山の時間 Time to spend for mountain climbing-山行メモ

沢登り&山スキー&ハイキング >>>>

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017.03.29_西吾妻山・二十日平

2017年03月31日 | スキー

<コースタイム>グランデコ(8:36)=ゴンドラ・第4クワット=ゲレンデトップ(9:01,9:08)→西大巓(10:20,10:56)→西吾妻避難小屋(11:37,12:11)→西吾妻山(12:25)→二十日平(14:50)→中ノ沢徒渉点(15:08)→グランデコ(15:18)
<メンバー>L和○、深○、大○、熊○、Hさん

 好天を期待して二十日平へ行ってみることにした。グランデコのインフォメーションに計画書を提出しゴンドラ、第4クワットと乗り継いでゲレンデトップ出る。前日のものだろうか、トレースが残っていたので楽させてもらう。西大巓まで1時間10分ほどの道のりだ。最初は薄曇りの天気も寒気のためだろうか、時折ガスが切れるものの山頂付近はワイトアウトである。

 西大巓でコンプレッションテストをすると思ったより安定している。だが今年の積雪量は半端無く、雪庇が大きく張り出している。東斜面に飛び込むタイミングを計って粘ってみたが、最後までガスが取れなくて西吾妻避難小屋を目指すことにした。
 西吾妻避難小屋の入口は戸が良く閉まっていなかったため大量の雪が入り込んでいた。除雪してドアが閉まるようにから昼食を取りながら天候の回復を待った。だがガスが切れる気配は無いので西吾妻山へと向かう。 

  視界は無く、進む方向を注意しながら選んで山頂からシールを付けたまま高度を60mほど下げる。樹林が出てきて勾配がわかるようになってきたところでシールを剥がす。あとは滑るだけである。3月末だというのに、ふわふわの深雪である。

 ルートミスをしなように慎重に滑るが、それでも気持ちの良い深雪に気分は上々、つい突っ込んでしまう。

 今日のルートは二十日平まで滑り降り、歩道記号のある中ノ沢を徒渉しようとしていたので予定ルートを忠実に進んだ。この徒渉点も問題無く渡れたが。二十日平コースの中ノ沢の徒渉点として多く使われているのは1332m標高点の尾根を滑降するものと、二十日平から更に下り1095m標高点の尾根から中ノ沢へ入るの一般的で、徒渉点の状態が安定しているので良いと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2017.03.25_箕輪山・迷沢 | トップ | 2017.04.05_雄国山~ラビスパ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