Mrs.ベリーのVeryな一日

☆ミセス・ベリーのSmileダイアリー☆エレガントな女性目指してセルフプロデュース中(^v^)

夢を与える

2008年04月27日 15時09分25秒 | ベリーの感想文(本・映画)
夢を与える
綿矢 りさ
河出書房新社

このアイテムの詳細を見る

天気      ドライブ日和

 

綿矢りさ 著 : 夢を与える
を、読みました。

 

夕子の父は、日仏のハーフで夕子はクオーター。
赤ちゃんのころから、愛くるしい容姿は
大きくなってからも、さらに美しさを増して
子どもモデルの世界から、芸能界へ本格的に仕事を始めます。
夕子を全身全霊でバックアップしてくれる母は
夫との間に問題を抱え、それゆえに夕子との仕事に
のめりこんでゆきます。
しかし、主人公夕子は体だけではなく、
心も健やかに成長した女の子で、中学生になった彼女は
小さな疑問を持ち始めます。
   「みんなに夢を与える女優さんになりたいです。」
インタビューのたびに、この言葉を口にするたびに
なにかざらついた違和感を覚えるようになる夕子。
そして、物語の終盤悲しい結末で幕は下りますが
その結末が、人に夢を与えるという事が
どういうことなのかを、物語っています。



私ベリーも、実はずっと思っていたんですよね。
この“与える”って、いかがなもんだろうと。
同じ違和感を、こんなに考えさせられる物語として書いてくれて
綿矢りさありがとう!!という感じです。
事実は小説よりも奇なりと、いいますね。
芸能界って、本当に大変なんだ~。と思った本でした。

 

 



 


この記事についてブログを書く
« 終末のフール | トップ | gooブログを旅しようキャンペ... »
最近の画像もっと見る

ベリーの感想文(本・映画)」カテゴリの最新記事