樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

タカの渡り

2012年10月01日 | 野鳥
バーダーにとって秋の楽しみの一つはタカの渡り。私も京都府のホークウォッチングのメッカ・岩間山に5回通いました。
宇治市と大津市の境にある山ですが、今年は豪雨災害で大津へのメインルートが通行止めになっているため、裏道ルートでアクセスしました。山を3つ越える途中には、まだ豪雨の爪痕があちこちに残っています。
1ヵ月半経ってもまだ復旧工事が続いていて、「当面は宇治の土建屋は食いはぐれがない」という人もいます。


土砂崩れによる流木


土嚢で応急処置された川岸

タカたちも、ガケ崩れで無惨な姿になった山々を見下ろしながら南へ渡っていくのでしょうね。
このポイントで最も多く出現するタカはサシバ。毎日数人が張り付いて調査していますが、この1ヶ月で約3800羽が通過しました。
私が訪れた日もたくさん飛びましたが、動画撮影はトリミングできないので一定の大きさでファインダーに入れたまま1分以上追いかけなくてはいけない、(私のカメラとレンズのセットは)AFでは合焦しにくいといった課題があって、なかなか満足できる結果が得られません。被写体が少し小さいですが、たくさん撮ったなかのベストショットが以下です。



サシバの次に多いのはハチクマ。これまでに約600羽が通過しました。大きな翼でゆったり渡っていくので、ホークウォッチャーには人気の高いタカです。
新しく買ったビデオ用三脚を使って撮りましたが、35mm換算で2340mmの超望遠なので大きく写そうとするとファインダーのブレが目立ちます。



タカの渡りの動画撮影は難しいですが、このポイントには10月にも何度か行ってみようと思っています。

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« Tree Cafe | トップ | 警戒心 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (guitarbird)
2012-10-02 06:19:25
おはようございます
ずっと見上げて動画を撮影するのは大変でしょうね。
渡りが見られる場所が近くにあるのは行きやすくていいですね。
しかし道路がひとつ閉鎖されているのは、最近はこちらのBLOGに来る度に台風の被害があったことを思い出すのですが、まだ終わっていないことが分かりました。
青空や白い雲を (fagus06)
2012-10-03 06:32:37
背景に飛ぶタカは、目標物がないのでファイダーに入れるのが一苦労です。
でも、難しいからおもしろいという一面もありますね。
北海道にはオオワシの渡りが見られるポイントがあるそうですが、一度見てみたいです。
日本ハムの優勝、おめでとうございます。
Unknown (guitarbird)
2012-10-03 08:42:10
ふたたびですが、オオワシの渡りが見られるポイントのひとつは、オホーツク海側の雄武町の日の出岬で、そこは温泉宿があって、運が良ければ温泉に入ったりロビーでくつろぎながら見られるそうですよ。
なんといっても宿があるのでいつかぜひ行ってみてはいかがでしょうか。
私は行ったことはありますが8月でもちろんオオワシはまだでした。

そういえば昨日ヤフーのニュースで、栗田湾の宮津市にイルカがいついているという話題を見ました。

ファイターズ優勝は、正直、4月5月にはまったく思ってもいなかったです(笑)、ありがとうございます。

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事