ファミリー メンタル クリニック

児童精神医学,サッカー,時にテレビや映画、Macのネタ。
要するにひとりごと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

医療改革法案は早めに通さないとね・・・

2006年05月20日 | 精神保健・医療行政
去年のエントリですが 奪われる日本という論文を紹介しています。アメリカが日本に出している年次改革要望書関連です。
 日本の医療費は決して高くはないのです。国際レベルで見て。これだけ産婦人科医がいない、小児科医がいないと騒がれながらも、アメリカよりもずっと良質の小児医療を行い乳児死亡率はコイズミ首相の尊敬するアメリカよりもずっといいのです。
 入院期間が欧米よりも長いので医療費がかかるといっていますが、それも入院日数は厚生省が資料を出していますが、1日あたりの入院費用に換算して1回あたりの入院費用が入院日数に比例して高いのか資料を出していません。
 きっとある程度入院できて安心で その割に低コストという結果が出るでしょう。でも厚生省は医療費を削減、窓口負担を値上げしたいのでそんなデータは出さないでしょう。国会議員にきちんと資料を提示し議論して欲しいです。
 何も分からないけど頑張りますではね・・・・自民党の若手議員にいますけど。

さて、医療改革?法案では老人医療費が値上げになります。
最近何かと出てくる外資系保険会社のCM老人でも無審査で入れます・・・そんな感じで広告を垂れ流しています。
老人医療費が高くなった。団塊世代が大量に退職。そろそろ本気で老後の福祉や医療を考える。
これだけ頑張ったのに、医療費が高騰する。でもまだ70歳までは10年あるし・・・

働き働き定年を迎え、老後のことを考えようという時期に このタイミングで医療費の問題が出てきた。
おいおいこりゃ今の保険ではまかなうことができないな・・・
老人医療費外来でも使える保険が出来た。へーこれに加入するか。
医療保険も当てに出来ないしね・・・

またBSE問題も片づいたようなニュースがある。
日本政府はやはりイニシアチブの通りに動いているとしか思えない。

凶暴罪については年次要望書にはないので 少し長引いても良いのかな?
医療保険と牛肉は日米通商問題なので強行突破しないと いけないのだろうな・・・
と考える今日この頃です。

そこでモーソーすると日本の官僚は、日本の国民の医療を考えるのでなく、イニシアチブにそって仕事を進めていく。
その戦略上で、医師の過労死も奨励し、医師不足の国民に医療は水のようにいつでもアクセスできるものではないのだと、医師不足すら戦略通りではないかと思われる。
 こんな過酷な労働環境ではやってられない。
おいおいトラストホスピタル(もちろんモーソー上の病院)が医師を高給で雇うらしいぜ。
しかも社長(院長でなく理事長でもなく)は外資系保険会社だからつぶれることもない。
こんな県立病院でこき使われるなら そこに移るか・・・

優秀な医師がそろったトラストホスピタルへ・・・とテレビでも大宣伝合戦。
しかしその病院の治療費は高い。やはりトラスト保険に入ってた方が良いみたいね・・・

モーソーすると医療改革法案の流れはそんなところから。
団塊世代が70歳になる頃に、皆がこんな医療改革法案のことなんて忘れた頃に訪れる問題だろう。
厚生労働委員のタイゾーblogもモーソー的に読むと こんな解釈が可能だ。

若い世代は老人世代に医療費を払えない。首相もある一定の負担で医療を継続すべきだ。
これを考えると民間医療保険という線が濃厚だ。

ジャンル:
ウェブログ
Comments (3)   この記事についてブログを書く
« 古い体質は結局何も変わってない | TOP | これからの発達障害児・者支... »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
WHO評価 (塚本)
2006-05-20 17:30:07
では日本の医療の評価は世界一ですね。平均寿命・出生死亡率・医療費なんかで比較するとそうなるようです。

対GDPでは医療費はOECD中最低なのに、平均寿命が高かったり、出生しての死亡率が低いという事でしょう。けちけちな医療費な中での医療従事者のがんばりですよね。

また全国フリーアクセスの保険制度も強みですよね。民間保険にしたら医療費も上がるし(アメリカの医療費は世界一)受診権も侵害されるのはアメリカを見ればわかることです。

小泉改革での風当たりは前回の911総選挙でさらに厚生省に強くなったようですしね。つくづく郵政選挙はいかさまだったと思います。
年次改革要望書のこと (在宅介護人)
2006-05-20 20:22:40
あの月刊誌で取り上げられたものの、TV報道では全く無しですね。米国が突き付けてきた全容と、外資系保険金融流通関係と、政府関係者のつながりと、それら全部を報道して、現政権が描く日本の近未来像を示してくれるTV・新聞があるといいなと思っているんですが。
政府の言うほど最悪ではないのです (なかまた)
2006-05-21 00:44:25
日本の医療が最高によいとは言わないまでも,サッチャー政権で民で出来ることは民で路線で医療が最悪になったイギリスは今医療界の回復政策をとっているけどなかなか立ち直らないようです。

Recent Entries | 精神保健・医療行政

Similar Entries