山峡に暮らして見れば…

変り行く四季の移ろいを、過ぎ去りし日々の追憶と共に…
 日常感じたことも…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

彼岸も過ぎて…

2011-03-25 13:48:23 | 季節の便り
 日本列島がが悲しみに暮れるうちに、春のお彼岸がやって来ました。
 不幸にして災害で亡くなられた方の、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 お彼岸に近くなると日も少し長くなって、日没の日差しが眩しいです。

 お彼岸に入ったと云うのに…この空模様は…冬の再来です。



 
 
 折角出て来たふきのとうも、咲き始めたクロッカスも、雪に痛めつけられて無残です。

 あっと言う間に雪が溶けて来たので、ふきのとうを採って来ました。

 チューリップも少し顔を出して来ました。
 夏の女王様有力候補のカサブランカも、こけないように支柱で保護してやりました。

 クロッカスのホワイトが咲いて来ました。

 ボケは少しだけお目覚め…全開はいつの日やら…

 梅と山茶花…この山茶花は昨秋頃からは、ずっと咲いていますが力強い生命力に感心…

 こんな花が…なんでしょうか?一輪だけひっそりと…

 ここから突然に大写し…見ましたが…
 やろいさんから此花は「アネモネ」と教えて戴きました。
 ご教示有難うございました。

 梅とみかん…おサルも食わない酸っぱいみかん…

 紅梅はまだ咲く気がないのか…落ち着いています。



 ツバキがやっと咲いて来ました。ツバキの横には花粉症の元凶のスギの木が…
 
 クロッカス三姉妹やっと咲き揃いました。
 
 咲き揃ったクロッカス…私のお気に入りのライラック色です。

 茶畑も雪が解けると…お茶の季節の到来に備えて準備作業が始まります。

 近所のおばさんと息子さんが、茶畑の剪定作業を始めました。
 これからは青葉若葉の頃の刈り取りを目指して、生産農家は茶樹の剪定や施肥作業に追われます。
 予想外の晩霜に襲われる日もあり、気が抜けない日々が続きます。
 むせかえるような新茶の香りに包まれるのは、いつの日でしょうか…? 


  別ブログ… たそがれ・まい・らいふ 

      今日のお題は…
(田舎暮らし)「炭焼き窯復元 火入だよ!」 </fon</b>

 
コメント (12)

「お寺さんも自粛ムード」

2011-03-22 21:57:32 | 雑記帳
 陽春四月には我が宗派の総本山の、京都知恩院へ隔年で参詣しています。
 今年は宗祖法然上人八百回忌に当たり、来月には記念大遠忌が行われる予定でしたが、東北地方の大災害にの為に延期されました。

画像

 2007年4月にお参りした時の国宝知恩院三門です。

 
画像

 知恩院境内から三門を眺めます。この石段は勾配がきついので、男坂と云うらしいです。
 女性方は別にある勾配の弱い坂道を登りますが、頑張り屋の女性方は男坂を登られるみたいです。
 我が家の家内は専ら「詠唱講」と称する、我が宗派の御詠歌合唱団の一員です。
 それで奉納大会とかもあるので、そのときは鐘や鳴り物や譜面台やら、結構重そうな荷物があるので、ゆるい坂道を登っているようです。
画像

 2009年春には雨に濡れた新緑が、しっとりとした趣きを添える、京都知恩院にお参りしました。
 出家後の光源氏みたいに読経三昧?で一日を過ごすためです。
 この時は住職のご親族の僧籍の方が、「唱導師」と云う、読経の際の光栄ある大役を務められるので、祝意を表してお参りしました。
 本山特撰の精進料理も戴いて、読経三昧の有難い一日を送らせて戴きました。
今年も来月には八百年大遠忌でお参りの予定でしたが、災害のために秋まで延期になりました。
 募金活動などで今後協力することになると思います。
 
画像

 東京芝増上寺は我が宗派の大本山の一つですが、このお寺からも予定していた御忌大会は、来年に延期すると云うお知らせがありました。
 このお寺は上野寛永寺と共に、徳川将軍家の墓所として、幕府の手厚い保護を受けて来ました。
 戦災により大部分が焼失しましたが、山門だけは類焼を免れて、往時の面影を残しています。
 大殿(本堂)は戦後に再建されていますが、江戸ッ子たちの信仰心の厚さには感服します。
 増上寺は二代将軍家忠や御台所お江や、幕末に将軍家と調停の間で、江戸を戦火から救うために、活躍された和宮(静寛院宮)の墓所です。
 歴史的にも関心があるので、法然上人の八百年御忌に協賛して、久しぶりの東下り…をと思っていたのですが、とりあえず先延ばしになりました。
 今ではそんな雰囲気ではないので、落ち着けば東国遠征?も…
 

