goo

[161]ファミプロオピニオン「深刻化する少子化による人口減少への対策とは」

■深刻化する少子化による人口減少への対策とは■

少子化による人口減少が、切実な問題になっています。

民間の有識者会議「日本創生」は、[1]急激に進む少子化と[2]東京への地方からの人口流出の影響で、今後地方人口が加速度的に減少、2040年には地方自治体(市町村)の約半数(896)が維持できなくなる可能性があると発表し(5月8日)、大きな衝撃を与えました。

有識者会議では、若者が結婚や出産・子育てをし易い環境づくり、地方の拠点都市を整備し、東京への一極集中に歯止めをかけることなどを提言しています。

これまで少子化対策といえば、女性が仕事と子育ての両立ができる環境づくりの重要性ばかりが強調され、保育所整備などの必要性のみが強く訴えられてきました。

しかし、少子化最大の原因は若者の晩婚化と非婚化にあり、有識者会議が若者に焦点を当てた政策を提唱したのは、画期的といえます。

少子化対策としては、若者の結婚や出産・子育ての環境整備ともに、結婚や家庭価値の尊さを理解する若者の意識醸成が大切で、それにより初めて環境整備も有効なものとなります。

そのような結婚・家庭の価値の啓蒙し、新しい家庭と家庭を基盤とした国家のビジョン・政策をめざす家庭強化の国民運動が、今こそ求められている言えるでしょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

[160]ファミプロエッセイ「孫からの母の日」

■孫からの母の日■

ゴールデンウィーク、毎年恒例の実家への帰省。

子供たちが小さい頃は、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に動物園などにも出かけていたが、母の足腰が弱ってきた最近は、近くのショッピングモールで食事と買い物が定番。

今回、私の妻と弟のお嫁さんが、洋服店で一緒に洋服を選んで母の日のプレゼントを贈っていた。

息子3人を育ててきた母にとっては、嫁からのプレゼントは本当に嬉しかった様子。

帰省最終日、小学校5年生の孫娘からもハンカチをプレゼントされ、これには、母も少し涙を浮かべ完全にノックアウト。

妻と子供たちに感謝しつつ、今度は、妻のお母さんに感謝の気持ちを伝えたいと思った。

(T.Y)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

[159]ファミプロエピソード「サプライズなバースデープレゼント」

 今週は「ほっ!と一息家族エピソード」に投稿されたエピソードを一つご紹介いたします。

■サプライズなバースデープレゼント■
(30代男性)

 久しぶりの休日でしたが、天候はあいにくの雨。家族で出かける予定でしたが、それもできずに仕方なく居間でテレビを見ていたら台所からなにやらガチャガチャと音が聞こえてきました。

 何の音なのかそっと覗いてみると4歳になる3男がお皿洗いをしていました。足元は水浸し、服の袖はボトボト。

「お皿洗いといいながら水遊びでもしているのだろう、妻が来たら怒られるぞ」と思いながら少し注意をしようと思って「何してるのかな?」と聞いてみると、「ママいつも忙しくしているやろ~。だからな、ちょっとでもお手伝いしようと思ってるねん。パパ見て~きれいになったやろ?」と自分が洗ったお皿を見せてきました。

 注意をしようとしていた自分を反省して「すごいなあ。きれいになったなあ」と言うと嬉しそうな顔をして更にもう一枚洗おうとしたので、これ以上やってお皿が割れたらだめだと思い、「ありがとう。後はパパがするからな」と言うと「だめ、全部自分がするから」と言ってやめようとしません。

 子供の純粋に親を思う心と躾をしようとする親の良識の攻防の中、次の一言を聞いてこれは私の負けだと思いました。

「全部洗ってなあ、ママをびっくりさせたるねん」

 前の日は妻の誕生日。3男からのサプライズなお誕生日プレゼントに夫婦共々思わず胸が温かくなりました。妻の目にはきらりと光るものが輝いていました。

(30代・男性)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

[158]ファミプロ家族川柳「月間家族川柳大賞のお知らせ」

 新緑がまぶしい季節を迎えました。今週は2014年4月度の月間家族川柳大賞をお知らせいたします。

 4月度の家族川柳大賞は以下の句に決定いたしました。ご投稿いただいた泰平楽さん、おめでとうございます。

『孫の前 兜かぶって やんちゃ爺』(作:ペンネーム・泰平楽)

 端午の節句を迎えて、兜をかぶって孫を喜ばせようとするお爺ちゃんの姿が目に浮かびます。お爺ちゃんが一番子供のようになっていたかもしれませんね。

 泰平楽さんには副賞として、特製クオカード500円分を贈呈いたします。

 そのほかのエントリー作品は以下の通りでした。ぜひ、皆様もいい句ができましたらご投稿ください。お待ちしております。

□お花見で 家族の笑顔 咲き誇り
□妻の留守 代打でヒット 父料理
□しりとりを 息子と競う 帰り道
□またひとつ 昭和の遊び 子に教え
□重箱を 広げお花見 三世代
□孫と読む 絵本うれしい 大きい字
□モミジの手 少し見ぬ内 グローブに

■月間家族川柳大賞は公式サイトでも公開しています。⇒ 月間家族川柳大賞

■また、エントリーされなかった投稿作品はツイッター上でご紹介しています。ぜひ、フォローしてください。⇒ ファミリー・プロミス公式ツイッター

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

[157]ファミプロだより「メルマガ3周年のご挨拶」

 このファミリープロミスメールマガジンは2011年5月7日(土)に創刊されました。

 当時、東日本大震災で大きな打撃を受けた日本をいち早く復興させるべく、家族の絆を中心とした新たな国民運動を巻き起こそうという潮流の中でこのメルマガは産声をあげました。

 以来、ファミリー・プロミスにちなんだ記事、川柳やエピソードの投稿作品紹介、大規模なキャンペーンの報告などを随時お届けしてまいりました。さらに現役教師によるメルマガも加わり、バックナンバーやFacebookなども含めて大変多くの皆様にご愛読いただきました。

 あらためましてご愛読いただいた皆様やご意見、ご感想をいただいた皆様、そして原稿を寄せていただいた皆様方に厚く御礼申し上げます。

 この国民運動はファミリー・プロミスの拡大とともに、家庭を基礎とした新しい国づくりを目指す運動として、これからもますます拡大していくことと思います。

 今後とも温かいご理解とご支援を賜りますよう事務局一同、心からお願いを申しあげます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )