風まかせ

ふと思ったこと、ちょっと気がついたことを気ままに

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自分はどこまで出世しそう? - 約半数が「出世しなさそう」「出世欲ない」(マイナビニュース)

2013-08-25 12:52:00 | Weblog
自分はどこまで出世しそう? - 約半数が「出世しなさそう」「出世欲ない」(マイナビニュース) - goo ニュース


仮に大卒で社会に出たとして、定年までは40年ほどある。会社に入れば、自分のことに限らず"出世"に対して何か思うところは出てくるだろう。そこでマイナビニュース会員500名に、自分がどこまで出世しそうかアンケート調査を行った。



Q.自分はどこまで出世しそうだと思いますか?



1位 一般社員クラス 43.4%

2位 係長クラス 12.0%

3位 主任クラス 11.8%

4位 課長クラス 9.0%

5位 部長クラス 5.0%



■一般社員クラス

・「女性社員の役職が全くいない会社なので」(33歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「今の仕事以外の収入を増やすことに注力しているから」(29歳男性/運輸・倉庫/技術職)

・「お客さんに好かれている分、会社の上役から思いっきり嫌われている」(34歳男性/機械・精密機器/営業職)

・「人を指導したり管理したりというのは向いてないから」(28歳男性/機械・精密機器/技術職)



■係長クラス

・「係長の数がやたら多いので」(30歳男性/商社・卸/営業職)

・「がつがつ働いていないし、イエスマンにもなりたくないのでこの程度で十分」(34歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)

・「課長級以上になると、実務担当者から外れるから係長くらいで十分だと思う…しかも、課長級は時間外手当がつかないので、勤務時間の割に給料は恵まれていない」(26歳男性/自動車関連/技術職)

・「30年勤めれば、いけそうなので」(25歳女性/金融・証券/営業職)



■主任クラス

・「頑張って平社員の1つ上くらいだと思うから」(26歳女性/情報・IT/技術職)

・「係長試験に受かる気がしないため」(27歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「もともと上昇志向がないから…とはいえ、一応年功序列で主任クラスまでは上がれると思う」(41歳男性/機械・精密機器/技術職)



■課長クラス

・「役職にはこだわっていないので…今の役職が課長です」(46歳男性/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「同期に国立大や院卒がいることを考慮すれば課長が限界か」(24歳男性/その他/その他)

・「そんなに出世欲もないのでこれくらいまでいければ御の字」(26歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)



■部長クラス

・「数年後には確実に取る」(35歳男性/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「今、人事にいるので大体見えてくる」(30歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「メンタルが思っているよりも強いから」(29歳女性/金融・証券/専門職)

・「それくらいの実績は残したと思う」(40歳男性/自動車関連/技術職)



■その他

・常務クラス「学歴と今与えられている仕事から判断して、今までの人がそうであったので」(28歳男性/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・社長クラス「現在がそう」(64歳男性/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・会長クラス「一族経営だから」(45歳男性/電力・ガス・石油/技術職)

・会長クラス「出世頭だから」(29歳女性/学校・教育関連/技術職)

・会長クラス「男だったら頂点を目指すのは当然だろ!!」(30歳男性/情報・IT/販売職・サービス系)



■総評



意外にも半数近くが「一般社員クラス」つまり、出世しないと考えていることがわかった。男性の意見は「出世欲がないから」というものが多く、女性の意見には「出世している人がいない」という意見が目立った。



2~4位に当たる「係長クラス」「主任クラス」「課長クラス」については、「ここまでしかいけない」という諦めの意見と、「ここまでいきたい」という願望の意見が入り混じっていた。これらの職位を上ととらえるか、下ととらえるかには、個人の見解や会社の環境が大きく影響しているようだ。



「部長クラス」以上になると強気な意見が多く、男性も女性も仕事や実力に対する自負が見えて、頼もしく感じた。是非良い上司になって、それぞれの会社を引っ張っていってもらいたい。



調査時期: 2013年8月6~8月7日

調査対象: マイナビニュース会員

調査数: 男性227名 女性273名 合計500名

調査方法: インターネットログイン式アンケート


今のご時世、出世しようがしまいがどちらにしてもストレスの多いことには変わりがないですよね。
無理をしないで、ほどほどに過ごすのも難しいようですね。


☟クリックしていただけると嬉しいです。
イーココロ!クリック募金


☟クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 睡眠は幸せの感じ方にも重要... | トップ | 手紙の書き方知らない子供た... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事