goo

[178]ファミプロエッセイ「夫源病になる主婦増加中!?」

今週はファミリー・プロミスにちなんだエッセイをお届けします。

■夫源病になる主婦増加中!?■


「夫源病(ふげんびょう)」

 聞いた事ありますか? 読んで字のごとく、夫が原因で妻が体調不良を起こす現象で、医師の石蔵文信氏が命名したもの。特に、「良い妻」「良い母親」であろうとする良妻賢母タイプが要注意なんだそうです。

 今年の2月、サンケイリビング新聞社が全国の主婦687人に調査した結果、97.7%が「ストレスがたまっている」と回答し、1番多かったのが「対人関係のストレス」で全体の半数以上。その中でストレス源が「夫」と答えた人が48.5%もいたそうですので、この「夫源病」、他人ごとではなさそうです。

 石蔵医師によると、夫源病の解決策は、奥様の側からズバリ夫に改善してほしい点を伝えることだそうです。良い妻でありたいと思い過ぎず、イラッときたら溜めずにその場で指摘する事が大切なようです。伝え方の配慮は必要ですが…。それでも手に負えない場合は、奥様が小旅行や夜の外出などをすることで、夫婦間にほどよい距離を置くのもひとつの方法とのこと。

 一方、我々、夫陣も妻にストレスを与えない努力が必要のようです。次にあげるのは、少し前にネット上で話題になった「結婚に関する20のアドバイス」の抜粋です。参考にしてみてください。

 「愛することやデートすることをやめない」「妻の良いところをみるようにする」「妻の性格を変えようとしない」「自分の感情に責任を持つ」「妻を非難しない」「妻の感情の波を受け入れる」「妻を女性として扱うことを忘れない」「迷ったら常に愛を選ぶ」

【参考】
http://www.excite.co.jp/News/net_clm/20130828/Rocketnews24_362589.html

 男性の皆様、これまで以上に、奥様を大切にする心がけを!

(T.Y)
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

[177]ファミプロエピソード「息子のお手伝い」

今週は「ほっ!と一息家族エピソード」に投稿されたエピソードを一つご紹介いたします。「ほっ!」と心温まるエピソードは常時募集しております。ぜひ、どしどしお寄せください!
エピソード募集ページ

■息子のお手伝い■

食事の時間になった。私は大体決まった時間になると台所で料理をする。

ある日、料理が終わり、食卓に行くと、お皿やスプーンやフォークがたくさん並べてある。息子が進んでお手伝いをしてくれたようだ。その日は嬉しく、たくさん誉めてあげた。「ありがとね。」と何度も伝えた。

すると、次の日から毎日欠かさず、食事の準備をしてくれるようになった。

それ以外にも、洗濯の籠を運んでくれたり、自転車を入れる時に後ろから押してくれたりと、よく手伝ってくれるようになった。そのたびに、「ありがとう」や「すごいね」という言葉をたくさん言ってきたように思う。

他者を思う優しい言動は、やはりとても嬉しいものである。どんなに小さい子でも、言葉で伝えることはとても大切だと思った。

進んでお手伝いしてくれたことに感謝をしつつ、一つ一つできていく息子の姿を陰ながら応援していきたいと思う。

(20代女性)

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

[176]ファミプロ家族川柳「8月度月間家族川柳大賞」

 2014年8月度の家族川柳大賞は以下の句に決定いたしました。ご投稿いただいた神様大好きさん、おめでとうございます。

『西瓜切る 妻の思いが 厚み増し』(作:ペンネーム・神様大好き)

 8月は甲乙つけがたい作品が並びました。その中でも、奥さんの切るスイカの厚さが増したことでご主人が愛情を感じられたという句が選ばれました。

 何気ない日頃の仕草の中でも思いが伝わるものですね。

 神様大好きさんには副賞として、特製クオカード500円分を贈呈いたします。

 そのほかのエントリー作品は以下の通りでした。ぜひ、皆様もいい句ができましたらご投稿ください。お待ちしております。

◆ 木漏れ日の ゴーヤで昼寝 三世代
◆ 家の中 涼しいところは 猫に聞く
◆ 大正の クセを引き継ぐ 孫娘
◆ 孫たちに 財布がバテる 夏休み
◆ 子は夏が 母は九月が 夏休み
◆ 夏休み 母の思いは 新学期
◆ 夏休み 子の成長を 旅で知る
◆ 出産を 終えてわが子を 抱く笑顔
◆ 息子から 元気な便り カフェオーレ

■月間家族川柳大賞は公式サイトでも公開しています。⇒ 月間家族川柳大賞

■また、エントリーされなかった投稿作品はツイッター上でご紹介しています。ぜひ、フォローしてください。⇒ ファミリー・プロミス公式ツイッター

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

[175]ファミプロエピソード「うれしい宅配便」

 今週は「ほっ!と一息家族エピソード」に投稿されたエピソードを一つご紹介いたします。「ほっ!」と心温まるエピソードは常時募集しております。ぜひ、どしどしお寄せください!
エピソード募集ページ

