goo

[185]ファミプロエピソード「金曜日はハガキの日」

 毎朝6時半に、夫婦揃って家を出る我が家。金曜日の朝は、決まって旦那が一言「ハガキ、持った?」と声をかけてくれる。

 自他共に認める、おじいちゃんおばあちゃん大好きっ子の私は、大人になっても、祖父母の家に3日と空けず顔を出していた。30数年続いていた習慣だったが、4年前東京に嫁ぐことになり、続けられなくなってしまった。

 そこで思いついたのが「ハガキ」。とりとめのないことを書いて送ってみると、それこそ3日と空けず、祖父からの返事が届き、そこから「文通」が始まった。

 都会での慣れない仕事・慣れない暮らしの中で、郵便受けを開けると入っている祖父からのハガキはいつも、ポッと私の心を温めてくれていた。

 2年前、「あれ?今回はなかなか返事がこないな。」と思っていたら、母から祖父が亡くなったと聞かされた。もういくらハガキを出しても、返事は来ない。

 それでも、ハガキは出し続けている。なぜなら今でも私からのハガキが届く度に、祖母が仏壇の祖父に、ちゃんと読み聞かせてくれているのだ。

 このハガキが、北陸と東京、そして天国までも結んでくれるよう願いを込めて…。金曜日の朝は、ハガキを片手に、急ぎ足で家を出る。

(30代・女性)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« [184]ファミプ... [186]ファミプ... »