翻 身 Fanshen

いつの日か『翻身』を遂げる事を夢見て
歩き続ける想いの旅。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ライスワークとライフワーク

2008年06月07日 | 日記
ライスワークとライフワーク

先日、日本でベストセラーを生む5名の名物編集者に選ばれた
とある人が言っていた。

自分の仕事はあくまでもライスワーク。
ライフワークは別にある、と。

仕事は嫌なことも辛いことも沢山ある。
それでもご飯を食べるために、どれも必要なことで
好きなこと=仕事につながる人はまれだと。
自分の仕事はあくまでもライスワークで
ライフワークは別にあり。
人生を通して携わっていきたいあることをしていくために
今の仕事が有効だともいっていた。

そうして自分のライフワークを充実していこうと
思うと、上司が無能だから、評価や給料が低いか、とか
いろいろな言い訳をせずとも、ライスワークはおのずと
充実するらしい。
それができない人にはきっとその人のライフワークが
ないのではないか、と。

世間からみたら立派な成功者が、その仕事をあくまでも
ライスワークと割り切って名言している、という事実が
励まされる思いと、やりきれない苛立ちが自分を襲う。

その人はそうは言っていないけど
やっぱりライスワークとライフワークはずっと深いところで
つながっているんだと思う。
目に見える形ではなく、何かその人の根本というか本質的なところで。

今、目の前にある、やらなければならないこと、とやりたいこと。
その配分がハッキリしていれば、何も悩むことなどない。

でも(自分を含めて)多くの人は、やらなければならないストレスを
抱えているのにもかかわらず、やりたいことを名言できない
ストレスを同時に抱えている。
私の言葉で言うなら"本当の自分とつながっていない"という感覚だ。

私はいつもライスワークに翻弄される。
でもその人の言葉を聞いて、自分のライスワークが
ライフワークにつながるのかもしれない、という
新しい希望というか、発見ができた。


コメント (15)

共通言語の力

2008年06月06日 | 日記
先日、友人から1冊の本を借りた。

(またその条件も面白い。2週間後に図書館で借りたその本を
返す必要がある。まだ十分に時間がるから、大丈夫だろう、との
ことでその友人は私に本をあたえた。
でも通常、活字に弱い私からしたら、2週間という期間は
決して長いものではない。
しかも、すでに2冊ほど併読している現状。
それが3冊になるプレッシャーは意外とデカイ)

そのエッセイにあった"義務スープ"という言葉が私にヒットした。

野菜が苦手で肉大好きな著者は、自分の体を心配して
野菜テンコ盛のスープを必ずとるようにしているらしい。
その名も"義務スープ"。

さらにその著者はお酒が大好き。
2日酔いの特効薬にぬかりがないものの
結局よいものに出会ったことがないらしいが
ついにその最たるものとご対面したとのこと。

その名も"アミノバイタル乾杯いきいき"。

飲んだ後にこれを飲めば、翌日のスッキリすることこの上ないらしい。
(どれだけ何かを飲んだら気が済むのだろうと思わざるをえないが)


そこで思うのがネーミングの力だ。

"アミノバイタル乾杯いきき"も
"義務スープ"もその名づけ親の視点と感性、
そのものの目的と役割にとても興味がわく。

共通言語、とまではいかずとも
合言葉的な何かに人の求心力は高まるのだろう。

そしてまた、そんな言葉に出会える文章と
出会ったことが嬉しい。

結局、共通言語を求めているんだな、と思った。

気がつくと、言葉を伝えようとしなくとも
感じてくれる人と近く過ごしているような気がする。

そんな錯覚を覚えさせてくれる言葉を用いた
事象に人間は弱い。

そんなことを思いつつも、言葉ではない何かとか
でもやっぱり言葉だよな・・・とか
言葉とそうでない何かとの狭間で、自分を楽しませてくれるのが
"YASUJI東京"だ。
これも大切な人から頂いた、一冊。
杉浦日向子さんの著書。(というか漫画かな)

きっと無人島に行くとき、持っていきたい1冊にランクインする
一冊だと思う。
年内に安治(YASUJI)の絵を観に、東京へ行きたいと思う。

誰かが誰かに何かを伝えよう(伝えたい)と
した結果、共通の言語が生まれて
それに気持ちが活性化されるという構図に
素直な喜びを感じずにはいられない、今日この頃です。
コメント

KY講習

2008年06月01日 | 日記
少し前、わたしからみたら最もKYな人から
あるメールをもらった。

「この前、KY講習をしたのでその資料を
とある場所に置きました。参考までにご覧ください」

その資料を見ると
K(危険)Y(予知)の講習だった。


危険を予知することと
空気を読むこと、

果たしてどちらが大切なのだろう。
コメント

無いものねだり

2008年06月01日 | 日記
半年くらい前から、わたしのミニコンポが壊れてしまった。

友人から格安で譲り受けた、音の具合もそれなりに
気に入っていたコンポ。

以前、テレビで観た。

家電製品の故障の原因は7割がホコリで、
とある修理業者では、ビデオデッキやステレオを分解して
中性洗剤で水洗いし、天日でしっかり乾かすとあら不思議、
何の問題もなく正常に動作する、といった取材。

よし。
コンポを分解して、水洗いまではせずとも
掃除機でホコリをキレイに落として
再度、組み立てた。

CDを挿入。ブラボー。
ちゃんと動くではないですか。

でもこれは2カ月前の出来事。
結局、今はまた動かず。
先日、聞きたくて入れた「セルマ・グレーセン」の
CDも飲み込まれたママ帰ってこない。

となると人は急に無いものねだりを始める。

実は、普段の私の生活に、そこまで頻繁に
そのコンポの出番があるわけではない。

でももう、PCでも、i-Podでも嫌なのだ。
どうしてもそのコンポであのCDを聴きたくて
どうしようもなくなる。

普段なら求めないふとした時にでも
どうしても欲しくなるのだ。


「先生、最近、わたしのコンポが動かなくて
好きな音楽が聴けないんです」

「そうですか・・・普段はどの位、そのコンポで
音楽を聴いているのですか?」

「1カ月に1度くらいでしょうか・・・」

「そうですか。その頻度ならばきっと代替品で
ケアできるのではないでしょうか?
それがダメなら、あなたの場合、"無い無い病"の
ひきはじめですね」

「"ナイナイ病"ってなんですか?」

「ようは無いものねだりですよ。隣の芝は青いって言うでしょ?
自分に無いものばかり敏感になり、精神的に満たされない状態が
続くことを言うんです」

「治す方法や特効薬はあるんでしょうか・・・」

「特効薬ではありませんが"アルアル病"ってご存知ですか?」

「知りません・・・」

「一種の思い込みです。例えばその壊れたコンポ。
音が鳴らないけれども、そこにアルわけじゃないですか。
コンポを持っていない人からしたら、CDを入れるチャンスも無い。
コンポがアルわけですから、故障を直せば、またすばらしい音楽に
出会えるチャンスがアルわけです。ナイナイ病もアルアル病も
同じある種の思い込みですが、状態からするとアルアル病の
患者さんの方が比較的、笑っていますね」

自分の芝が青かろうと、隣の芝が青かろうと
結局は、病気なのかもしれないけど。
やっぱり笑っていたいと思うわたしは、
"アルアル病"に感染したい。
コメント

Don't think feel...