■うれしい宅配便■


 子供達が生まれてから、ずっと家族は一緒だったのに、大きくなって、それぞれの進路に向かいはじめて、全員が揃う事がなかなかできなくなってきていた。

「今年の盆休みは帰れそう」といっていた次女は、全国レベルの大会をめざす部活のある学校に進学していて、なかなか休みがとれないので、一日でも二日でも全員揃う日を私達家族は皆とても楽しみにしていた。

 ところが、自然の事とはいえ、台風がまさしくこちらに向かってくる。「台風じゃお盆は無理そうだね。あ、チルド便でお母さんの好きなものを送っておいたからピンポン来たらでてね。」と言って電話を切る娘。私は帰省できなくなった事をとても残念に思いながら電話を置いた。

 そして間もなくして、ピンポーンとドアベルが鳴り、玄関を開けると、さっき話をしていた次女が「チルド(child)便で~す」といいながらニッコリ笑ってそこにいた。

 なんとか学校の都合をつけて二日間帰省できたらしい。念願の家族勢揃いの二日間を過ごせた。楽しい宅配便と一緒に。

(40代・女性)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

[174]ファミプロオピニオン「日本より深刻な韓国の少子化問題」

今週は「少子化問題」をテーマにしたオピニオンをお届けします。

■日本より深刻な韓国の少子化問題■

 現在、日本では少子化問題が深刻化しています。このまま少子化が進行すれば、2040年には全国の自治体の半数以上は消滅するとさえ言われています。

 しかし、日本以上に深刻なのが韓国です。日本の合計特殊出生率(一人の女性が生涯に産む子供の推定数)は1.42ですが、韓国は1.19(2013年)で経済協力開発機構(OECD)の中でも最低です。

 英オックスフォード大学のデビッド・コールマン教授は、「韓国は少子化によって人口が消滅した地球上で最初の国になるだろう」と予測しています。このまま推移すれば、韓国は122年後の2136年には人口が1000万人に減少し、2750年には消滅するというのです。

 少子化の原因は、日本も韓国も出産年齢期の人口減少や若者の未婚化・晩婚化にあります。何のために結婚し、子供を生んで育て、家庭生活を営むのか。結婚や子育てへの新たな希望、結婚と家庭価値の再発見が、両国にとって、まさに国家の存亡をかけた死活的問題となっているのです。
(N)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

[173]ファミプロエッセイ「残った、残った」

今週はファミリー・プロミスにちなんだエッセイをお届けします。

■残った、残った■

「♪はあ~、港気仙沼、一度はお出で。前に大島、岩井崎」

この「気仙沼音頭」の一説にもある「岩井崎」は震災からの復興の象徴となっている三陸復興国立公園の最南端にある。

大震災の復興状況を視察するため、天皇、皇后両陛下は先月23日、奇岩や吹き潮で知られる景勝岬、岩井崎を訪問された。

そこに、江戸時代の地元出身の横綱、『秀ノ山 雷五郎』の銅像が太平洋を見据え立っている。震災時の大津波にもビクともしなかった。皇后様は「やっぱり横綱は強いのね」とおっしゃられたという。

震災後4回目になるお盆のお墓参りの帰りに私も母を連れて家族でこの岩井崎に寄った。被災して別人のように要介護となった89歳の母も、とても感慨深そう。

かつて母が教員だった頃、子供たちをよくここに連れて来たという。

身長164cmという小柄な雷五郎は、皆にからかわれ辛苦を味わったが、家族の支えがあり逆境から見事に成長した。

岬に立つと太平洋と大空と木々がまぶしい。横綱は、今でも家族や子供たちを元気にしてくれる。

近くに来た子供たちも、希望に満ち満ちて声を掛け合っている。

「残った、残った」「残った、残った」
(K)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

[172]ファミプロエピソード「祖父母の子育て援助」

 今週は「ほっ!と一息家族エピソード」に投稿されたエピソードを一つご紹介いたします。「ほっ!」と心温まるエピソードは常時募集しております。ぜひ、どしどしお寄せください!
エピソード募集ページ

■祖父母の子育て援助■

 私たち夫婦は共働きで、現在3歳と1歳のこどもがいます。こどもたちは日中保育園に預けているのですが、フルタイムで働きながらこどもの保育園の送り迎えと家事を両立させるのは時間がかなりタイトで、帰宅してからは本当にバタバタします。

 夫の両親は、そんな私たちを助けるため、孫の保育園の送り迎えをかって出てくれました。毎朝こどもを我が家まで迎えにきてくれ、晴れの日は自転車に乗せて、雨の日は雨合羽を着て徒歩で保育園まで送り迎えしてくれます。もう14kgを超えるこどもを抱っこしたり、保育園へ持って行くお昼寝布団を毎週運んでくれたり、70歳になる祖父母にはかなりの重労働です。

