ぼくのありか。

僕は此処にいる。君は何処にいる?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊少年マガジン19号感想。

2006年04月12日 | 週刊誌

そういえば、ジャンプの感想を書いてないや。
月が素敵だった。コレに尽きる。

魔法先生ネギま! 132時間目 春は出会いと別れの季節ネ

天才・超鈴音。
彼女の物語が動き出す。
告げられる別れは何を意味し、何処へ向かうのか。

次回以降が気になる展開。
超は一体何者なのか・・・。

エア・ギア Trick:124

王蟲の弱点が判明。
決着かと思いきや、往生際が悪く。
キレてんなぁ。
ていうか、あの髪はどうなってんのか。

次回は久しぶりにカズ君が活躍しそう。
魅せてやれ!

School Rumble #173 SAYURI

うわぁ、謎展開。
極めて理解が難しい。
そんな中でも沢近嬢は輝いていた・・・。


ランキング参加中。
謎だらけ~♪謎だらけ~♪






コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« うたわれるもの 第2話 「荒... | トップ | 週刊少年サンデー19号感想。... »

コメントを投稿

週刊誌」カテゴリの最新記事

トラックバック

週刊少年マガジン~金田一少年「獄門塾事件」など (一言居士!スペードのAの放埓手記)
週刊少年マガジン[:学校:]で『金田一少年の事件簿』の新作「獄門塾殺人事件」が始まりました[:見る:]。私は、金田一少年は初回から読んでいますが最近はたまに連載されるようです。 その分、質は高くなっているようですが、この前のは犯人は当てれたのですが細かいトリッ