樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

わが家は鳥獣保護区

2019年05月16日 | 野鳥
珍しく仕事が入ったために、10連休の半分は家で仕事をしていました。あとの半分は野鳥の調査と探鳥会の案内。
前回ご紹介した栃の森は20年前に鳥獣保護区に指定されたので、その後の変化を把握するために昨年から再び調査し、今年の第1回目を連休最初に実施しました。それとは別に、今年度から新たに宇治市の鳥獣保護区の調査が始まったので、5月1日に参加しました。
その地図を見てびっくり。わが町内がすっぽり鳥獣保護区に入っているのです。今まで、全く気づきませんでした。良く言えば「それだけ自然が豊か」、悪く言えば「それだけ田舎」ということでしょうが、何となくうれしかった。
連休明けの7日にようやく自由時間ができたので、自分の楽しみのために大阪へ出かけました。最初は大阪南港野鳥園。珍しい鳥はいないもののキアシシギとチュウシャクシギがたくさんいて、久しぶりに個人的に鳥見を楽しみました。



大阪南港野鳥園を後にして、淀川の干潟・海老江にも足を延ばしました。こちらもキアシシギが5羽とチュウシャクシギが1羽くらいで珍しい鳥は見当たりませんが、人間は私だけ。自由気ままに、眼前の自然を独り占めして、じっくりと鳥たちを観察してきました。



その後も、仕事や鳥関係で結構忙しい日々を過ごしています。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 萌木色の森 | トップ | 13億円の鳥の画集 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazuyoo60)
2019-05-16 08:18:30
お家におられても何種かの鳥には出会える機会がということですよね。
シギの足とクチバシが長いのは、エサ取りに有効だからでしょう。シギの特徴として覚えています。シギの分類が出来るまでは~~、その機会はめったにないですので。
お仕事もご趣味も、どちらもなさってるのが良いとおもいます。70歳まで無理に働かされる?のもですが、風潮はその方向ですね。
kazuyo様 (fagus06)
2019-05-16 08:32:03
そうですね、都市部に比べれば、いろいろな鳥が見られると言えるかもしれません。
庭に、メジロやシジュウカラ、スズメ、キジバト、ヒヨドリが巣を造ったこともあります。
シギの足とくちばしが長いのは、おっしゃるとおり餌を捕るのに便利だからです。というか、ほとんどの鳥は餌を食べることと子供を育てることのために、姿や形、声を進化させてきたということでしょう。
仕事も趣味も自分でコントロールできる範囲で、楽しみながらできるのが一番ですね。

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事