Mrs.ベリーのVeryな一日

☆ミセス・ベリーのSmileダイアリー☆エレガントな女性目指してセルフプロデュース中(^v^)

ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉

2015年08月04日 11時43分24秒 | ベリーの感想文(本・映画)
ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉―鳥刺し男編
村上 春樹
新潮社


村上春樹 著 : ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉
を読みました。


岡田亨は、捻れた生活の核心に迫ってゆく
新たなキャラクターのナツメグ&シナモン親子や
牛河という泥臭い男が登場し
頬のアザの熱は相変わらず冷めない
井戸の底の壁抜けに成功し
奇妙な迷路のようなホテルに至るクライマックス!
愛する妻を連れ帰ることは出来るのか?


この季節は、日本中が終戦のメモリアルを感じるものですが
この三部作では終始、ノモンハンの激戦や
シベリアの収容所や、新京のロシア侵攻直前のシーンが
描かれていて、図らずも戦争について考えさせられました

深い井戸の底は人の深層心理
穏やかな人の二面性
賢そうな人の浅薄さ
不思議なシュチュエーションを
ふんだんに散りばめながら
進んで行く春樹の作品
慣れたら楽しく読めました

今更ながら、1Q84読みたいな(笑)