ぼくのありか。

僕は此処にいる。君は何処にいる?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

うたわれるもの 第17話 「幼き皇」感想。

2006年07月28日 | うたわれるもの
<<< うたわれるもの >>>

●○あらすじ○●

僕等がしっぽに現を抜かしている間に。
彼女達が霊獣と戯れている間に。
二人が語り合っている間に。

運命は交わっていた。


●○できごと○●

対面

其方、なかなか興味深い男だ

・・・ツッコんでいい?
おーけー、おーけー。

どう考えても、おめーの方が興味深ェだろうが!
そのマスクドな感じとかよ!

饒舌

特別な力。
二つの神。

ウィツアルネミテア、オンヴィタイカヤン。

これから、鍵となってくるもの。
これから、ね。

それにしても・・・憶えにくいし、読みにくい。
声優さんも大変でしょうね。

ありがたい話を延々と語ってくれたから、ありがた過ぎて舟を漕いでいた

面白いことは面白いのだろうケドも。
クーヤはウケ過ぎ、喋り過ぎ。

“次”があるのはハクオロさんにも意外でしたか、そーですか。

しっぽ

ベナウィに超ウケた!
ウケ過ぎた!
クールに怒ってるぜい!絶対零度!
ところで。

そんなこと、ないですよぅ

バサバサ。
バサバサバサバサッ!!!

エルルゥのしっぽぉぉぉーーーーーー!!!

褒められて、照れるエルルゥ。
きゅ、キューーーーーートッ!!!
やられた。

薬×ハチミツ=毒

オボロさん、二日酔いデスカ・・・。
それより、ドリィ&グラァが問題だよね。
いや、良いんじゃないかな。
愛ってそういうものだよね・・・・・・だよね?

薬×ハチミツ。

み、見届けないのか?

見届けない(きっぱり)

ここで。

あの、やっぱり飲まなくていいです
私、やっぱり一人前には程遠いみたいですから
いいんです、分かってましたから・・・
(超切なく)

やるべきことは一つ。

(オボロ、飲め!)

俺に死ねというのか!)

(人はそう簡単には死なん)

(ーーーっ!!!)

瞬間、アイコンタクト。

そして、オボロは散った。

花花

カルラに出会い。
・・・めっちゃ酔ってる!

この程度では飲んだうちには入りませんわぁ

デレモード!
って、別に普段からそんな感じか・・・。
カルラは言葉遣いが宜しい。大好き。

本音

・・・徐々にトウカの化けの皮が剥がれてきたなぁ。
うむうむ。
この調子でどうぞ。

変な動物登場!
例えるなら、そうだな・・・キュピーンって感じだな。

あわわわ

珍しい霊獣。
ということで。

しかし、聖上!
必要とか必要ないとか、可愛いとか可愛くないとかぁ


トウカがイイ感じに。
やったー

霊獣は怪音波を放った。
ポケモンみたいだった。
しかも、逃げた。

名前

アルルゥとユズハ。
穏やかー

霊獣→ガチャタラ

ユズハはええ娘やなぁ。
感動するわー

そんなお兄様、キライ

グサッって感じ。
やっぱり妹の方が強いのね。

名前を付けたら買取とは・・・。
悪徳ですな。

正体

ハクオロは好色皇・・・?
あるいは男色・・・?

仮面は取れないよー

実は女の子だったりするクーヤ。
そして、それ故の苦悩。

巨大なる影。
運命とは常に残酷であるべきか。

●○ひとりごと○●

最高に面白かった。
それだけ。

さて、ラジオ聴こぉーっと。

次回 : 解放軍


In the Ranking
二度目の記事なので、テキトーになった。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 真心の一言日記 「7月27日」 | トップ | 真心の回顧録 その10 ~ゆ... »

コメントを投稿

うたわれるもの」カテゴリの最新記事