樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

鳥の保育園

2019年07月25日 | 野鳥
白神山地から帰った翌々週、いつもの栃の森に行ってきました。前夜から降り続いていた雨は、翌日も降ったり止んだり。鳥もあまり出てきませんが、湿原の林でカラ類の混群に出合いました。
よく見ると、ほとんどが幼鳥。シジュウカラ、ヒガラ、ヤマガラの幼鳥が30羽ほど入れ替わり立ち替わり、樹の枝先で採餌しています。すぐ近くにはキバシリの幼鳥も2羽いました。
保育園のお散歩を見ているようで、心なごみます。そのうちヒガラ組の1羽をカメラに収めることができました。無邪気で可愛いですね。



私はいつもは樹と鳥しか撮影しませんが、支部の記録用動画を撮っている仲間がお休みだったので、代役として冬虫夏草やタゴガエル、マムシなども撮影しました。アナグマとテンの頭蓋骨も撮りました。
帰路、トチノキの巨木があるせせらぎでカワセミに遭遇。こちらも幼鳥です。こんな山奥にもカワセミはいて、以前から鳴き声を聞いたり飛ぶ姿を一瞬目撃したことはありますが、じっくり観察できたのは初めて。



何度もせせらぎに飛び込んでいたので、多分、親離れした後、餌を捕る練習をしていたのでしょう。
幼鳥たちがこうして一人前になって、来年また私たちの目を楽しませてくれるとうれしいです。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 白神山地の樹木 | トップ | 樹木の多様性 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazuyoo60)
2019-07-25 12:13:06
モヤですね。神秘的に見えます。綺麗な羽の色も十分には出てないですね。元気に大きくな~れ、です。
幼鳥たちの保育園、勝手に連想して面白がっています。巣立ってすぐの鳩とヒヨドリは見ています。
kazuyo様 (fagus06)
2019-07-26 07:50:19
可愛いでしょう? 幼鳥。
ガスってくると風景は神秘的で美しいのですが、着ているものや持ち物が濡れてうっとおしいです。
雨天の場合は、帰宅してからが大変で、持ち物を全部広げて乾かさないといけないんです。レインウエア、カメラ、三脚、レジャーシート、リュック…、部屋がいっぱいになります。
カワセミの色が出ていないのは、光が横から入ってくるせいもあるのですが、幼鳥は全体的にくすんだ色をしていることもあります。
Unknown (白蝶)
2019-07-29 12:35:30
園児たち可愛いですね~!
せっせと虫を食べてくれるので
樹木にとっても大助かりですね。
もし鳥がいなければ世の中は
どんなに虫だらけになるだろうと
いつもツバメを見ながら思います。
白蝶様 (fagus06)
2019-07-30 08:52:27
人間の園児たちのお散歩も可愛いですよ。外で出合うと、思わず足を止めて手を振りながら見てしまいます。
樹木と鳥の関係は、普通は木の実を考えますが、おっしゃるように虫の捕食も大きいですね。キツツキ類も含めて。
いつか支部報で「木と鳥」を特集するつもりです。木の実の色によって来る鳥の数が違うとか、木にとっての種子散布などの話を書くつもりでしたが、虫のことも調べてみます。

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事