La vita con musica

日記を綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

愛聴盤 美術館 台風

2006-09-17 18:02:08 | Weblog
え~、だいぶ長く空いてしまいました。いつものことやけど。

もうすっかり夏は過ぎて涼しくなりましたね。秋は一番好きな季節です。この季節になると絶対に聞くCDが2枚あります。
一枚は久石譲の「shoot the violist」。中三の秋に、久石さんのソロアルバムで初めて買ったCD。その後たくさん久石さんのCDを買ったけど、個人的ベストはダントツこのCDです。メロディックな久石さんとミニマルな久石さんの両方が楽しめます。久石メロディーはオーケストラよりも小編成のアンサンブルでやった方がすごくまとまりますね。バラネスクカルテットとのセッションが奏でる音色は秋の空気にぴったりやと思います。
もう一枚は西村由紀江の「自分への手紙」。これも中三の秋に買ったCD。おすすめは一曲目の「やわらかな朝の雨」。西村さんの優しいメロディーや、透明感のなかに何処か切なさを感じる独特の和音の響きが秋から冬にかけての季節にぴったりやと思います。
この二枚は秋になると絶対に聞く愛聴盤です。

先日、灰羽連盟のサントラ「ハネノネ」を買いました。作曲者は映画音楽で有名な大谷幸さん。大谷さんは以前から名前は知っていたんやけど、まともに聞くのは初めて。一気に好きになりました。
ハネノネはとても良いですよ。全体的に落ちついた曲が多く、いろんな場面がよみがえってきます。ただ、最後の曲「Alies Grises」は普通には聞けませんが・・・。音楽と物語がしっかりと支え合っているので、聞くととても苦しくなります。
このCDも愛聴盤になりそう^^ アニメ、サントラ共におすすめですよ。

先日、前々から行こうと思っていたプラド美術館展に行ってきました。天王寺の大阪市立美術館で10/15まで開かれています。展示されていたのはティツィアーノやエル・グレコ、ルーベンス、ゴヤといったような有名どころから、ちょっとマニアックな作家の作品まで100点近くありました。やっぱりバロックやロココ時代の絵は良いです。いかにも飛び出しそうなほどに迫力があります。音楽もそうですが、絵画も生で見ないと本当の良さは伝わらないと思います。1100円の価値は大ありでしたw
京都駅で今開かれているミュシャ展にも行かなきゃっ!!10/1で終わりらしいので、終わる直前に行ってきますw 最近特にミュシャ人気が目立ちますね~ なぜだ??

明後日から合宿やのに、台風が来てやがる・・・。かなり勢力大きいらしいね。ダイジョウブかなぁ~
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小説 コンテスト 夏の終わり | トップ | 雨 合宿 いちご »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (通りすがりの灰羽好き)
2006-09-17 19:45:50
ごぶさたしてます。

ハネノネ入手おめでとうございます。

ハネノネが気に入られたのなら、せひともプチノネも聴いて欲しいですね。

プチノネは、商品として売れるレベルのCDなのに、初回版CGO3のオマケとして添付されていた

サントラCDです。

人によってはプチノネのほうが好きだという人もいるみたいですよ。

でも、初回版のみに添付というのが問題ですよね…

頭のすみっこにでも入れておいて、もしどこかで見かけたら買ってみることをおすすめします。
Unknown (FALL)
2006-09-17 22:08:14
お久しぶりです^^

一ヶ月以上経ったのに未だに灰羽が頭から離れませんよ。離れて欲しくないんですけどね。

ハネノネ、メチャクチャ良いですね♪一応音楽やってるんで、耳コピーして適当にピアノで弾いて楽しんだりしています。プチノネ・・・聞きたい!!初回限定ってことはもう手に入る可能性は低いんでしょうか・・・。中古でもいいから欲しいですね~ どっかに売ってないものか・・・。根気強く探してみます^^
Unknown (通りすがりの灰羽好き)
2006-09-17 23:29:32
わたしなんて、頭から離れなくなって数年です (笑)

新品のプチノネの購入は難しいですね。でも未放送地域ではたまに特売として捨て値(!)で売ってたりすることもあるそうです。地方に行ったときにのんびり探すか、中古DVD屋さんにポロリとあるのを期待してじっくりと探すか、オークションぐらいしか入手方法がないかもしれません。

