La vita con musica

日記を綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

琵琶湖 鳩 テルーの唄

2006-08-25 11:28:44 | Weblog
晩夏の琵琶湖を満喫してきました。

サークルの先輩3人と京都駅で集合した後、湖西線で堅田駅まで行き、平和堂にて酒や食べ物を買い、なぜか花火も買い(しかしこれがとても重要なアイテムだった)、バスで目的地の真野浜水泳場を目指した。ついてみると意外に人は少なく、まったりとした空気が漂っていた。真夏の白浜とは大違い・・・。とりあえず屋根のあるベンチに腰掛けて腹ごしらえした後に、水着を持ってきたK先輩は泳ぎに、水着を持ってきていない残り3人はすることもないのでだべってました。(連絡がうまくまわっておらず、集合するまで”泳ぎに行く”ことを知らなかった・・・)
とても心地の良い時間だった。まったりとしながら就活のことや今後のサークルのことなど、すごく真剣な話をしていた。

ポテチを開けると、鳩が寄ってきた。暇だったので、その鳩で遊ぶことに。しっかりと餌付けされているその鳩は人が近づいても全く逃げず、むしろ鳩から寄ってくる。鳩なのにまったく飛ばず、ずっと歩いていた。鳩にポテチを上げるとものすごい勢いでそれを突いて食べるんやけど、たまに破片が大きすぎて口に入らず、つっかえる。もうそのときの顔は必死で、鳩には悪いけど大爆笑でした。

目の前に琵琶湖があるのに本当に何もしないで時が過ぎた。ずっとスピーカーからポップスが流れていた。時間は5時過ぎ、夕暮れ時に「テルーの唄」がスピーカーから流れてきた。「夕暮れ・波音・テルーの唄」この組み合わせはやばいくらいに切なくなります。もうベストマッチです。是非お試しあれw

6時を過ぎるとほとんどの人が帰り、余計に静かになった。そのとき、売店の前にブランコ&鉄棒発見。どっちも小学校ぶり!最初にブランコに乗ったんやけど、めっちゃくちゃ気持ちよかった。目の前に広がる湖を眺めながら漕ぐとすごく気持ちいい!鉄棒ではなぜか懸垂大会。そのせいで今日は朝から僧坊筋が激しく痛いです。遊びで懸垂なんてやるもんちゃうわ・・・。

すっかり日が暮れた後、某Y先輩が新しい伝説を4つも作ってしまいました。あのムービーはもう永久保存版ですね。あんまり詳しくは書きたくないので、この話はこの辺で。

なんやかんやで楽しい一日やった。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 小説 コンテスト 夏の終わり »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (miki)
2006-08-25 19:07:42
鳩・・がっつきすぎw

鳩の表情にウケる事があるなんて・・・

今まで想像もしなかったょ(o´艸`)



テルーの唄は、とっても好きなんだけど

友達と『ゲド戦記』見に言ってちょっと

・・・ぃや、かなり怖かった!!



ぁれ、ジブリじゃない。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。エーン!!

怖くて怖くて、最後は恐怖だけ残ったよ~

ぁたしが怖がりっていうのが強いんだろうけど。

あきは見た?(♛ฺܫ♛ฺ)
Unknown (FALL)
2006-08-26 18:46:05
鳩、めっちゃおもしろかったよ!

必死な顔が・・・



ゲド戦記はまだみてないねん~

見ようかどうか迷ってるとこ。駿さんじゃないし、どうしよっかなぁ~って。

怖い映画なん??あれって。



テルーの唄はバイト先のコンビニで嫌というほど聞いてるんやけど、場所と環境が変わったらこんなにも曲の印象が変わるのか!ってくらい新鮮に聞こえたよ。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事