イタンデイコウ!

ひっそりたたずむ、設備たち

たてもの応援団には、気をつけろ!

2018年05月09日 | その他
各地で「〇〇たてもの応援団」なる団体が、街を彩る建物の保存・管理
その利用といったことで活動している。私も知人に誘われて、住んでいる地域の
応援団に入会していた。

この時に住んでいたのは三丁目の夕日時代の団地である。部屋は定期賃借だった
ので期限が来たら退去である。期限までにいい物件があれば移る計画であった。
このたてもの応援団の事務局のスタッフに「個人メール」で
「引っ越したら見学しますか?」と打診したところ、「見たい」という返事を
もらっていた。この時点では新居の契約も退去の申告もしていない状態である。

なのに「忙しくて頭が回らなかった」というふざけた理由で、私が住んでいる
「建物名」を会員の連絡用のメーリングリストに掲載したのである。
つまり、私が住んでいる場所を顔も知らない人たちにバラしたということだ。
実はこの時に内見している物件があり、今までないほどに契約を迷っていたが
離れることにした。なぜならば、個人情報を漏らされたから。

引っ越し日が4月25日と決まったので見学可能日を3月28日にメールしたがその後
なんのアクションもなく、「見学するのか?」と再度問えば「する」と言う。
しかし「いつ」来るのかの連絡はなかった。なので近隣には「引っ越しします」と
挨拶し、ポストもテープで塞いでの引っ越しである。

結果、「明日見学できますか」と連絡がきたのは4月28日である。
では駅の入口で13時に集合となった。で、当日13時に駅に行くと誰もいない。
10分ほど待ったが、それらしい人も来ないので帰ろうと思ったら建物名をバラした
事務局のスタッフが来て、
「現地でみんな待っています」と。

もうね、頭の中真っ白。ボーゼンですよ。倒れるかと思った。
なぜならば、駅で注意事項として
・階段は無言で一気に登ること
・部屋に入ったらドアをすぐ閉めること を話そうと思っていたからだ。
このようにしないと近隣に不要な警戒心をもたれるからだ。

が、私が現地へ到着するまでに20分は過ぎている・・・・
うっすら危惧していたことだが、近隣が「見知らぬ男女が集団で留守宅に
出入りしている」と警察に連絡したらしく、お巡りさんが来る事態に。

とりあえず見学はなんとか終わり、参加の一般会員の皆さんにも楽しんで
もらえたのでヤレヤレであった。建物名バラしたスタッフに
「なぜ駅で集合と約束したのに現地へ行ったのか」と問いただすと、
「Faciさんが来ないので、現地に行っていると勝手に解釈した」と。

ありえない。ありえないよぉ。
人のうちを見学するのに、集合場所すら守れないんだぞ!この団体。

で、個人メールで問いただしたところ、ビックリな回答が・・・
皆は敷地外で待っており、私たちの行動は間違っていなかったと思います
自宅前で見知らぬ複数の男女が集合して
「私たちは公道に立っているので間違った行動をしていません」と言われても
この人は許せるんだろうなぁと思いましたよ。ていうか、間違っていなかった
という前に約束守れよ。

もうね、ソッコーで退会しました。この団体の名前は
中野たてもの応援団

入会を考えている方、あなたの個人情報は守られませんよ(笑)

ちなみにこの建物名バラしたスタッフはメーリングリストでこの件の説明を
すると書いてきましたが、私がそれを読まないうちに、読めないように、
反論できないタイミングで退会手続きを取りました。

この団体は中野刑務所跡地にある「平和の門」の保存運動もしていますが、
こういうことを経験すると、怖くて署名なんかできないね。
コメント

動く模型

2018年02月15日 | アレ
浅草の凌雲閣の跡地ではレンガを配ったらしいが、マイブームが
レンガの時代に東京駅と横浜の生糸検査所のレンガをもらってきた。
結果、東京駅のは勤務先に置いていたらタガネとともに捨てられていた・・・
生糸検査所のはなかなか大きくて、引っ越し時に処分。
横浜スタジアム脇の道路下にあったレンガももらってきたが、これも
引っ越し時に置いてきた。物理的にコレクションは無理だな。

凌雲閣は日本初の電動エレベーターが設置されたことで記念碑的な
建物であるが、このエレベーターが動いている状態の模型が川崎の
東芝未来科学館で展示されている。

凌雲閣が意外に小さく、思ったより低かったのにびっくりだが、その
中にエレベーターがあったのだ。しかも2台!中に人が入っている絵が
あるが、結構乗っている。積載量も定員も不明のようだが、未だに
凌雲閣は謎が多いのである。
コメント

八角形だったのだ

2018年02月12日 | アレ
浅草の米久裏の工事現場から凌雲閣(通称浅草十二階)の基礎が出た!
というので、アレの追っかけとしては行かざるを得ない。
(といってもその範囲は、大正8年から昭和20年までなのだが・・・)




レンガとともに「八角形」の塔のコンクリート基礎が見えている。



今の地図だと道路上に塔が建っていることになるが、関東大震災で
一帯を区画整理しているのでそういうふうに見えるのだそうだ。
というのは、ここで出会った人と立ち話をしていたから。

この工事現場は矢板(横にさしている木)の一部をレンガの手前で
止めている、つまりレンガを見せる気満々で土留めをこしらえて
いるようなので、その配慮がすばらしい。まあ、レンガが崩れないと
踏んでやっていない可能性もなきにしもあらずだが。
コメント

泥沼への招待

2018年01月14日 | 暖房・ボイラー
物事を人のせいにしてはいかんのだが、建物を見学するのに
デザインより設備を見るようになったのは、これのせいである。

近代的建物の機械設備
坂本種芳・植山慶治 共著
昭和9年4月




尊敬するタネヨシ先生の本である。
内容は以下のラインナップ。




まずは冒頭にアレが書かれており、アレの追っかけとしては入門書でも
あるが、戦前ではこの先はないだろうというぐらいの内容である。
この本の弊害は舐めるように読み返しているうちに、
「これ、ホントにこうなのかな?」などとつまらぬことを考え始め、
そのうちにビルの所有者に「運転させてください」と手紙を書き、
実際に本に書いてあることを確認させてもらうようになったことである。

このビルはもう取り壊されたが、毎年毎年運転させてもらい、最後は
中の部品のフタを外して「中が見たい」などというお願いをするに
至り、中を見ることができたのである。

余談だが屋内消火栓に興味はもつが、送水口に目をくれなかったのは、
おそらく送水口が「露出」していたからではないかと。フタがついて
いるものを開けたがるのは、子供の頃からの悪癖(たぶん)である。

では露出している「ラジエーター」も同じではないかと思われるかも
しれないが、この本ではアレの後に暖房装置が書かれており、そこから
じわじわとラジエーターの世界に足を突っ込んだのである。
ちなみにエスカレーターは全く興味がないので、スルー。

結果、泥沼である。
この本ではボイラーを詳しく扱っていなかったこともあり、ボイラーに
目が向けられるのは、かなり後になってからである。
コメント

昔の姿で出ています 2

2018年01月09日 | 消火栓・消防
日本橋三井タワーには消火設備の中でひとつだけ古いものがある。
これはおそらく日本銀行、東京正金銀行(三菱UFJ銀行)、
三越と協力して消防用水を融通しあうものだろうと考えて
いた。結果、やっぱりそうだったよ!




こんな感じに立っている根元を見ると

  

そこには「四館連合」とはっきり書いてあった。
なんで当時は気づかなかったかな?と写真を見ると、
植栽が昔はツツジだったが、違う植物に植え替えたので
見えるようになったのである。
コメント