 未曾有の大災害…我々何を為すべきか…
 そんなことを考えてたら、お馴染みの桃源児さんの記事で、耳よりの記事を発見しました。
 被災者の方に少しでも希望を…と、次のブログ記事を皆さんに、お知らせして下さい…とのことでした。


     クリックしてね  
      これが私にできる事 (協力のお願い)
 

 被災者は勿論、いろんな悩みをお持ちの方に、アドバイスが戴けるかも…
 コピペOKだそうですので、大いに拡散を…よろしくお願いします。
 
  
 
 
コメント (6)

(読書タイム)「東海村の教訓」

2011-03-19 06:15:47 | 雑記帳
 あの日から早くも一週間経って、連日伝えられる災害情報に心が痛みます。
 地震や大津波の犠牲者の捜索や、原発からの放射能汚染防止の為に、復旧に
従事されている現場の方々に、心から感謝の意を表明したいと思います。
         
 原子力と云う未知の分野に、今まであまりにも無関心で過ごして来た、私も
大きな反省の毎日です。
 遅ればせながら1999年9月30日に、茨城県東海村で起きた原子力事故
について、書かれた本を読むことにしました。
 この事故は原発で使用する核燃料を,精製するJCO(株)東海事業所で起きた、
被曝事故で従業員一人がなくなられています。
 事故の原因はこの事業所が収益の減少を、作業の効率化で補うために正規の手順
によらず、省約した手順で行っていたことが最大の要因でした。
 更に作業に当たった人に放射能汚染を、素早く感知する計器類なども、携帯させず
に作業をさせていた、事業所の怠慢が指摘されています。
 急報に駆け付けた救急車も救急隊員も、これが放射能事故ではなく普通の事故と
思っていたので、専門病院への被爆者の搬送に時間がかかったようです。
         
 事故の内容が判明するにつれて、驚くべき実体が浮かびあがって来ました。
 核燃料も所定の手順で少量づつ処理していれば、「臨界」に達して爆発する
ことはないそうです。
 それを手順を変更して非正規の設備で、既定の7倍の量を一度に処理した時に、
一瞬の閃光が走って核爆発が起きました。
 私も記憶していますが核原料の処理は、ステンレスのバケツを使って、手作業で
行われていたようで、効いた時には信じられない思いでした。
 作業に従事されていた3人の方の内、一人は約10日後に亡くなられて、二人の
方が負傷されました。
 午前10時半頃の事故発生後にも、国から指示がない中で午後3時に、東海村村長
の判断で半径350m内住民の、自主退去が指示されました。
 夜になって午後10時半に県の要請で国から、半径1キロ内住民の屋内退避の指示が
出た時には、事故後約12時間が経過していました。

 幸い放射能の封じ込めに成功したために、大気圏への漏出は微量で済んで、大事に
至らず平常に戻ったようです。
 しかし周辺で栽培されていた農作物などは、汚染は殆どなかったにも拘わらず、無責任
な風評被害の為に販売面で支障が生じたようです。

 戦後は1954年に米国の水爆実験での、第五福竜丸事件で犠牲者が出たのが最初です。
 それから半世紀後に東海村で再び犠牲者が、本当にやり切れない気持ちになりましたが、
両事件で亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。
 今回の福島原発事故では再び哀しい犠牲者が出ないように、国当局や東電関係者の迅速
且つ万全の措置を期待したいと思います。
 
 
 
 
 
 
  
コメント (2)

大地震に思う…

2011-03-16 07:51:30 | 雑記帳
 日々明らかになる大地震の惨状に、哀しい思いに心が暗くなります。
 私事で恐縮ですが自分の古いブログに、2007年の中越沖地震の記事がありました。
 この地震の震源地は新潟なので、最初は対岸の火災…と思っていたのですが、新聞報道
をよく読んで見ると、そこにはドキリとすることが書いてありました。
  
 私の古いブログ記事から転載した、当時の新聞掲載の図表ですが、1995年の
阪神淡路大震災の神戸と、2004年の中越地震と2007年の中越沖地震の長岡市と、
1964年の新潟地震の各地点が、一直線で結ばれているのです。
 特に新潟県の地震が多いのことや、その直線上に我が県があるのには吃驚しました。
 
 新潟―神戸を結ぶ延長線上で、実際に起きた地震としては、この三大地震の外に
少し古いのですが…
   1891年  濃尾地震(岐阜・愛知) マグネチュード 8.0
   1909年  江濃地震(滋賀・岐阜) マグネチュード 6.8
などがありますので、地震が起きる可能性は多分にあるのです。
 阪神淡路大震災がマグネチュード7,3ですが、これ以上あるいはこれに近い強い
地震が、過去においてこの線上に発生していたのです。
 
