樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

バードウォッチングのルーツ

2013年04月01日 | 野鳥
前回ご報告した野草観察の後、琵琶湖沿岸へ廻って野鳥を観察してきました。コハクチョウもオオワシも北へ帰った後なので特に期待していなかったのですが、うろうろ歩いているうちに夏羽のカンムリカイツブリを発見。しかも、求愛行動まで披露してくれました。こういう予想外の出会いがバードウォッチングの一番の醍醐味です。
図鑑には「青森県で少数が繁殖する」と書いてありますが、なぜか琵琶湖北部でも繁殖しています。
初めて見る夏羽はうっとりするほど美しく、以前NHKで見た求愛行動を初めてライブで観察できたので大変満足しました。



名前の由来である冠の羽毛や首の羽毛は特に美しく、19世紀のイギリスでは女性のファッションに使うためカンムリカイツブリが乱獲され、絶滅しそうになったそうです。それを防ぐため、1889年に創立されたのが「王立鳥類保護協会」((RSPB=Royal Society for Protection of Birds)。
この団体が、野鳥を捕獲したり飼育するのではなく、自然のままの姿を見て楽しもうという運動を始めたのがバードウォッチングのルーツだそうです。Bird Watchingという言葉が生まれたのも1901年とのこと。
鳥を観察するという楽しみを生み出したのは、カンムリカイツブリだったわけです。
以前ご紹介したアメリカのオーデュボン協会も、女性のファッション用にダイサギが乱獲されるのを防ぐために誕生しましたから、よく似た経緯です。
オーデュボン協会の会員数が日本野鳥の会の1桁上の56万人と知って驚きましたが、英国王立鳥類保護協会の会員数は何と300万人。本場は違いますね。

お知らせ
さて、上の動画の右上のロゴWBSJは、Wild Bird Society of Japan(日本野鳥の会)の略。実は、昨年から京都支部のホームページのリニューアルに取り組み、企画・構成からテキスト作成、さらに新設の「動画図鑑」用の編集を進めてきました。これまでに当ブログで使ったものはマークなしのままですが、ホームページ用に新たに編集したものにはロゴを入れました。
本日から一般公開となりましたので、みなさまにも見ていただきたくお知らせします。
「野鳥図鑑」のページはこちらです。
約200種類の鳥の動画を掲載していますが、その半分が私のもの。小文字の「wbsj京都支部」のロゴは、私の仲間が撮影・編集したものです。彼は20年以上鳥の動画を撮り続けているので、京都初記録のヤマショウビンなど貴重な映像が多いです。ぜひ、ご覧ください。

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 春の妖精 | トップ | 蘭奢待 »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (oseigt)
2013-04-01 17:24:28
HP開設お疲れ様でした、そしてこれからも大変ですが頑張りましょう。 今更ながら情報頂きましたコイカル無事撮れました~
バードウォッチングの一番の醍醐味 (moriyume)
2013-04-01 22:50:53
予期せぬ出会いを楽しみましょう。

すごい図鑑になりました。まだWhat's new のネタも控えていますし楽しみです。
Unknown (guitarbird)
2013-04-02 05:39:22
おはようございます
HPできたのですね、よかったですね。
早速少しだけですが拝見しましたが、全体のデザイン、色使いがすっきりしていて見やすくていいです。
編集が大変だったかと思いますが、いまは充実感があるのではないでしょうか。
カンムリカイツブリ、亜璃西社の「北海道野鳥図鑑」がつい先日新版が出たばかりですが、それには繁殖状況として琵琶湖も記されていました。
北海道では旅鳥で、私は8月下旬に道東で一度見たことがあります。
バードウォッチングする人間は感謝しないといけない鳥ですね(笑)。
oseigtさんへ (fagus06)
2013-04-02 12:52:14
コメントありがとうございました。
コイカル、ずいぶん長い間、あそこにいたようですね。
HPお互いにお疲れ様でした。これからまだ一山、二山ありますので、よろしくお願いします。
moriyumeさんへ (fagus06)
2013-04-02 12:54:35
おかげさまで、すごい図鑑になってきました。
今後もいろいろ充実させていきましょう。
更新の材料もたくさんたまってきました。
引き続き、お願いします。
guitarbirdさんへ (fagus06)
2013-04-02 13:02:32
ホームページを見ていただき、ありがとうございます。
システムの仕組みや技術的なことはプロに頼みましたが、コンテンツの企画や入力作業は、私を含めて3人のスタッフでやりました。昨年の夏からかかっていたので、ようやく完成したという充実感はあります。
動画の編集はいろいろ楽しみながらできました。
カンムリカイツブリの夏羽は、以前北海道へ行ったときに見た記憶があったのですが、当時のノートを見直したら、アカエリカイツブリでした。人間の記憶っていい加減なものですね(笑)。そちらでは旅鳥なんですね。
そうです、バードウォッチャーはみなカンムリカイツブリに感謝しないといけません(笑)。
ご苦労様でした (scops)
2013-04-03 10:39:53
きのうコメントを投稿したはずなのに、消えていましたのでもう一度。

まずはおめでとうございます。
ホームページは作ってからのほうが大変だと皆さんおっしゃいます。確かに大変だと思いますが、作っていく楽しみもありますよね。
より良いホームページになりますように。
scopsさんへ (fagus06)
2013-04-04 08:11:16
お互いに、長い間お疲れ様でした。
確かに、作っていく楽しみというのはありますね。
これからまだいろいろありますので、よろしくお願いします。
これからの方が大変みたいですね。(笑)

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事