樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

コブ

2011年01月31日 | 樹木

散歩しながら街路樹や庭木を観察したり、森に出かけてツリーウォッチングしていると、時々コブのある樹に出会います。「樹には何故コブができるのだろう?」と疑問になって、手元にある樹木医の本を紐解いてみました。 

コブの原因にもいろいろあって、一つはホルモンの異常。ある菌が樹体内に侵入するとホルモンが異常生長して、その部分が膨れるというもの。樹木にもホルモンがあるんですね、知らなかった。

もう一つは病気。ある細菌が侵入すると正常な細胞がガン化して増殖し、その部分だけ膨らむというもの。人間のガンと同じく、あちこちに転移するそうです。

私のフィールド栃の森でも、所々にコブのある樹があります。しかも、コブのある樹木がある範囲に集中している場所がいくつかありました。多分、最初に病気に冒された1本から感染して周囲に広がったのでしょう。

 

 

コブだらけのブナ

 

また、全くコブのない個体もあれば、上の写真のようにコブだらけの個体もあります。ガンがあちこちに転移したのでしょう。そして、私が観察した限りでは、コブがあるのはブナとミズナラに限られていました。

先日、大阪のある通りで、コブのあるシラカシが3本続いて植えられている街路樹を発見。多分、植木業者のバックヤードで感染が広がって、次々に病気になったシラカシがまとめてここに運ばれて植えられたのでしょう。

 

シラカシのコブ

 

 庭木ならクレームの対象になるかも知れませんが、街路樹としてはコブがあろうがなかろうが商品価値としては変わらないというか、誰も気にしないということでしょう。

 ブナもミズナラもシラカシもブナ科の樹木。以前お伝えしたように、この仲間はナラ枯れにもやられていますが、ガンに冒されやすいのかも知れません。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 校歌の木 | トップ | 国際森林年 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (guitarbird)
2011-01-31 12:39:25
こんにちわ
ひとまずA公園のミズナラを思い浮かべてみましたが、
顕著にこぶがあるものは思い出せません。
他の樹種でもです。
もちろんすべてを具に覚えているわけじゃないのですが、
これから気をつけてみてゆきます。
私は記事を読みながら思い出したのはハリギリのコブで、
A公園以外で3か所くらいで気になるコブがある木を見たことがあります。
コブの原因で細菌など外部営力によるものは想像できたのですが、
ホルモンというのは思いつきませんでした、なるほどですね。
ハリギリは (fagus06)
2011-02-01 07:21:53
こちらでは数が少ないので、私はコブを見た記憶がありません。地域よっても違うのでしょうね。
ホルモン、病気のほかに、剪定を繰り返すとコブができるそうです。また、原因がよく分からないコブもあるとも書いてありました。
昔話に「コブ取り爺さん」がありますが、人間のコブもやっぱりホルモン異常なんでしょうかね?

コメントを投稿

樹木」カテゴリの最新記事