 最も身近な江濃地震は私が生まれる前なので、勿論知りませんがM6.8で、滋賀県
では死者35名 家屋全壊2192戸の被害でした。
 一番被害が多かったのが、現在の長浜市虎姫町付近で、隣県の岐阜県でも死者6名、
家屋全壊51戸を出しています。
 濃尾地震の被害地域は岐阜・愛知両県で、死者 7273名 家屋全壊は14万2177戸に
上りました。
 地質学的には判らないのですが、有名な地震が頻発してると云うことは、何らかの
因果関係があるかも判りません。


 2007年の中越沖地震の震源は、新潟市の南西海上でしたが、近辺に東京電力の
柏崎刈羽原発があります。
 最も大きく揺れた長岡市でM6.8で、柏崎刈羽原発では自動停止しましたが、変圧器
から出火して微量の放射能が漏れました。
 健康面の被害はなかったものの、地震発生時の火災等の危険性や、消火施設の破損に
よる、初動消火の遅れなどが問題になりました。
 
 中越地震でも震度も小さいのに、火災が生じているのですから、更に大きい地震なら
異変が起きても当然です。
 同じ東電で僅か5年前の事件なのに、社内ではすでに風化しているのか、この教訓は
生かされなかったようです。

 昨夜は静岡県東部でM6・0の、地震が発生しましたが、津波の心配はないとかです。
 三島市庁舎1・2階フロアの、天井の一部が落下しましたが、怪我人はいないそうです。
 中部電力の発表によると静岡県の、浜岡原発には異常はなく運転されているようです。

 16日朝は被災地には無情にも雪が…そして火災が発生…
 昨日の原発周辺半径20-30kmの住宅から、退避あるいは自宅待機などの措置が
取られていますが…御苦労お察し致します。
 被災地や被災された方々の、全貌はまだ不明な部分も多いですが、一日も早く全容の
判明と復興をお祈りしたいと思います
 
 

 
コメント (2)

大地震・大津波…お見舞い申し上げます

2011-03-12 13:57:11 | 雑記帳
 去る3月11日…国会中継を見ていたら…
突然、地震警報が…
 午後2時46分に三陸沖を震源とする、巨大地震の発生が
報道されました。
   
 その後も眼はテレビ画面に釘付け…刻々と入る、災害の
悲惨な状況に絶句しました。
 M8.8という観測史上最大の地震に遭われた、被災地の
皆さまに心からお見舞い申し上げます。
 合わせて尊い犠牲者の方々の、御冥福をお祈り致します。

 8-10mと云う巨大な大津波が、住宅や工場そして肥沃
な耕地を、次々に呑みこんで行く有様を、テレビで見て形容
が出来ない哀しさに襲われました。
 一夜明けても、まだ燃え続ける火災や、時の流れと共に
増えて行く、犠牲者の数に暗然と致しました。
 津波が引いても地盤が陥没して、水が早速引かないとかで
、復旧作業の困難さが想像されます。
 
 政府も直ちに被災地の救援に、全力を尽くすことを決めた
のは当然です。
 野党も倒閣よりも災害復旧に、全面的に協力して速やかな
予算措置に、全力を挙げるべきです。
 与党も低次元の党内闘争ごときに、かまけている場合では
ありません。
 平成の政治家諸氏が、この非常事態に大局的な見地から、
一致して復旧に取り組んでほしいです。
 この機会に与野党の垣根を越えて、地に落ちた政治に対する
国民の信頼を取り戻すべきと思います。

 被災地の復旧が一日も早いことを、心からお祈り申し上げます。
 
 
コメント (14)

早春の花々に春の雪が…

2011-03-10 10:08:41 | 季節の便り
     
     三月に入って穏やかな一日…
     
 厳しい冬から漸く脱出かな…
     
 いつやら植えたカサブランカが芽を出しました。
     
 果たして巧く育つのでしょうか…??お楽しみに…
     
 盆栽の梅が数輪…寂しげに咲いています。
     
 お隣のバンザイ梅…そんな恰好なので
私が勝手に命名しました。
     
 近くへ接近して見ました。
      
 更に接近…僅かに早春の香りが漂います。
      
 そばではミカンが健在ですが、酸っぱいのでなんでも好きな
おサルさんも敬遠かも…
      
 水仙がやっと清楚で愛らしい顔を覗かせてくれました。

 クロッカスが鮮やかな色彩を放っています。
      
 昨年2月に咲いたシャコバサボテンは、
今年はご機嫌良くありません。
      
 アジサイも少し目を出して春の気配を窺っている様子です。
      
 クロッカスが春の太陽を受けて満開です…
 日没と共に閉じるみたいですが… 
      
 こうしてもう春と思いきや…
 3月10日…今季何度目かも雪です。
      
 折角咲いたクロッカスですが…元気がありません。
      
 折角咲き始めたバンザイ梅も、なごり雪に目を
白黒して戸惑い気味のようです。
      
 ボケの新芽が顔をのぞかせていたのですが…
 この雪で開花はどうなるのかな?
      
