその場を去った。
呆気にとられながらも、「はいよ。結婚おめでとう~~!」辛うじて出た言葉に手を振った私。
しめて3分間。5ヶ月ぶりのご対面を終えた。

どうってことない、同級生同士の物の受け渡し。
しかし私は、奴と別れた直後、いつもある感情に囚われる。

「ナンカ悔しい・・・。」

いつもそう。
奴と接するどんな時でも、主導権は必ず奴が握っている。
ランチ、夕食、メール・・・、一つ一つを細かく挙げれば切無いが、水面下で確実に成立している私と奴の『主従関係』。

高校時代、奴に恋をしていた乙女心満開の時期。
当時、奴が飼っていたペットのアキちゃん(犬)になりたくて堪らなかった私。事実そんなペットの様に、奴の行く場所にはどこへでも付いて行った。
その時なら、奴が主導権を握っていてもまぁ、仕方がない話である。

それから10年あまり時が経ち。
社会人になってからの奴と私は、一緒にランチをしながらとても人には話せない『大人の会話』を気兼ねなく話したり、仕事・人生・価値観などの真面目な話しもし合える、対等な関係ではある。

でも。水面下ではかつての主従関係はしっかり健在なのだ。
(例え奴がそう思っていなくとも、私がそう感じているのだ)
そこで私は自虐的に二人の置かれている境遇を比べてみることを思いついた。

奴→新婚ほやほや。私がクビになった会社で今もなお働く。
私→ケガの再手術を控え、今後の行く末を悩む、貧乏なOL。

さらに、あえて気付かぬ振りをしていた、お互い相手が占める存在ポジションの相違を、勇気を出して見つめ直してみた。

奴にとって私は。
高校時代→自分に好意を抱くバンドメンバー。
現在→単なる同級生。

私にとって奴は。
高校時代→好きで好きで堪らない相手
現在→昔好きだった人


どう考えても奴の圧勝。全ては(かつて)惚れた弱みが原因である。

確かに奴は、男女の関係もなく、自分が一番困った時にも手を貸してくれ、時には厳しい言葉もかけてくれる、大切な男友達の一人だが、やはり私にとっては昔惚れていた相手なのだ。
もしや私は、未だに奴のペットのアキちゃん(犬)?
今年30歳になるアキちゃん(私)は、ご主人様が投げたボールを一目散で走りキャッチし、尻尾をフリフリしながら戻ってくる。
困った事に奴は、決して惚れた弱みにつけ込むタイプではなく、男の本能でそれを察知し、私の顔を見ると条件反射の如くボールを投げるのだから、たちが悪い。それも継続的にだ。

帰り道、車を運転しながら先ほど感じた『そこはかとない悔しさ』について、思いをめぐらし辿り着いた答えは・・・。

「私は犬?」
なおさら悔しい!!


しかしながら、車のサンルーフから入るスキッとした心地良い風、カーステレオから流れる大好きな音楽、運転している私の顔は笑っている。

「いつか絶対に、このfanshen様がお主を振り回してやる!」

どうやら、奴と私の関係は、こんな感じがちょうど好いみたいだ。



コメント (2)

我慢は危険

2005年03月06日 | 好き

例えば今日。
食べようと予定していたスウィーツの量を、その半分で我慢してみる。

多分明日。
昨日我慢した自分にご褒美!と、誘惑に負け、その倍量のスウィーツを食べてしまう私。

今日の我慢が明日の誘惑を生む。
我慢は危険。

コメント (2)

願望1

2005年03月01日 | 好き

つぶ餡のお風呂に、モナカの皮と草餅とアイスクリームを持って入って、好きなだけ食べてみたい、今日この頃。

コメント (2)

出産おめでとう

2005年02月06日 | 好き

先月末、高校の同級生が初出産を無事終えた。
可愛いベイビーは男の子。
出産当日の夜、安産の報告を本人から受け、翌日早速病院へ会いに行った。

まぁ・・・なんて可愛い。

もともと美男美女の夫婦だからそれは自然と言うより必然の可愛さなのだろうけれど。

それにしても・・・可愛いじゃぁないかっ!

抱っこさせてもらった赤ちゃんを友人のお腹の前にあて、

「ここに昨日の朝までは入ってたんだよねぇ・・・」

当たり前のことだ。

「ここに昨日の朝までは入ってたんだよねぇ・・・」

じゃあ、一体どこに居たって言うんですか?

「ここに昨日の朝までは入ってたんだよねぇ・・・」

それは私にはまか不思議な感じ。
実姉や義理の姉の出産直後は何度か見てきているが、同級生の出産は初めてだったのだ。
同級生といえば、顔と名前(ここが大きな違いだが)を除けば、年齢、性別、出身地も同じで、多感な青春時代を共に過ごした言わば、もう一人の自分の様な存在だ。(静岡県内兎年成人女性の歩く鬼門と言われる私にこんな事言われるのは迷惑な話かもしれないが・・・)
となると、もう一人の自分が出産という一世一代の大仕事を成し遂げたとも言える・・・。

すごいじゃぁないか!(拡大解釈)

友人の成し遂げた功績に図々しくも自分の名を連ね、中身の伴わない喜びを勝手に感じていた私。
友人の赤ちゃんを抱っこしていると、日々の疲れと心身の老いが浄化されていく。
病室には優しそうで素敵なだんな様と友人が醸し出す温かな空気がゆっくりと流れている。
その二人に包まれる可愛い赤ちゃん。

私もこの二人の赤ちゃんになりたい。

この清らかな3人家族の空気を、私の持つどんより濃度の高い重たい空気で、汚してしまうのは、大変恐縮ではありますが。
私は強くそう思った。

私もこの二人の赤ちゃんになりたい。

fanshen、あなたにはなれませんし、ならせませんから!
と言うより、この場合普通「私も早く赤ちゃんを産んでみたい・・・」でしょ?
母になった友人を見て、自分も母になりたい、と思わないでどうする!
あなたには「母性」はないの?

