goo

【Vol.39】私に家族をありがとう

 「ずっと変わらないたいせつなもの。」をキャッチコピーに、映画「ALWAYS三丁目の夕日'64」の上映が始まりました。
 毎日の当たり前の風景が、当たり前にそこにあることへの感謝。その優しさに、その強さに、その愛おしさに、そして、その温かさに…。「私に家族をありがとう。」を素直に口にさせてくれる、そんな懐かしい日本人の心の風景を呼び覚ましてくれる映画です。

 本年、仕切り直しの大相撲。怪力把瑠都が規格外のパワーで念願の初優勝、満員御礼の会場を沸かせてくれました。
 「言葉がない」と目を潤ませながら、故国より来日されたお母さんに「産んでくれてありがとう」とマイクを握りしめました。場所前に「迷わないで頑張って」と電話で語られたお母さんの一言で吹っ切れて臨んだ場所でした。

 コメディアンのコロッケさんが初の自叙伝を出版されました。「人生は、この五つの言葉たい!」と、どんな時もコロッケさんを支え続けたお母さんの心温まるメッセージです。
 ずっと変わらない大切なもの…それが「家族」。
 
 FamilyMart主催の「ありがとう手紙コンテスト」の審査結果が発表されました。ハンカチを片手にアクセスしてみてください。「ずっと変わらない大切なもの」との出会いが待っています。(T)
http://www.family.co.jp/company/eco/thanks_letter/2011/sakuhin.html

【今週の家族川柳】

 書きぞめに 「いのち」と書く娘(こ)と 重ねし想い

 初氷(はつごおり) すってんころりん 夫婦仲(めおとなか)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【Vol.38】家族で予防!「インフルエンザ」

 今年もインフルエンザが流行する時期を迎えました。小さなお子さんやお年寄り、さらには受験生がいるご家庭は特に気になるところだと思いますが、こういう時こそ家族みんなで予防に心がけたいものです。

 厚生労働省が「インフルエンザ一問一答」という動画をホームページで公開していますが、他にも「インフルエンザ予防の、おやくそく『お口をカバー。手を洗いグマ。』」というポスターが紹介されていました。

 インフルエンザの流行にそなえて、咳やくしゃみが出る人はマスクをして口をカバーし、外出したあとは手を洗うことを習慣化することを奨励するものですが、それを見ながらやはり「約束」って大事だなと思いました。

 何事も習慣化するためには「ルール」や「決まり」「義務」といった言葉を使うことがよくありますが、「おやくそく」というと一人ひとりの責任と信頼の上に成り立つというイメージでとても自然な感じがします。

 ファミリープロミス(家族の約束)も一つ一つは当たり前のような内容ですが、信頼関係がないと守れないものばかりです。

 常日頃から"ファミプロ"で信頼関係を築き、インフルエンザの流行時にも自然とお互いに気遣って「おやくそく」を守れる、そんな文化を広めていきたいものです。(I)

【今週の家族川柳】

 みぞれ雪 父にすがりて 傘ひとつ

 風邪気味で しょうがおにぎり 母の愛

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【Vol.37】世界最高の監督は世界一の夫

 なでしこジャパン主将MF沢穂希選手が先日、国際サッカー連盟(FIFA)の世界年間女子最優秀選手に選ばれましたが、佐々木則夫監督もまた女子年間最優秀監督賞を受賞するという栄光を手にされました。

 佐々木監督はインタビューの中で、「順風満帆に指導者としてやってきたわけではない。サッカーを辞めようかと悩んだこともあったが、妻や子供から激励され、支えられた。」と妻や子供に感謝のコメント。

 夫人は「世界最高の監督は世界一の夫です。」「片付けや食器の洗い物もよく手伝ってくれます。点数をつけるとしたら100点満点です。」と夫を絶賛。娘さんは「将来結婚するならばパパのような人」と家庭円満なほのぼのとしたインタビューが印象的でした。

 世の中、暗いニュースが多い中で、明るい話題を提供し続けるなでしこジャパンにエールを送り、今年のロンドンオリンピックでも金メダルを取って、また日本中をわかせてもらいたいものです。

 私達も『ファミリー・プロミス 8つの誓い』を身近なところから広げ、夫婦の絆、親子の絆を強めながら、家庭円満な一年となるよう願って出発していきたいと思います。(K)

【今週の家族川柳】

 雪だるま これならできる 夫婦仲

 つなぐ手は カイロよりぬくい 夫婦かな

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【Vol.36】家族、絆、ファミリー・プロミス

 2012年が幕開けしました。

 年頭は、明るく、朗らかに、希望的に、お祝い気分で出発したいものですが、どうもスンナリといかない、、、。

 いわゆる「2012年問題」のその年だからでしょうか。古くは、マヤ暦の予言、最近では映画、TVなどでも頻繁に取り上げられています。確かに政治、経 済、軍事、自然災害、環境問題など、国内外、各分野、どれをとっても誰もが不安感、焦燥感、危機感をぬぐい去ることのできない昨今です。

 3.11大震災、大津波による未曾有の惨劇から新たに見直されたものが「家族」でした。昨年の漢字では「絆」が選ばれました。

 私たち生きとし生けるものは、大自然の悠久なる営みの中で生かされ、守られていることをかみしめる時ではないでしょうか?先祖があり、両親あっての私であり、家族こそ何にもかえ難い宝物であることを、今一度、見つめ直そうではありませんか。

「夫婦の絆」「親子の絆」「家族の絆」を結び直し、深め合い、さらに親族、氏族、友人、知人、社会との絆を強め、広げていくことが明日の美しい日本、繁栄するアジア、そして、平和な世界へとつながっていくことを夢見たいのです。

 第一歩として身近な人から出会う人々に至るまで、ファミリー・プロミスの輪をドンドン広げることから始めましょうか!!

「問題の年」が昇り龍の年になりますように!!(M)

【今週の家族川柳】

 初笑い 家族の笑顔 福来たる

 お年玉 あげて嬉しい 祖父母愛

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )