高性能林業機械を活用した木材搬出実習

2018年09月06日 | 授業&実習

2年生は邑南町の60年生ヒノキ林において、高性能林業機械を活用した木材搬出実習を行いました。

残暑の厳しい中での急傾斜地での実習で、大変な実習となりました。

現地は約1haの皆伐地で、主索を張り、スイングヤーダの2つのドラムを活用したフォーリングブロック式の
索張りによる搬出を行いました。

この索張り方式は、今後小面積の皆伐が多くなり、大径木の搬出が多くなる中では、現場で活用しやすい方法として
ここ3年の間、普及に努めている索張り方式です。

朝 全員で集合し、ミーティング。全員気を引き締めてスタートする一瞬です。

ミーティング後はメンテナンス。 

 

準備が完了すれば、荷掛・スイングヤーダ・ハーベスタ・フォワーダにそれぞれ分かれ、実習スタート

 

 

今回の現地は土場が狭く、決して条件の良い現場ではありませんでしたが、予定していた区域は完了。

最終日の撤収は、朝から始めていたとはいえ、現場を離れるのは18時。

学校に着いた頃には、辺りは暗くなっていました。

学生達も一生懸命実習に取り組んでくれたおかげで、当初予定していた区域はすべて搬出し、片付けも31日のうちには
終了することができました。

ヒヤリハットは数件あったものの、無事実習を終了することができ、講師の先生方にも感謝感謝です。

この実習終了後、9月3日からは3週間のインターンシップが始まっています。
3週間のインターンシップで自信をつけ、大きくなった姿を見せてほしいと思います。  

コメント   この記事についてブログを書く
« 公開授業 | トップ | 益田翔陽高校の体験実習 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

授業&実習」カテゴリの最新記事