(映画音楽)「デリカード」 (イタリア映画「高校三年」)

 映画音楽の王者パーシー・フエィスオーケストラの演奏で、私のCD-BOXにもちゃんとあるのにこの曲は実体が判り難い曲でした。
 この曲はなにかリアルで深刻な感じ…と云うイメージが定着していたイタリア映画にしてはとても明るい雰囲気の映画…無名ではあったけれど、若くて綺麗な女の子が沢山出て来る青春映画「高校三年」の主題歌でした。
 舟木一夫の「高校三年生」や「学園広場」など一連のヒット曲の、一足お先に公開されたイタリア映画と主題曲でしたが、多分その頃封切られた数多くの名画の中に埋没してしまったのではないかと想像されます。
 しかしあの軽快なメロデイと快いリズムは私達には、青春の象徴みたいな感じで私が映画音楽の世界は、この歌を抜きにしては成り立たないのです。
 そこで例によって探索を始めましたが、ぶつかるのは…「ショッピング・カード」の類ばかり…ほんとに乏しい情報に難儀しました。

 私の青春時代…1950年代後半は音楽の世界でも、国際交流が盛んでアメリカを中心に考えればアメリカを発祥の地とするジャズ系の音楽が、やや後退の兆候を見せてきた時代のように感じられました。
 フランスから「バラ色の人生」が映画に挿入され、「愛の讃歌 」に英語の歌詞がつけられて「If You Love Me」などのポピュラー曲に変身しました。
 弦楽器と打楽器を主体にした「デリカード」は南米系のリズムのようにも思いますすが、中南米系には弱い私の独断と偏見ですからあてにはなりません。でもあの軽やかな曲の調子は「サンバ・ブラジル」などと、相通じるものを感じます。
 やがてマンボが上陸して大流行するなど、音楽の世界にも多様化の傾向が現れ始めたのが大きい特徴ではないかとも思います。
 「Delicado」…この言葉は「デリカシー」にも通じる言葉ではないかと思うのですが、日本と同様に敗戦の痛手とどん底の世界から、必死になって這い上がろうとしていたイタリアの厳しい現実の中で、感じやすい世代の群像を描いた映画でした。
 暗い感じが多かったイタリア映画の中に、新鮮な涼風を吹き込んだ感じがして、忘れることの出来ない映画であり音楽でもあるのです。
 あの頃に青春時代を送って来た世代は今…ほんとに感概無量ですね。

 本稿を終了してからも念のために執拗に捜していたら、やっと有力情報が見付かりました。後追いデータになりますが…紹介致します。
   「デリカード」Delicado - 全米ヒットチャート1位を記録
     ハープシコードのソロはスタン・フリーマン。発売 1952年。
   アルバム「永遠のスクリーン・ミュージック大全集」 収録曲一覧
   DISC-1 ティファニーで朝食を/風と共に去りぬ…より
       1 ムーン・リヴァー/「ティファニーで朝食を」より ★
       15 デリカード/「高校三年」より
  「ラテン・ムード音楽全集」
   デリカード……ルイス・アラカラス楽団
 映画「高校三年」については結局は詳細が判らず仕舞いでした。
   ご存知の方ご教示下さい。

 
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« (ふるさと再... (敬〇会)「... »
 
コメント
 
 
 
映画「高校三年」について (アスカパパ)
2006-09-17 11:44:59
私は見ていませんが、下記の概要の映画です。

1954年製作、(日本公開=1955年)のイタリア映画。

監督=ルチアーノ・エンメル。

音楽=カルロ・イノセンツィ。ピッポ・バルツィッツア。

出演=イザベラ・レーディ。クリスティーヌ・カレエル(他)

概要=ローマのある高校三年のクラス内に起こる、クラブ活動や恋愛や親への反抗など、いろいろなエピソードを綴っている。

とのことです。
 
 
 
貴重なデータです。 (たそがれ)
2006-09-17 18:42:15
 映画について演出やキャストなど詳細をご教示戴いて有難うございます。当時の世相から云ってあるて程度はリアルな面もあったかと思いますが、一応は悲喜交々といった軽やかなイメージかなとも思います。



 もう二三曲気になるのを探索してから、いずれ例のリストの総括更新をしたく思いますが,その後の新データを入れさせて戴きたく思いますので、その節はご協力よろしくお願いします。



 
 
 
 
こんにちは (kju96)
2006-09-19 13:36:22
勉強になりました。

早速、調査開始いたします。

この頃の音楽や芸術に対して

貪欲で、この世代の人たちの

音楽への憧れや思い入れは

尊敬します。

羨ましいですね。

日本の音楽が始まった世代だと

思います。

 
 
 
不完全燃焼 (たそがれ)
2006-09-19 14:28:13
 私たちの世代は不完全燃焼が多かったので、今の時代はも一度データ検索したり、DVDなどで見直したり出来るので、かなり解消して来ました。

 でもまだ少しあるので、いずれまたよろしくお願いします。
 
 
 
高校3年 (Max)
2011-01-05 17:36:25
記録によると日本での封切りは1955年2月6日らしい。邦題高校3年、原題Terza Liceo. ちなみにアメリカではHigh School.アスカババ氏の情報の追加ですが、男性出演者は、Ugo Amaldi,Claudio Barbesino, Gianni Bonni他です。この曲はラストシーンで生徒達を乗せたバスが画面の奥へ移動する時に流れました.長い間このDVDを探してますが、見つかりません.
 
 
 
Maxさま (たそがれ)
2011-06-01 16:54:05
 今年初頭にコメント戴いていて、気付かずに失礼いたしました。
 この映画リアル過ぎて敬遠していたイタリア映画で
 珍しくも見たい…と思った映画です。
 いつも見て戴いて有難うございます。
 このたびふと思い立って映画記事を再開致しました。よろしくお願い致します。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。