樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

うみほし公園

2009年01月19日 | 木と子ども
故郷の丹後に「うみほし公園」という施設があります。正式名称は「京都府立 丹後 海と星の見える丘公園」。子どもたちの自然学習が主な目的ですが、おもしろそうなので昨年帰省した際に見学してきました。

       
          (森の中の道には木のチップが敷き詰めてあります)
       
          (カフェに展示されたチェーンソーアートのカブト虫)

山一つ分の広大な敷地に天文台や子どもの森などが点在するほか、宿泊施設やカフェもあります。その中で、有機栽培の野菜づくりやパン焼き、木工教室、薪割りなどの体験型プログラム、星や鳥や昆虫をウォッチングする観察型プログラムなど多彩なメニューが用意されています。
入口にあるセミナーハウスはこの山に自生していたヒノキやスギを使って建てたそうです。しかも、太陽の熱と地中の涼しさを利用した天然の空調システムを採用。トイレの水も循環式です。

       
    (自生の木で建てたセミナーハウス。屋根の突起は空調システムの一部)

この公園が位置する宮津市は日本三景の一つ「天の橋立」で知られますが、2004年の台風23号で多くのマツが倒れました。そのマツを活用した遊具も設置してあります。
このほか、雑木林で伐採した木や枝をチップ化して暖房やお風呂の燃料にする「森のエネルギー工房」があり、大人向けのゼロエミッション教室、堆肥作り教室なども開催されています。

       
             (天の橋立のマツの倒木を利用した遊具)

子どもだけでなく、自然観察や森の中での遊びが好きな方なら大人でも楽しめる施設です。私は実家が近いので宿泊施設は利用しませんが、遠い方は家族連れで宿泊すれば思う存分遊べますよ。
うみほし公園のwebサイトはこちら
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 競馬場の白鳥 | トップ | ツリーハウス »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
木を使う (guitarbird)
2009-01-20 23:02:47
こんばんわ
自生していた木を使って建物を作るのは究極の利用法ですね。
A公園の再整備でも、木を切るならそれを使ってせめてあずま屋でも
できないか、とワークショップで話しましたが・・・以下略・・・
それはおろか、ウッドチップも、公園で倒した気を使う予定だったのが、
結局舗装になってしまいました・・・
あ、愚痴ばかりですいません。
木に触れられるのはいいですね。

そういえばイーグルス負けました・・・
AFCはピッツ勝ったので、鳥対決は実現しませんでしたね・・・
イーグルスの帽子が欲しいです。
木を使った再整備は (fagus06)
2009-01-21 08:16:58
やろうと思えばできるのでしょうが、いろんなからみがあって障害になっているのでしょう。
AFCの決勝はまだ観ていませんが、NFCは昨夜録画を観ました。なかなか緊迫したゲームでした。
長い間ドアマットチームだったカーディナルスがスーパーボウル進出というのは劇的です。
次は小鳥チームがスーパーボウルを制するのを期待します。
すいません・・・ (guitarbird)
2009-01-21 19:26:54
すいません、AFCは結果を先に言って楽しみを奪ってしまいました・・・
結果はニュースで (fagus06)
2009-01-22 09:07:58
知っていたので、気にしないでください。
昨夜、録画を観ました。
小鳥VSカラスのスーパーボウルになることを期待していましたが、結局はポラマルにやられました。
これで、パスアタックのアリゾナ対ディフェンスのピッツバーグの決戦になりました。
しかし、私が応援したチームが勝ち残ったのは嬉しいです。カーディナルスの進出を予想した評論家はいなかったですから。
スーパーボウルが楽しみです。

コメントを投稿

木と子ども」カテゴリの最新記事