 春の雪は暖かな日差しにあっと云う間に溶けましたが…
 沿道のサクラはどうなんでしょうね?
 来月の今頃はきっと咲いているかも…期待しましょう。


    別ブログ… たそがれ・まい・らいふ 

      今日のお題は…
(読書タイム)「明治という国家 司馬遼太郎」 </fon</b>

 
コメント (16)

 晩冬の若狭へ…カニ攻め?!

2011-03-07 07:12:07 | 旅・お出かけ
 前回の続きです。

 
 野生動物の防護網の見学を終えて、若狭方面へ向かいました。
 行き先は昨年のアメリカ大統領の選挙の時には、オバマ候補応援で
有名になった福井県小浜市です。
 目的はカニを食べに…でしたが、思ったよりも雪が少なくて良かったです。

 
 またこの小浜市はNHK大河ドラマ「江~戦国の姫たち~」の
三姉妹の次女初姫が嫁いだ町でもあります。

  お後は別ブログで見て戴ければ嬉しいです。


    クリックしてね (晩冬の若狭)「オバマ大統領と初姫」 http://ameblo.jp/tasogare001/

   
コメント (12)

野生動物対策…?

2011-03-04 09:42:32 | 季節の便り

 外出の帰途にオサルさんの群れを目撃…
 あまりワルサをしないように、お願いしたいものです。 
 


 これは我が家の動物対策…ちゃちなものなので、
動物に突破されたり、風でこけたりすることもあり…
 
 これは御近所が設置している電気柵です。
 動物には学習能力があるので、一度ショック
 受けると現れないとか…
 


北海道ではエゾシカの繁殖で、
自衛隊が駆除に乗り出したそうですが…

 どこでも悩みは果てしないようですが、
動物対策に取り組んでいる先進地を見学に行きました。

  詳しくは…別ブログで見て戴ければ感謝です。


  クリックしてね (先進地見学)「野生動物との共生を目指して http://ameblo.jp/tasogare001/
コメント (10)

「陶器のお雛様が…」

2011-03-01 06:58:11 | 季節の便り
早くも3月…桃の節句が近づいて来ました。
 勿論、花の気配はまだ見当たりませんが…
久しぶりの雨でしたが週明けの駅前も、
 通勤通学時間帯が済むと、ひっそりした風景に戻ります。

 
それでも気温も上がって、春の気配が感じられます。


 駅前にて観光客を迎える駅前大狸もまだ、
 気分が乗らないのか眠そうです。
 春眠 暁を覚えず…と云うような顔です。

 
 待合室に陶器のお雛様が飾られていました。
 乗降客の目を楽しませています。
 
 
 ソフトな暖かい感じが駅構内に、
 春めいた楽しさを漂わせています。




 勿論、内裏さまも陶器で出来てます。
 布製みたいな豪華さはありませんが、
 素朴な味わいが感じられますね。

   クリックしてね  雨のステイション 荒井由美

 

面倒で一日延ばししていた確定申告に、
やっと行く気になりました。
 場所は町の大ホールで来場者は少なく、受付済ませるとすぐに呼び出しが…
 私は年金収入だけですが、控除用の証明書を添付して提出…
 僅かながら還付金が貰える、申告書が出来上がりました。
 

 申告の手引には税制改正で、23年度分から配偶者控除が、
廃止されます…と書いてありました。
 これは子供手当財源捻出の為みたいですが、
肝心の子供手当の支給が、見通しつかないのは困ったものです。
会派離脱を表明した某氏系議員16人は、
予算案採決に集団欠席して、まるで党内に
野党
を抱えているような、奇怪な状況で呆れ返っています。
 予算案に反対ならば反対票を投じるべきで、欠席は議員としては
職務放棄に等しく、まさに歳費泥棒と云われても、仕方ない奇怪な行動です。
 予算は衆議院を通過したものの、関連法案が党利党略の為に、
振り回されているのは、どう考えても異常事態です。
 
 政治家諸氏も国民不在の政争に、終止符を打って
血の通った政治に、専念して欲しいと思います
            
コメント (6)