2008年04月03日 | 日記
日経平均株価が低迷するなか
私の心もスランプが続いている。

もともと絶好調がない分、スランプと言えるほどの
落ち込みも無いはずなのだが。

一番の違和感は
感じたことが言葉や文章にならない。
なんと言うのか、
自分と心が繋がっていない感じ。

ふと、リー先生の言葉が頭に浮かんだ。

Don't think feel 

考えることと感じることって
何が違うんだろう。

言葉としての意味の違いは
辞書をひけばわかる。

では体(心?頭?)の中では
どんな違いがあるんだろう。


なんにせよ、悶々とした日々が続いている。

こんな時、星の王子様だったら
私になんて言葉をかけてくれるのだろう。
コメント (2)

安らぎ方

2007年11月04日 | 日記
最近、心を落ちつかせて安らぐ方法がわからなくなってしまいました。
と言うか、安らいでいるか、いないかも不明。
コメント (2)

マイナスパワーの単位

2007年10月09日 | 日記

「悪意は連鎖する」とはよく言ったものだ。

近頃、車を運転中に、すれ違い様や駐車場などで
相手の運転手から、怒られたり、睨まれたり、はたまた公共の
交通機関の運転手からも罵声を浴びせられたりする、
そんな機会がやけに多い。


しかし、振り返ること1ヶ月余り。
車での通勤途中、並列走行する自転車の高校生や
道路交通法違反の車に、自分が抱えていたイライラが後押して、
私は頻繁にクラクションを鳴らしていた。

そうして自分が周囲に撒き散らしていた負のパワーが
1ヶ月の間、様々な人を経由した結果、自分に還ってきているのだ。

私にクラクションを鳴らされた女子高生→現国の担任教師→その奥さん
→奥さんのお母さん→近所のちびっ子→そのお父さん→お父さんの上司
→上司が乗ったタクシーの運転手→私

例えばこのサイクルに1ヶ月余りかかったとする。
想像するに、上記登場人物は、私の自宅から半径10kmほどのエリアに
暮らす人々ではなかろうか。

その場合、最初に私自身が発した負のパワーは 10KMP(キロマイナスパワー)。

10KMPの目安としては、1ヶ月後に自分に悪いことが還ってくるという
比較的、弱めだのMP(マイナスパワー)だ。

MPが強ければ、強いほど、その連鎖は延々と続き
サイクルも長くなる。

もしも100KMPともなれば、半径100km圏内に暮らす人々にまで
自分のMPが影響する。
ともすれば、国内に止まらず、海外にまで連鎖する恐れがある。

自分→コンビニの店員→新聞配達のおじさん→新しく越してきた熟年夫婦
→海外旅行の添乗員→空港職員→渡米する大学生→同じサークルの
ジョン→ライブハウスのエリック→ゲイのフレディ→友人のエルトン→酒好きのジャニス
→etc・・・

この場合、きっと自分のもとへ再び還ってくるまでには1年位
かかるのではないか。
MPは言葉の壁をも乗り越え、はるか遠い異国の地にて
さらに増幅されてくるに違いない。

もし嫌なことがあったら。
それはかつて自分が発したマイナスパワーでは?
サイクルが長ければ長いほど、MPは増強されている。
忘れた頃にやってくる、何とやら。

せいぜい10KMPくらいに止めておこう。
何ごごにも謙虚にならなければ。
コメント

結婚したのです

2007年05月13日 | 日記

今日は報告があってやってきました。
3月末に結婚しました。
新婚1ヶ月と1週間、新妻のfanshen です。
引き続き、よろしくお願いします。

コメント (7)

