樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

生物の改名

2019年05月30日 | 野鳥
絶滅しそうになったアホウドリの保護に取り組まれた長谷川博さんの講演会が近くで行われたので行ってきました。
伊豆諸島最南端の鳥島にわずかに残っていたアホウドリを増殖するため、営巣地に草を植えたり、デコイと鳴き声で呼び寄せたり、40年以上活動され、当初69羽だったアホウドリが昨年5,000羽以上に増えたという感動的なお話しでした。


アホウドリ(Public Domain)

長谷川さんは「アホウドリ」という標準和名を「オキノタユウ」に変える運動も展開されています。昔、羽毛や肉を取るために人間が近づいても逃げなかったのでアホウドリと命名されたのですが、鳥に対して失礼なので、長崎県の地方名「オキノタユウ」(沖の神様)に変更したいそうです。
そういう微妙な名前の鳥は他にもいるのではないかと思って調べてみました。ひっかかったのは、トウゾクカモメ。他の鳥がくわえている餌を横取りする習性があるので「盗賊」と名付けられましたが、当のカモメにすればそれが生きる方法なので、人間の価値観で盗人呼ばわりされるのは不本意でしょう。トウゾクカモメを研究する鳥類学者がいたら、長谷川さんと同じように改名したいと思うはずです。


トウゾクカモメ(Public Domain)

「ハゲワシ」も微妙です。一般的には「ハゲタカ」という名前が知られていますが、そういう名前の鳥はいません。いるのはハゲワシ。私自身も年とともに髪が薄くなってきたので、気になる言葉ではあります。
魚の世界ではそういう名前の変更がすでに行われていて、例えば「バカジャコ」が「リュウキュウキビナゴ」に、「メクラウナギ」が「ホソヌタウナギ」に、「オシザメ」が「チヒロザメ」に改名されているそうです。
樹木の世界にも似たような話があります。昔、材木の展示会場でアカシアの名前でハリエンジュ(別名ニセアカシア)が出品されていました。ある学者が「これは正確にはニセアカシアです」と言うと、出品者が「ニセとは何だ!」とケンカになったそうです。
ハリエンジュの学名が「アカシアに似た」という意味なのでそう呼ばれていたのですが、今ではこの名前を口にする人はいません。一般に売られている「アカシアの蜂蜜」も、正確に言えば「ニセアカシアの蜂蜜」あるいは「ハリエンジュの蜂蜜」。アカシアは全く別の樹木です。


ハリエンジュ(ニセアカシア)の花

アホウドリをオキノタユウに改名すると、コアホウドリもコオキノタユウに、クロアシアホウドリもクロアシオキノタユウになるはずです。しばらくは混乱しそうですね。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 13億円の鳥の画集 | トップ | アートウォッチング »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazuyoo60)
2019-05-30 09:30:58
テレビで見ました。人が介在してヒナの誕生が有った、感動しました。
「オキノタユウ」(沖の神様)は素晴らしい名前ですが、アホウドリが定着し過ぎてるから、なかなかでしょうね。
侮蔑語が入っている、動植物以外の名称でもあると思います。私はハリエンジュを使っています。アカシアはミモザですね。ミモザを主に使っています。
改名された名前が一般になるのは、多くの方が賛同して使われてこそと思います。
kazuyo様 (fagus06)
2019-06-03 19:31:04
そうですね、テレビでも放映されたことがあります。
改名は、私も難しいと思います。
ハリエンジュが標準和名になっていますし、私もそれで通しています。ただ、この樹は侵略的外来種にしてされていて、ちょっと困った植物ですね。

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事