Mrs.ベリーのVeryな一日

☆ミセス・ベリーのSmileダイアリー☆エレガントな女性目指してセルフプロデュース中(^v^)

終末のフール

2008年04月26日 14時46分19秒 | ベリーの感想文(本・映画)
終末のフール
伊坂 幸太郎
集英社

このアイテムの詳細を見る

天気     GW前半開始

 

伊坂幸太郎 著 : 終末のフール
を、読みました。

 

地球はあと3年で小惑星と衝突し、世界は破滅してしまう。
そのニュースが発表されたのは、5年前で、そのころは
世界中が混乱し、社会が機能を停止していました。
暴動、略奪、殺人、自殺。
助かることが出来る場所を探して、大勢の人の移動。
しかし5年後、人々は少し平静を取り戻します。
そんな中、仙台市郊外のヒルズタウンという住宅街に暮らす
住人達の物語でした。


 

本を読みながら、私だったらどう反応するだろ?と考え続けました。
沢山の人が絶望し、仕事を放棄した中では
日常の些細なことでさえ、ままならないのですね。
私は、パラダイスのように幸せな毎日に暮らしているんだなと
思えた作品でした。

 





 


この記事についてブログを書く
« おNew炊飯器 | トップ | 夢を与える »
最近の画像もっと見る

ベリーの感想文(本・映画)」カテゴリの最新記事