ヤフオク狙いなら↓が参考になるかもです。(3巻、COG3)

http://www.aucfan.com/search1?d=1&t=-1&q=%b3%a5%b1%a9&o=t1



楽器は昔に諦めたことがあるので、弾ける方は無条件に尊敬しちゃいます。

いいなあ~。アレンジとかいろいろ考えてみると楽しそう。

あと灰羽のCDといえば、amazonで購入できないものとして、ハナノネという同人CDがあるようですよ。権利的にはアレですがサンプルも聞けるようです。

http://himesuiren.at.infoseek.co.jp/ah/index.html
Unknown (FALL)
2006-09-18 21:16:40
こんばんは、情報ありがとうございます!!

オークションという手がありましたか!オークションなら出そうですよね。ちょくちょくチェックしないとっ。

同人CDも出ていたのですね。やっぱり音楽やっている人は灰羽を自分なりに表現したいんだなって思いました。

そういえば、一番聞きたかった「Alies Grises」の弦楽器バージョンがサントラに入って無くて残念に思っていたんですけど、プチノネに入っているんでしょうか?あの曲、思いだしただけでも胸が締めつけられます・・・。
Unknown (通りすがりの灰羽好き)
2006-09-18 21:30:45
「Alies Grises」の弦楽器バージョンというのは、8話の最後やレキが花火を見上げるシーンでかかった曲でしょうか? あの曲だったら、まったく同じのはないんですよ!! なぜか、ないんです。わたしも大好きなんですが…

一番近いのは↓でしょうか。

Blue Flow(シングル) 硝子の夢(off vocal)、試聴可能

http://www.neowing.co.jp/detailview.html?KEY=LACM-4078
Unknown (FALL)
2006-09-19 08:00:18
確か、クウが巣立った後にラッカが西の森でクウの光輪を見つけて走り出すシーンと、最終話でラッカがレキを助けるシーンで流れていたと思います。花火のシーンも大好きなのですが、流れていた曲覚えていないんですよね・・・。同じ曲だったかな。

プチノネには入っていないんですか!さっき硝子の夢のサンプル聞きましたけど、すごく良いですね♪どういうアレンジをしてもこのメロディーは心に響く感じがします。
Unknown (通りすがりの灰羽好き)
2006-09-19 21:49:09
わわわ、すみません。

思いっきり思い違いをしてました。

チェロらしき重い感じではじまる曲で、9話で木彫り人形にタバコをくわえさせるシーンでも使われてた曲ですね。それならタイトルは「悪夢・別離・喪失」でプチノネに入ってます!

「Ailes Grises」は灰羽連盟のメインテーマなのでいろんなアレンジバージョンがありますね。
Unknown (FALL)
2006-09-22 11:56:09
あ、入っているんですか!!すごく聞きたいんですよ^^ 

通りすがりの灰羽好きさんが言ってた曲、思い出しましたよ。バックにマンドリンらしき音が鳴っている切ない感じのアレンジの曲ですよね。あの曲も良いですよね♪

調べてみたらプチノネの評判ってすごく良いみたいですね。早く聞いてみたい^^
Unknown (通りすがりの灰羽好き)
2006-09-22 22:13:22
実はあの話の曲のMIDIを作ろうとして、途中であきらめてしまったことがあるんですよ。最初の数小節だけで、それはそれは必死でした。 (笑)



それからヤフオク狙いならあまりあせらずにね。

値段が上がりすぎると転売屋さんに目をつけられちゃうので…
Unknown (FALL)
2006-09-24 00:29:41
通りすがりの灰羽好きさんもMIDIをやってらっしゃるんですね!耳コピーは難しいですよね。私も以前は耳コピーにはまっていましたけど、すごく難しくて時間もかかるので最近はやっていませんが。自分なりにアレンジして作る方がある意味で楽だし楽しいです^^ 灰羽を見て曲を作ったり、何かを表現したいって気持ちはすごく分かります!



転売屋さんとかいるんですね・・・。オークションは初心者なので、落札のテクニックとか全然分からないのですが、とりあえず焦らずに頑張ってみます!

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事