何のための

2006年03月14日 | 日記


20代を振り返ると、一体何のための10年だったか。
一向にわからなくなる。

この前のカウンセラーに言われた
「今のfanshenがあるのは、その10年があったからだよ」

それでも頷けなかった。

でも。
最近想う。
大好きな祖母を失くしてから。

祖母が激動の時代を必死に生き抜いてきてくれたからこそ
今の私がこの世に存在していて。

祖父が戦争で一番後ろで怖気づいて敵地まで乗り込めなかったからこそ。
私の命は宿った。

そうした、祖先が必死に自分の命を守ってきてくれたおかげで。
今の私が居ると想うと。
自分の命は、何十人もの人間が生きた証なんだと想う。

そこでやっと。
大切にしなければと思える。









コメント

労わりましょう

2006年03月05日 | 日記


今日の新聞に、
近年定年退職する団塊世代の男女に
退職金は誰のモノ?
とアンケートした結果が載っていた。

男性の7割が「夫婦二人のモノ」
女性の5割が「自分のモノ」

と答えたそうな。

この記事を読んで、

仕事・家事・育児を両立して頑張ってきた女性は
どれだけその功労を等しく、高く評価されてこなかったのか。
労わりや慈しみを受けてこなかったのか。

きっとそういった不満や苦痛が「自分一人で頑張ってきた」感を沸き立たせているに違いない。

退職金を山分けして欲しい男性諸君は、細く長く配偶者を
労わるよう、早いうちに手を打っておいた方が良いかもしれない。


コメント

物欲番長のワナ

2006年03月04日 | 日記


※最近、某サイトに浮気気味の私。同じ日記を載せるのも芸がないが・・・。



「あ、番長お呼びでしょうか?」

「おい、この前頼んだシグマの広角レンズはどうした?」

「す、すみません。まだ買ってないっす」

「なにぃ?じゃぁ、黒のパンプスは?」

「あ、それもまだ・・・」

「バカヤロウォッ!このオレ様の言う事が聞けないって言うのか!」

「で、でも番長・・・。先立つものがないんじゃぁ・・・」

「てめぇ。ふざけたコトぬかしやがって・・・。オレ様が白の物を黒と言ったらてめえには何色に見えるんじゃいぃ?」

「く、黒です・・・」

「よぉくわかってるじゃねぇか。ってーとあれかい?その具合じゃぁ、まさかメディカル枕もまだ買ってないんじぁ・・・」

「す、すみません!」

「このバカチンがッ!! グタグタ言ってないで、とっとと買いにいってきなっ」






仕方がない。
物欲番長がこう言うんじゃぁ・・・
買うしかないか。



コメント

東京での久々娯楽

2006年02月16日 | 日記


先日久しぶりに仕事で東京へ上陸した。
多分、Jeepwayの豪遊ぶりにかなり触発されていたと思う。

毎回東京へ行くと、夕食やお茶を一緒にとる友人が居るが
今回は都合が合わず、予定が入らなかった私は、仕事を終えた
18時前には一人銀座をぶらついていた。

一頻りぶらぶらと歩いたが、一人で入れそうな目ぼしいBARも見つけられず、自分にはガイドブックが必要アイテムだと言う事を再認識した頃、私の足はもといた丸の内 東京駅方面、自宅への導線を辿っていた。

東京での優雅な夕食タイムを諦めかけていたその時。
以前から気になっていた、カフェ&レストランの前を通り過ぎた。

店内のテーブルには、ブルーのクロスにキャンドルが並べられ、仕事を終えたカップルがバレンタインデーの甘い夜を過ごす様子が伺えた。

スカートを捲り上げる程のビル風を言い訳に、私も入店。

「一人です。軽くお酒を飲みたいのですが、良いですか?」

上品な笑顔を見せたギャルソンは、一番落ち着きそうな
ソファー席に私を案内。

カウンター席がないその店には、一人で入店する客は滅多にいないらしくメニューも2~3人前のものしかなかった。

「お一人様ようのアンティパストもご用意できますので」

一人で入店した自分が歓迎されていないのでは?という不安は
この一言でふっとんだ。
そうときたら、東京の夜を楽しまないと。

シャンパンをグラスでいただき、マリネとイベリコ豚の生ハムをチョイス。
テイクアウトのパンを販売している所をみると、パンもきっといけそうだ。
禁煙の店内で手持ちぶたさを解消するのには、固いフランスパンがもってこい。