友人の出産をきっかけに「母性の有無」というキーワードに躓きつづけるfanshenであった。
何はともあれ、出産おめでとう!
コメント (2)

『復活力』と『スウィーツたち』の関係

2005年01月11日 | 好き

最近、お肌にトラブルが起こった時、それが解決し復活するまでの期間が大分かかるようになってしまった。
復活すらしない最悪のケースも多々ある。
お酒をやめて約半年、禁煙して約3ヶ月、お肌の状態はそろそろ好転してきて良さそうな時期だ。
しかし、年齢によるお肌のダメージは大きくその兆候は見られない。

お肌だけでなく『心の復活力』も、しかりである。
この歳になると、諸々の免疫力は逞しいほどに付いているが、予想外且つ免疫力低下中に一旦、心にダメージを受けてしまうと、そこからの復活には、かなりの期間を要する。
復活するどころか、放っておくと、自虐の道をも歩きかねないから恐ろしい。

このように、三十路を歩くお年頃の女性は、心身ともに『復活力』が衰退しつつあるのだ。
だからこそ、大好きなモノ(やコト)による『栄養補給』と『復活力』強化が要となってくる。
現在の私の場合、『スウィーツたち』がその役割を大きく担っている。

先日の日曜の出来事。
お休みなのに、お休みとは思えないほどの過密スケジュールで過ごす私は、諸々のコトでかなり疲れ果てていた。(免疫力低下)
打ち合わせの場所まで向かう途中、駅ビルの地下の食品街を通り過ぎた時、ありとあらゆる食品の匂いの中から、スウィーツの香りだけが際立って私の鼻腔を刺激した。

あぁ。食べたい。

でも、私は『おあずけ効果』狙って我慢した。何故ならこれから、所用の打合せの場に喫茶店を利用する。
その時に、お茶プラスアルファーの喜びをゆっくりと堪能しようと、自分へ『おあずけ』をすることで、その喜びを何十倍にも膨らませたのである。
ウィンドウショッピングが苦手な私にしては上出来だ。

そして、打ち合わせに選んだお店は、前々からワッフルを食してみたかった、比較的価格設定の低めな某喫茶店。
わが静岡市街中のカフェ事情は、その店舗数からも飽和寸前であり、その中で生き残っていくのは容易な事ではなく、値段が安い喫茶店であっても、その質はあなどれないのだ。

私は迷うことなくワッフルとミルクティーを頼んだ。
同席した他の知人は、カットケーキを頼んでおり、それらは『私のワッフル』より一足先にテーブルに着いた。
『私のワッフル』は加熱調理するので知人が頼んだスウィーツより、オーダーしてからテーブルに来るまで時間がかかる。
この辺りも『おあずけ効果』をいい塩梅に演出している。
入店して着席してから15分余り、とうとう、『私のワッフル』が目の前に運ばれた。
打合せを半ばにして私は、『私のワッフル』の虜となった。
待ちにまった『栄養補給』の瞬間だ。いざ実食!

美味しくない。

一体どうしてくれよう!
美味しくないスウィーツを作れるプロの職人がこの世の中に居たなんて。
こんなスウィーツを作っておいて人に出せる人は、きっと心が澱んでいるに違いない。
パテシエや和菓子職人は大抵いい人だと相場は決まっているじゃないか!

諸々の『免疫力』と『復活力』が低下した、お年頃の女性にとって、お肌のトラブルを抱えながらもスウィーツを食すのは、ハイリスクハイリターンの大勝負なのだ。
期待が大きすぎた分、ショックも大きく、『おあずけ効果』が裏目に出たのか?

『スウィーツたち』の虜になって数ヶ月余り。
『美味しくないスウィーツ』は確実に存在し、それらは無情にも私の『復活力』を奪っていくという、現実の厳しさを噛締めた瞬間だった・・・。

コメント (2)

一筆好きな人

2005年01月09日 | 好き

新しい職場の上司は30代後半の女性。

30代後半の働く女性と言うと、一般的なイメージは『男まさり』『頑固』『プライドが高い』『自己主張が強い』などややマイナスイメージが先行してしまいがちだ。
私も最初はそういう先入観は少なからずあったし、その先輩も、そんな一面を持っている女性だ。

それでも、私は先輩が好きだ。
なぜなら、先輩はとても心地よい気遣いのできる女性だから。
その気遣いは、『一筆好きな人』のそれと、とてもよく似ている。

昔の会社で取引していた業者の担当の女性が、まさしく『一筆好きな人』だった。
どんな些細な郵便物や手渡しで受け取ったものにも、封を開けた中には、必ず一筆言葉が入った上品な便箋が入っていた。
それを手にした時私は、さり気無い気遣いと筆跡に表れるその人の優しさを感じては、温かくほっとした気持ちになったものだ。

先輩の気遣い、心遣いは仕事をする中で随所に感じる事ができる。
それは、あまりにもさり気無く、先輩の振る舞いや『仕事ができる女性』というイメージに囚われてしまうと、見過ごしてしまう人も多いだろう。

しかし私はそのさり気無さが好きなのだ。
あの温かい一筆書きを手にした時のように。
同じ女性としても、仕事上の上司としても、そんな先輩を私はとても尊敬している。

私も、先輩や『一筆好きな人』の様に、さり気無い温かさを持った人に、なりたい。
コメント (3)