 こどもはそんな祖父母の苦労はまだ理解できないので、朝保育園に行きたくないと駄々をこねたり、祖父母の顔を見ると保育園に連れて行かれると思いぷいっと顔を背けたりします。そんな時も祖父母は笑顔でこどもの機嫌をとりながら、なるべくしからずにこどもが自主的に行きたいと思えるようし向けてくれます。

 夫の両親への感謝の気持ちは、とても一言では言い表せません。私もまだ先の話にはなりますが、こどもが結婚し孫ができたら、夫の両親がしてくれたようにこどもの家庭を助けてあげたいと思っています。
(30代・女性)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

[171]ファミプロ家族川柳「7月度月間家族川柳大賞」

 2014年7月度の家族川柳大賞は以下の句に決定いたしました。ご投稿いただいたタンポポさん、おめでとうございます。タンポポさんは2014年3月にも受賞されていて、今回2回目の受賞となります。

『三代が 息ピッタリに 盆踊り』(作:ペンネーム・タンポポ)

 日本の夏の風物詩である盆踊り。三世代家族が一緒に参加している姿はあまり見なくなりましたが、三代がビッタリと合わせて踊る姿はとても微笑ましいですね。

 タンポポさんには副賞として、特製クオカード500円分を贈呈いたします。

 そのほかのエントリー作品は以下の通りでした。ぜひ、皆様もいい句ができましたらご投稿ください。お待ちしております。

◆「ママあのね」 ちゃんと笑顔の ママがいる
◆DSも 親子でやれば 楽しいね
◆散歩中 孫に教える 野花の名
◆我が家にも スイカとともに 夏到来
◆恩送り 星のベランダ 三世代
◆絵日記に 寝顔描かれる 夏休み
◆蝉しぐれ 息子に指南 日曜日

■月間家族川柳大賞は公式サイトでも公開しています。⇒ 月間家族川柳大賞

■また、エントリーされなかった投稿作品はツイッター上でご紹介しています。ぜひ、フォローしてください。⇒ ファミリー・プロミス公式ツイッター

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

[170]ファミプロだより「『家族の日』の作品コンクール・募集始まる」

 いよいよ夏本番の8月となりました。毎日猛暑が続いていますが、くれぐれも体調管理にご留意ください。

 さて、先日、長崎で痛ましい事件が起きました。子供たちが被害者や加害者になってしまう事件はとても胸が痛みます。

 以前お伝えしたように、先月は「青少年の非行・被害防止全国強調月間」でした。しかし、他にも青少年が被害に遭う事件が数件起きており、国のこういった取り組みが徹底されていない現状があります。

 当国民運動は、国連の記念日、国の強化月間やキャンペーン、自治体や民間団体の家庭強化の取り組みなどを積極的に奨励しています。ぜひ、そういった企画を意識していただきたいと思います。

 内閣府が主導する「家族の日」に関してですが、今年は11月16日(日)、「家族の週間」は11月9日(日)~22日(土)となっており、すでに内閣府のHPで企画の内容が発表されています。

 今年も「家族や地域の大切さに関する作品コンクール」と題して、写真と手紙・メールの2部門で作品を募集しています。当国民運動も例年通り11月にキャンペーンを行う予定ですが、ぜひ、この内閣府のコンクールにもご家族で参加されてはいかがでしょうか。

『「家族」で「地域」で見守る「子育て」。あなたのあたたかい気持ちを作品にしてご応募ください。』(内閣府HPより)

 ⇒家族や地域の大切さに関する作品コンクール募集要項

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

[169]ファミプロエッセイ「わーい、釣れた! 釣れた!」

「海の日」を前に、小学生の親子釣り大会を開催した。小さいけれど性能の良いボートに乗り込み、マリーナの沖に出たところで竿を下す。お父さんと息子のペア、お母さんと娘のペアが魚たちと格闘する。

 海釣りが初めの子供はリールさばきも思うようにはいかないが、不思議にも魚が食いついてくれる。

 無心に糸を垂れると、ググッと引く。戸惑いながらも、クイッ、クイッと糸を手繰り寄せると、見えてくる、見えてくる。思っていたよりも大きい。親も手伝って、最後にさっと竿を引き上げると、満面の笑みがこぼれた。

「やった、やった。釣れた! 釣れた!」

 歓声を上げながら、どうだ!と言わんばかりの顔で、釣りあげた魚と写真に収まった娘。傍らで、ほっと胸をなでおろす母親。自分のことより娘が釣り上げて安堵している。「船酔いが心配」とボートに乗るのをためらったいたこの母親も、小さな獲物を釣り上げた。

 大海原に漂う小舟の中は、大自然を創造された大いなるものの御手に抱かれているように心地よい。親子はその中で喜びを共有することができた。(R)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ 次ページ »