シャンパンのお代わりと同時にパンも注文。

ここでギャルソンがイベリコ豚を出すタイミングを聞いてきた。
こう言うフォローも誰かと話したいお一人様客には嬉しい。

シャンパンが終わる頃、赤ワインを頼むつもりだったので、口やかましいことは述べずに、お料理のタイミングに従順になる心地良さを味わった。

窓の外に流れる、仕事帰りのビジネスマン、OLさんの手元で嬉しそうに揺れるチョコの入った紙袋。

世の中の恋事情に想いをはせながら、自分の相方を想ってみたり。
時間がとてもゆっくりと贅沢に流れたひと時だった。

小市民がたまに過ごす贅沢な都会の夜。
心もお腹も大満足でした。




コメント (2)

貸して。

2006年01月19日 | 日記

私は貝になりたい。

ハマグリとか高級じゃなくてもイイ。
ムール貝なんて洒落てなくてもイイ。
シジミクラスで十分だから。

私は貝になりたい。

もし貝になるのが無理だったら
ドラえもんのスモールライトで小っちゃくなって。
シジミの中に入ってイジケタイ。

でもそんな事は絶対無理なんだよね。
そう思うと、のび太君の環境は整い過ぎている。
ちょっとしたオチコボレ、泣き虫、弱虫程度なんて幸せ過ぎる。
もっと劣悪な環境でも、彼は十分生きていけると思う。
ドラえもんさえ居れば。

あ、のび太君、ごめんなさい。
言い過ぎました。
君にあたるのは筋違いだったよ。

でもね、のび太君。
ただそうやってドラえもんを一人で独占しているより。
社会貢献を考えてみませんか?

ドラえもんレンタル事業。
どうです。
きっと、全世界から予約が殺到して、予約してからレンタルまで
何年待ちという状態が果てしなく続くことでしょう。
人々は我が子の出生届けと共に、ドラえもんレンタル申請書も提出。
のび家は一生遊んで暮らせるよ。

もう一度謝るよ。
ごめんね、のび太君。

だから、ドラえもん私に貸して。

コメント (1)

地中海の粋な奴ら

2006年01月18日 | 日記


新聞各誌は、ライブドアの証取法違反で大騒ぎ。

そんな時、ちょっとホットなニュースを新聞で見つけた。

地中海のキプロスで行われる、5年に一度の議会選挙の日が
ある理由の為に、変更されたそうな。

その理由とは。

ギリシャで行われる歌コンテスト「ユーロビジョン」と
議会選挙日の日程が重なるとのこと。
そのコンテストはアバなど有名アーティストを輩出した
人気のコンテストのため、有権者が選挙そっちのけで
コンテスト見物に出かけてしまう事を懸念したらしい。

本来、どちらがどれだけ個人の生活に必要なのか、いち小
市民の私には何とも言えないところだが、そんな政治家の
判断も、微笑ましく思えてしまうのは、私が無責任且ゆるゆる
の人間だからだろうか。

政治(5年に一度の議会選挙)<娯楽。

こんな公式が成り立ってしまうキプロスはイイ。

果たして、私なら選挙とコンテスト、どちらに行くだろう。
ホリエもん、あなたならどっち?


コメント (2)

ポンポコポンをもう一度・・・

2006年01月13日 | 日記


昨日、知人と気になるお好み焼きやさんに出かけた。
味はさることながら、接客もイマイチで。

夕食時の空腹を満足させるためだけに、食した一食だった。
が。

お会計を済ませ、そのお店を後に仕掛けたその時。

「ありがとうございました!ポンポコポン♪」

今となっては、その言葉を自分で聞き取れなかった事が悔しい。

同行した知人が、その「ポンポコポン♪」を主張しない限り、私が気づかなかったのが、人生最大の汚点だ。(最大は言いすぎかも・・・)

その「ポンポコポン♪」をもう一度聞く為に、私は不味いお好み焼きを食指に、再びそのお店を訪れることだろう・・・。



コメント (2)