樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

サギのコロニー

2019年06月27日 | 野鳥
「宇治」という地名は、第15代応神天皇の皇子、菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)に由来するといわれています。本来は第16代天皇に即位するはずでしたが、異母兄弟である仁徳天皇との政争によってこの地に逃れてきましたが、結局非業の死を遂げました。その死について、自殺説のほかに仁徳天皇による謀殺説もあります。
その陵墓が家のすぐ近くにあります。現在は宮内庁が管理していますが、この森がサギのコロニー(集団繁殖地)になっていて、今の時期、多数のサギで賑わいます。



宇治川に面しているので、巣材となる木の枝もあるし、ヒナに与える魚も豊富。サギたちにとっては理想的な繁殖地なのでしょう。
昨年の調査では、アオサギ79羽、ダイサギ69羽、チュウサギ13羽、コサギ10羽、アマサギ6羽、ゴイサギ26羽、合計203羽が確認されています。それでも、2005年には498羽がカウントされているので、13年間で半分以下に減少したことになります。
堺市にある「百舌鳥・古市古墳群」が世界遺産に登録されるようです。その中には、仁徳天皇の陵墓もあります。世界遺産になりそうな日本最大の墓に眠る仁徳天皇、その政敵に謀殺されて周囲わずか200mの小さな墓に眠る菟道稚郎子。その運命の分かれ道はどこにあったのでしょう。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 相変わらず元気な鳥たち | トップ | モーツァルトと鳥 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazuyoo60)
2019-06-27 11:48:45
サギたちのコロニーですか。半数に減っている、周りの環境が変わった?のでしょうね。
実力を持っていれば支持してくれる人が多いこと、実力を持つまでなら、庇護してくれる人が居ることなのでしょうか。もがきつつも先へ進まなくてはならないのが人のようです。天皇家は特に血塗られた歴史と思います。
kazuyo様 (fagus06)
2019-06-28 08:20:19
以前は、このコロニーの前の河川敷が宇治川花火大会の打ち上げ場所になっていました。昼間から予行演習でドン、ドンと発射するので、その度にサギが驚いて飛び立っていました。
その宇治川花火大会も、福知山花火大会での事故以来、中止になりました。宇治市民にとっては最大のイベントがなくなって寂しいのですが、サギたちは静かな環境が戻って喜んでいると思います。
天皇家は血塗られた歴史、おっしゃるとおりです。過去の歴史には壮絶な権力闘争が繰り広げられたのでしょうね。

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事